2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

3月22日奈良のコンステレーションブランディング

NHKの編成局コンテンツ開発センターCPの武中千里さんから、非常に興味深い本が送られてきました。
タイトルは『地域デザイン叢書② 奈良のコンステレーションブランディング』(芙蓉書房出版)です。
この本は、地域デザイン学会編集図書の第二弾。
コンステレーションは、星座という意味で、各地域や、点在する歴史遺産などを、星を結ぶ星座のように捉えるブランディングしたという、ユニークな考え方に基づいて書かれたものです。
武中さんが担当されているのは、第五章の「平城京・藤原京」、第六章のうち「御所」「高取」「天川」「十津川」「吉野」、付論のうち、プロローグとエピローグ、「畝傍山界隈」「帯解」「学園前」「高畑」「竜田川」「多武峰」「富雄」「ならきたまち」「ならまち」「大和西大寺」です。

数年前、武中さんがNHK奈良局に転勤が決まった時には、渋谷の東武ホテルのレストランで、おいおい泣きながらお別れランチをしましたが、やっぱり、武中さんの探究心は深かった……!

(東京に戻られて、激務の間に本を書かれるなんてスゴイ!)

奈良は大好きで、京都に居た頃は、公私問わず、本当によく行きました。
日曜ごとに一人でリュック背負って通い詰めたこともありますし、縁あって、写真家の入江泰吉さんのご自宅にお邪魔して、若い頃のお話を伺ったこともあります。
(奈良写真美術館ができる直前でした……)

この本片手に別の視点から奈良を見つめてみると新たな発見があります!

う~ん、奈良に行きたくてたまりません!!!

P1320130_474x640



http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%88%E8%89%AF%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E2%80%9C%E5%A5%88%E8%89%AF%E2%80%9D%E3%81%8B%E3%82%89%E2%80%9C%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E2%80%9D%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E8%BB%A2%E6%8F%9B-%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%8F%A2%E6%9B%B82-%E5%8E%9F%E7%94%B0-%E4%BF%9D/dp/482950580X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1363975663&sr=8-1

3月19日『SOMEI 四事展』へ

長谷川知子さんと新宿で遅くまで飲んで別れた半日後、またまた私は、長谷川さんと新宿の地におりました。
新日本出版社の児童書編集長の丹治京子さんと長谷川京子さんが、くもん出版の長谷聡明さんの『SOMEI 四事展』行かれるのに、混ぜて頂いたのです。
(長谷川さん、大感謝です!!!)

ありがたいことに私にまで、くもん出版の長谷さんから個展のご案内を頂いており、いつ行かせて頂こうかなあ……と思っていた矢先でしたので、長谷川知子さんのお誘いはありがたかったです。
会場には長谷さんが今まで編集された本が並んでおり、以前から気になっていた本が並んでいたので、手に取って読ませて頂きました。

ほかにも、長谷さんが丹精込めて焼かれた焼き物や、偶発的な瞬間をとらえた美しい写真や、見事な蝶の標本などがあり、お忙しい日々の中で、どうしてここまで極めることができるのかなあ……と思いながら、じっくり堪能させて頂きました。
今、セネカの『生の短さについて』を読んでいたところなので、個展にお伺いして、余計に「自分の仕事」についても考えました。

とくにヤマトシジミの写真と、京都の浄瑠璃寺の写真が印象に残り、浄瑠璃寺の写真をプリントしたファイルを買って帰りました。

帰りには、きどのりこさんと、長谷川知子さん、丹治京子さんとグランドプリンスホテル新高輪の喫茶室でお茶を飲んで、(私と長谷川さんはパンケーキも!)ゆっくりお話をさせて頂きました。

大先輩の方々が温かく見守って下さる中で、実りあるお話をして過ごす時間は、なにものにも代えがたいものだなあと心から思いました。

ひたすら、「今感じていることを書く」に徹しようと思っております!

