2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

1月29日お幸せに!!カレルチャペックの紅茶

つい先日。公私共にお世話になっている方へ、

ささやかなご結婚祝いを送ったら、

内祝いにカレルチャペックの紅茶が届きました。

身も心も、そして目も癒されました。

^_^ 今、吉祥寺のくぐつ草という喫茶店で、

初めて打ち合わせをした時のことを

ほのかに思い出しているところです。。。

どうかお幸せに!!

追記。

紅茶を頂いてから、飛躍的に風邪が良くなりました。

お心のこもった御品をありがとうございました。


1月15日「こどものくに」ひまわり版4月号「はるのカスタネット」(すずき出版)のお知らせ

早春に、全国の保育園や幼稚園に配布される「こどものくに」ひまわり版(すずき出版)4月号に、「はるのカスタネット」というおはなしを書きました。

主人公は、ちょっぴり自己主張の強いうさぎと、なんでもそつなくこなして、気取っているきつね。冬眠から覚めたばかりのひまわり園の園長・くまやまくまえ先生が、そんなみんなを見守っています。

園の中には、いろんな性格の子どもがいて、お互いに100パーセント分かり合うことは、ほぼ不可能ですが、ふとしたきっかけで、心が通い合う瞬間というのがあります。
純粋な思いと思いが響き合って、それが周囲にも伝わっていく瞬間を、カスタネットの音に託してみました。

「はるのカスタネット」の可愛いらしい絵を描いて下さったのは、にきまゆさん。
にきまゆさんは、何度も何度もラフの描き直しに対応して下さいましたし、動物達のキャラクターも、それぞれ愛らしく描き分けて下さっています。(細かいところにも、楽しい発見があって、キュンとくるくらい可愛いのです!!)

そして、なんといっても、担当の編集者さんと納得がいくまで、じっくり話し合って、仕事を進めていけたのが嬉しかったですし、進行中は終始、やり甲斐を感じておりました。

にきまゆさん、編集者さん、本当にありがとうございました。
子どもたちの反応も楽しみです!!!

まだまだ寒い日が続いておりますが、みなさま、くれぐれもご自愛下さいませ。
私は「たんたんたん、んたたん たんたん♪」と、カスタネットで心を弾ませながら、春を待つことにいたします♪

「こどものくに」は創刊五十周年を迎えたそうです。

1月14日1/18新春コンサート@京都外国語大学・京都外国語短期大学 森田記念講堂のおしらせ





京都の友人から、新春の素敵なお知らせです。

1/18(水)18:30〜

京都外大の森田記念講堂で

京都フィルハーモニー室内合奏団の新春コンサートがあります!

(予約不要&入場無料&一般来聴歓迎!)

どなたでも聴けて、当日、そのまま会場に行けばOKです。

開場は18:00〜ですが、少し早く開場する予定ですので、

早い目にお越し下さいませ(*^_^*)とのことです。

新春に美しい音楽を聴いて、

晴れやかな気分で

この一年を過ごせますように!

京都外国語大学・京都外国語短期大学HP

https://www.kufs.ac.jp/

1月7日『土俵祭り+相撲寄席』へ

1月7日(土)に相撲甚句会館開設記念
『土俵祭り+相撲寄席』(主催:全日本相撲甚句協会 隅田川相撲甚句会・加盟相撲甚句会)に行ってきました。





新年早々、朝から土俵祭りの神事にも親しいお仲間と参加して、気合いが入りました。
(土俵祭りは大相撲本場所の初日前日に行なわれ、天長地久、五穀豊穣を祈願する儀式)







相撲甚句の歌詞は、7、7、7、5の甚句形式。元々都々逸などが好きなので(ハッチポッチでもよく言葉遊びの脚本を書きました)、相撲甚句の名調子は非常に耳に心地よいです。

概要はこちら!

○土俵祭り 10時〜10時30分
(会場)国技館アリーナ席 入場無料
●相撲寄席  午前11時〜開場  11時30分 開演 12時30分 新年会食
○会場  墨田区両国1-17-6照国ビル4階
  相撲甚句会館  03-3846-1806
●出演  相撲漫談・司会 一矢さん
落語「千早ふる」桂鷹治さん
コント  D51さん
相撲甚句 国錦耕次郎さん
○木戸銭    5000円(会食共、前売り)5500円(会食共、当日売り)
                  
主催:全日本相撲甚句協会
隅田川相撲甚句会・加盟相撲甚句会

相撲甚句会館は、平成28年6月に師範国錦耕次郎さんが開設された最大100名キャパの多目的ホール。

http://mainichi.jp/articles/20160624/k00/00e/050/255000c

会場は90名余りのお客さんで埋め尽くされ、和やかな雰囲気の中、寄席を存分に楽しみました!





