2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« 9月13日今か今かと……! | トップページ | 9月19日不安の始まり »

9月16日ガソリーナVol.11『深海で聴くリリーマルレーン』

ガソリーナVol.11『深海で聴くリリーマルレーン』初日へ。





これはガソリーナの主宰で、本作品の作・演出のじんのひろあきさんが、第38回岸田國士戯曲賞にノミネートされた戯曲『俺なら職安にいるぜ』の続編。
(1993年に駒場アゴラ劇場で初演)


今回は、ザムザ阿佐ヶ谷を縦に使用……ということで、ツボちゃんとやまださんと日南田さんと中田さんと一緒に、階段のど真ん中で半身をよじらせながら観劇。(これもまたおもしろかったです!)

このきっかけの難しい芝居を短い期間でどうやって稽古したんだろう。
終演後の飲み会で耳にしたところによると、キャストのほとんどは、この芝居のために集められたそう。
ディティールをしっかり組みこんであるからこそできるんだと思うけれど、役者さんたちのその時々のきっかけ次第で、芝居がいかようにも窯変するのが面白いのかも……?
なんか懐かしかったなー。

内容はぜひ、劇場で……!
(私はそもそもファスビンダーの『ベルリン・アレクサンダー広場』とか『マリア・ブラウンの結婚』が好きなのでハマりましたし、ジョージ・ミラーの『マッドマックス怒りのデス・ロード』のようなハチャメチャな勢いも楽しませて頂きました(^_-)-☆)

20日まで、ザムザ阿佐ヶ谷にて。

http://www.hiroaki-jinno.com/

http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=67171



« 9月13日今か今かと……! | トップページ | 9月19日不安の始まり »

文化・芸術」カテゴリの記事