« 8月9日長崎に原爆が落とされた日。 | トップページ | 8月12日ザ・プルチネラ(@プーク人形劇場) »

8月10日フランス人形劇『K-ré<カレ>の旅』

『おかあさんといっしょ』や『できるかな』『日曜美術館』などのPDをされていた宮澤乃里子さんと、現代人形劇センター主催のフランス人形劇『K-ré<カレ>の旅』を観てきました。

(@赤坂区民センター区民ホール)


http://www.puppet.or.jp/puppetArchives/entryarchive/kre.html


操演(とマイム)のパスカルさんとプロジェクショマッピング、音楽、照明、そして、人形劇団ひとみ座の友松さんの日本語の同時解説が見事に決まっていて、作品のテーマが
グン!と伝わってきました。

ここしばらく、今までの自分と違う新しい表現を模索していたところだったので、今日のステージは空間の使い方も、テーマの伝え方も新鮮でした。

だれもがどこかにあるはずの「自分のかけら」を探しているけれど、たとえ、そのかけらが見つかったとしても、安易に同化するのではなく、各々の違いを受けとめていこうよ……というメッセージを感じました(^_-)-☆

宮澤さんから、現代人形劇センターの代表理事の松澤文子さんもご紹介して頂き、芸術監督・舞台美術・出演のパスカル・ヴェルニョーさんとも、わずかな時間ですが交流させて頂きました。
舞台の上の魔術師は、あったかい握手の後、肩を組んでくれる優しい人でした。










« 8月9日長崎に原爆が落とされた日。 | トップページ | 8月12日ザ・プルチネラ(@プーク人形劇場) »

文化・芸術」カテゴリの記事