さらに浅草の老舗、たいこ茶屋さんの立派なお弁当に、粋なお兄さんが仕切るジャンケンお土産大会まで!!
(ジャンケンにメチャメチャ弱いアタクシは見事に敗退〜〜(ToT) )





締めには、この会を主催された相撲甚句会のメンバーの皆さんが、ご自慢の相撲甚句をご披露されました。

皆さんの味のある相撲甚句にほだされました。やっぱり、人間同士の付き合いは、上辺じゃつまらん、情の絡み合いがなにより大事。生きた証は儀礼だけじゃ生まれないよなあ。。。
そんな思いが自然と湧いてきました。

土俵祭りの資料はこちらからどうぞ。
(いいのがありました!)
http://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005402513_00000&p=box

帰りに、両国駅前の露店で、お土産を見たりするのも楽しかったです。




NHKのクールジャパンCPの武中千里さんと。
相撲甚句の合いの手の「ホイ!」のポーズです。

1月6日MOE2月号誌上座談会で丸善の吉川さんが『ハシビロコウのはっちゃん』を!





1/3発売のMOE2月号で、丸善ラゾーナ川崎店の吉川仁美さんが、『ハシビロコウのはっちゃん』(鈴木出版)を誌上座談会(絵本屋さん座談会〜2016年に心に残った絵本〜)の中で紹介して下さっています!





吉川さんは「こどものくに」ひまわり版2016年5月号に『ハシビロコウのはっちゃん』が掲載されると、すぐに深いところまで読み込んだ感想を書いたお手紙を下さり、嬉しかったです。

また、昨年11/6の丸善ラゾーナ川崎店での読み聞かせイベントでは、吉川仁美さんが司会を務めて下さり、大変お世話になりましたm(_ _)m













インパクトのある表紙は、

マツダユカさんに何回か描き直してもらったもの!

最初は小さくてわりと目立たない、

ごく普通のハシビロコウの絵だったので、

「あのう~すみませんが……見開きでぐーーんと

大きくお願いします!」と編集部を通して

無茶なリクエストを出しました。

さてさて、これが吉と出るか否か……?!

酉年の今年、はっちゃんもファイト!!

『ハシビロコウのはっちゃん』は、

なんとなんと!!

鈴木出版さんの今年の年賀状にも

採用して頂きました。

鈴木出版の皆様、

いつも細やかなお気遣いを

ありがとうございます<(_ _)>

shineはっちゃんが羽ばたく年になりますようにshine

1月4日2017年の仕事開始!





本日より、仕事を開始致しました。

みなさま、お正月はいかがお過ごしでしたか?

私はちょっと風邪をひいてしまい、

三が日は寝込んでいましたが、

もうすっかり回復しました。

早々に年賀状を頂きましてありがとうございます。

私は年末ギリギリまであたふたしていまして、

おまけに風邪をひいたもんですから、

少し遅れまして、

誠に申し訳ございませんm(_ _)m

そして酉年にちなんで、年賀状に

『ハシビロコウのはっちゃん』のことを

書いて下さった方々、

感謝しています♪( ´▽`)

お子さんが書かれたご感想も届いて、

いい年のはじまりになりましたよ(*^◯^*)

fuji

お子さんからの自筆のおたより、

ホントに嬉しかったです(^o^)/

「好きな動物」がハシビロコウになった

なんて書いてあったりして、

お正月からカンゲキしましたheart

さてさて

皆様の2017年がサイコーに

HAPPYでありますように♫

1月1日あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます

昨年は、絵本の読み聞かせイベントなどで
各地を廻らせて頂きました。
行く先々で新しい発見があり、
本物の人の情けを感じることも
多く、学ぶことが多い年となりました。
そして、
まだまだ下手な読み手の私に
エールを送ってくれるように
子どもたちが熱心に聞いてくれて、
なにか、心にとても大切な
プレゼントをもらったような気も
しています……。
人生で躓いた時、いつも根本的な支えになっていたのは、
子どもの頃に読んだ(読んでもらった)本でした。
今年はさらに
はりきって仕事をしていきたいと
思っておりますので、
何卒みなさま、ご鞭撻の程、
よろしくお願い申し上げます。
この新しい年が、みなさまにとりまして
いっそう佳き年でありますよう、
心よりお祈り申し上げます。
平成29年 元旦
Photo

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »