旅行・地域

11月25日昇仙峡へ その2












思いつきで昇仙峡に来て、ロープウェイに乗って展望台へ。

今回の旅は、草野心平展がメインだったので、まさかこんなハードな山道を歩くとは思ってもみなかった!
(おかげで3日間も筋肉痛です(−_−;))












でも、山道の途中のベンチに腰掛け、足をブラブラさせながら富士山を眺めていると、非常に開放的な気分に。




遠くに見える南アルプスの連峰の峰々も美しく、
紅葉も見頃でした。






11月25日昇仙峡へ その1

甲府駅から、山を登っていくバスで昇仙峡へ。
(駅のポスターを見て思いつきで)



なんだか凄いな〜〜。宝石とか貴石とかパワスポとか。
















影絵の森美術館では、藤城清治さんの影絵にウットリ……!




ポストカードや、額絵、などなど購入。
ケロヨンがいる絵を部屋に飾ろうと思って。
山下清さんの貼り絵は久しぶり。
京都に居た時、時々、嵐山の山下清記念館に行ってました。あの頃は原付でさっと行けたからなあ〜。

12月16日多言語読み聞かせ大盛況でした!






☆☆☆☆☆感謝☆☆☆☆☆
12/16(土)府中市市民活動センタープラッツ国際交流サロンで開催された「~多言語読み聞かせで物語を感じてみよう~ 」(主催府中市)にご来場頂きまして、ありがとうございました。また、ご来場頂けなかったみなさまも応援ありがとうございました!
おかげさまで大盛況でした!

『ハシビロコウのはっちゃん』(作よしだあつこ 絵マツダユカ 鈴木出版)の日本語×英語、日本語×ドイツ語の読み聞かせは、アクティブライン八王子の代表髙山さん&メンバーのマンフレッドさんのご協力のおかげで実現しました。

日本語と外国語の言葉の表現の違いや、言語を理屈ではなく、体感しながら習得していく話も出ました。(まだまだ聞いてみたいことばかり!次回にぜひ(^^))
マンフレッドさんに教えて頂いたドイツのクリスマスオーナメントを作った後は、最後に「きよしこの夜」を日本語と英語とドイツ語で同時に歌って終了しました。

異なる文化的背景を持つ人との交流は、「ちょっと大変そうだなあ〜」と尻込みしがちですが、国際交流は身近なところでもできるし、違いを受け入れた上で、自分はこう思うという意見をきちんと相手に伝えていくのが、関係性の進化に繋がるのではないか?と思っています。
やっぱり違うから面白い♪ってところもありますよね!

この度、ご協力を頂いた府中市のみなさま、府中市市民活動センタープラッツの関係者のみなさま、NPO法人エンツリーのみなさま、アクティブライン八王子のみなさま、そして、絵本を出版して下さった鈴木出版のみなさま、応援して下さったみなさま、本当にありがとうございました!!
市民活動センタープラッツのキッズスペースにも、『ハシビロコウのはっちゃん』を置いて下さっていて、子どもたちが目の前で、絵本を読んでくれていたのには泣けてきました!(ありがたや〜〜です!)

なおアクティブライン八王子は、本イベントの前日、12/15に東京都社会福祉協議会会長表彰を受賞されました。
設立以来、20年間に渡り、真摯に国際交流活動を続けてこられたのは凄いことですね。
私も、久々にドイツ人のおばさんと電柱をよじ登って、屋根の上でカレーを食べながらリリー・マルレーンを歌ったなあ〜なんてことを思い出しました。

また、みんなで楽しいことやりましょうね♪( ´▽`)












4月19日ぷちサロン その2

4/19(水)南丹市美山保健福祉センター内で開催された、美山町の若いお母さん方の会【ぷちサロン】にて。




若いお母さん達とのお話、大変参考になりました。




小畑恵子さんが読み聞かせをして下さった『はるのカスタネット』も、みなさん、おうちでお子さんたちに読んで下さるとか。



お子さんたち、まだ小さいのにちゃんと読み聞かせを聞いていてくれたのに感激しました。中には、絵本が大好きな子も!
がんばらなきゃ〜!

一冊ずつサインをさせて頂きました。



無料ブログはココログ