« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

6月23日恩師との再会







23日の午後、京都のイトウ診療所の通所リハビリテーション“ナイスデイ”で、『じんくんとちいくん』や『ハシビロコウのはっちゃん』を読ませて頂きました!
出たばかりの『じんくんとちいくん』は、まだ読み慣れていないので、ハラハラしましたが、みなさんが温かく迎えて下さって、ホッとしました。
声をかけて下さったのは、小学校の恩師・村上恵子先生。四十数年ぶりの再会でしたが、まったくお変わりなく溌剌とされていました。






小2・3と担任して頂き、毎朝おはなしを読んで下さり、ピアノを教えて下さったり、鼓笛隊の指導をして下さり、音楽の楽しさを教えて下さったのは先生でした。(後にそれがどれほど役に立ったことでしょう! )
デイサービスで音楽をレクチャーされているお姿は、昔とちっとも変わりません。
一緒に歌を歌わせてもらったり、ハンドベル演奏にも参加させて頂きました。




また、こちらで発行されている会報誌『ナイスデイ通信』は、なんとも人間味に溢れた内容でした。院長先生のコメントも、親しみやすく、どことなく哲学的で素晴らしいと思いました。






院長の伊藤芳宏先生から、『自律訓練法の医学』(中公新書)を頂きました。(体力に自信がない私には、なによりの薬です!)

ミニトークで、40代の頃、ボランティアで特養などで昭和歌謡を歌っていた話をしたら、事務長さんが、気をきかせて渡辺はま子さんの『支那の夜』をカラオケでかけて下さったので、お調子者のアタクシは、ついつい歌ってしまい、『夜来香』に『何日君再来』まで……!(わからないところは、みなさんに教えてもらったりして、それはそれは楽しかったです♩)
『じんくんとちいくん』は、藤本ともひこさんの絵が凄く素敵で、物語を活かして下さる大胆なレイアウトも魅力なので、子どもの頃、紙芝居に親しんでいた方々にも喜んで頂けたらいいなあと思っております。
またみなさんとお会いできますように!

イトウ診療所
http://www.myclinic.ne.jp/itoclinic/pc/

6月18日地震

大阪で起きた震度6の地震の被害状況が、次々と報道されていて、余震が心配です。
大阪、京都に住む友人からは、「阪神・淡路大震災の時より、酷い揺れやった」とも。
雨で地盤も緩みがちです。
みんな、ほんまにを気つけて下さい。


追記

関東方面の友人や仕事でお世話になっている方から、私の実家の心配をして下さる連絡が入って、うるうると……。
ありがとうございますm(_ _)m



6月17日中野セントラルパークMOTTAINAIてづくり市へ




のどかな日曜日。
中野セントラルパークMOTTAINAIてづくり市へ。
手作りのものは、やっぱり心が動きます。




つい先日、親戚のおばあちゃんが、昔よく作ってくれた座布団カバーのハギレの色や形の組み合わせや、毛糸のモチーフを繋ぎ合わせた幾何学的な美しさについて話をしたばかり!




青空個展は、2009年10月に、渋谷・代々木八幡宮からスタートしたとか。
リサイクルの視点からのアプローチもあるイベントで、ものを大事にする気持ちや、作品を作った人の思いを大切にしているのが、じんわりと伝わる憩いのひととき。。。





6月8日写真です!(@ピンポイントギャラリー 藤本ともひこさん個展 2018/2)

Img_1435



今年2月、藤本ともひこさんの個展(@ピンポイントギャラリー)の初日の写真です。

左端は、「こどものくに」ひまわり版7月号『じんくんとちいくん』(鈴木出版)の
編集者・ハルカさん。

撮影して下さった鈴木出版のSさん、いい写真をありがとうございました(^o^)



6月1日『じんくんとちいくん』こどものくにひまわり版7月号

Jpeg


☆☆☆☆☆おしらせ☆☆☆☆☆

「こどものくに」ひまわり版7月号(鈴木出版)
『じんくんとちいくん』文・よしだあつこ 絵・藤本ともひこさん

ジンベエザメのじんくんは、いつも自分勝手。
気弱なコバンザメのちいくんは、そんなじんくんの横暴さ加減に呆れ果て……!!
興味のあることも、個性も違うけれど、なぜか一緒にいる友達っていませんか?
私は自分とまったく違う個性の友達が、予測不可能なことをしてきた時、すごく面白いなあと思いますし、サプライズギフトをもらった気分になります。
今回は藤本ともひこさんが、ストーリーの世界観を大事にして下さり、
詩情あふれる絵を描いて下さいました。
大胆なレイアウトも、スタイリッシュでなおかつ愛らしい登場キャラクター達も魅力的です。

これから、数々の出会いを経験していく子ども達といっしょに、『じんくんとちいくん』を楽しみながら読んでもらえますように。
 

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »