« 1月24日日本児童文学者協会の合同ミーティング | トップページ | 1月27日カンパーイ! »

1月25日劇団黒テント【文学+−×÷】宮沢賢治編@RAFT

劇団黒テントの久保恒雄さんにご連絡を頂き、RAFTの【文学+−×÷】宮沢賢治編、小さな劇場千秋楽に行ってきました。
演目は『飢餓陣営』、『種山が原』。

http://raftweb.info/kenji


いやあ、圧倒されましたW(`0`)W
けして広い劇場ではないのですが、それがまたよかったのかも?!

こちらが四の五の考える前に、声や歌、縦横無尽に変容していく役者さんの身体表現によって、世界にぐいぐい引き摺り込まれるのが快感でたまりませんでした。
いや、もっと正直に書くと、不覚にも落涙しかけました。
『種山が原』の世界は、あまりにも自分の幼い頃と似ていて……!
風の音、草のなびく様子、天候に左右される農家の暮らし、牛の動き、子どもの意地、年輩の人からの労わり……そんななにもかもがないまぜになり、時折混じる歌と共に、私の全身に襲いかかってきました!

ぜひもう一回観たいです!

久保さんの奥様の平岩佐和子さんとお嬢さんもいらしたので写真をパチリ!

今日ご出演されていた岡薫さんと久保さん、平岩さんはスカベッキというユニットを組んでおられ、各地で大活躍されています!

スカベッキHP
http://www.scavecchi.com/

(私も、以前、子ども番組の仕事で大変お世話になりました)

ところで!
劇中出てくるカホン、なんとなんと久保さんの手作りなんですって!
いやあ、すごいなあ〜!!!!!
気合い入ってますね^_−☆
再演大大大……希望です!













こちらが久保さん手作りカホン!

劇中、効果的に使われていました。

« 1月24日日本児童文学者協会の合同ミーティング | トップページ | 1月27日カンパーイ! »

よしだあつこ」カテゴリの記事