『SOMEI 四事展』
(正確にはoの上に-がつきます)

3月16日ー3月22日(11:00~18:30)

※会期中無休

◆会場

「ギャラリー・オキュルス」港区高輪3-10-7-1F 

03-3445-5088

◆アクセス

○都営浅草線高輪台駅3分
○JR品川駅10分

3月]18日新宿にて

長谷川知子さんと新宿東口八吉にて、サシで飲みました。
(と言っても下戸の私なのですが!)
今日は、毎日小学生新聞の日曜版に昨年秋に連載されていた
『おばけはけん』の原画も見せて頂き、大感激!

『おばけはけん』は、
季巳明代さん作の心温まるおはなしで、
長谷川知子さんが絵を担当されていたのです。
私は、ラーメン屋のひとり娘、まりんちゃんがおばけたちと
お父さんとお母さんのために精一杯がんばるところに
ホロリときておりました。
(こういうお互いがお互いを思いやる話にじつは弱い私です)

原画を前にしていると、
主人公のまりんちゃんの弾けるようなかわいらしさが
なんといっても「今」っぽいし、
どことなくユーモラスなおばけたちのたたずまいも
怖いというよりも、くすくす笑えてくるし、
ラーメン屋を切り盛りするお母さんも
ちょっぴりガテン系のお父さんも、
庶民派で人情味もあって
リアルな家族の匂いがしてきます。。。

だれだっていつも元気とは限らないし、
思わぬところで、思わぬ人が助けてくれることに
感謝して生きていきたいなあと思いながら
いつも日曜日に拝読するのを楽しみにしていました。
ぜひ本でも読みたいなあと思っています!!!

今夜は長谷川さんとじっくりいろんなお話を
して、活力が湧いてきました。

  長谷川さん、いつも正直ベースのお話を
  ありがとうございます!!!



P1320135_640x480_2


P1320136_480x640


P1320139_480x640_2


P1320141_480x640


P1320139_480x640


3月18日オ・レ!

つい先日。
  講談社の全国訪問おはなし隊でご活躍された朝比奈(引地)康博さんのお誕生日会があり、神保町のスペイン料理店『オーレオーレ』に集結いたしました。
  参加メンバーは、(朝比奈さんが書かれたメモを元にしています)
朝比奈さんの奥様の朝比奈昌枝さん、中村園子さん(立体造形作家・「週刊女性」の『人間ドキュメント』 掲載・テレビ朝日『Gウーマン』出演)、星川正秋さん(翻訳家。アメリカ出版研のメンバー)、渡辺裕己子さん(講談社「全国訪問 おはなし隊」責任者)、木俣敦子さん(料理研究家)、小野綾子さん(小学館「ドラえもんルーム」)、大村由紀子さん(講談社・ディズニー出版事業局ディズニー出版部)、小俣雅子さん(元・文化放送の看板アナウンサー。現在は、山梨観光大使、香港元気大使)そして、アタクシです
.この日は、お店にGypsy Groove http://www.gipsygroove.com/ のライブが入っていて
  いたこともあり、気がついたら、手を叩いて「オーレ!」と叫び、Gypsy Grooveの奏でる切なくも激しいメロディに身を委ねて、全身でリズムを刻んでおりました。
  Gypsy Kingsや、Paco de Lucíaをこよなく愛してきた私には、もう堪えられない曲が次々と演奏され、さらに、Gypsy Groove のオリジナル曲もかなりぐっときました……!!!
  途中、Padmaさんという素晴らしいベリーダンスを踊るダンサーの方も参加され、それはそれは活気に溢れたひとときを過ごさせて頂きました。
  写真はたくさんあるのですが、みなさんに了解をとっていないので、お見苦しいかと思いますが、私の写真だけ掲載しますね。

オーレオーレは、お料理はバツグンにおいしく、それに加えて、店長のカルロス・佐伯さんのナイスなお気遣いが冴えています!
基本は、自宅警備隊の私ですが、やっぱ、家の中でウダウダしているより、みなさんとこうしていると断然元気出ますね~!!
本当にこの度はお招きありがとうございました。
そして、なにがあってもとことん元気出していきましょう!
オ・レ!

P1320045_350x263

P1320053_350x263_3


P1320068_350x263_2

 

アタクシが作詞した『ジャンジャカ☆フラメンコ』も

配信中でございま~す、オ・レ!!

(ことばあそびうたです☆)

http://listen.jp/store/album_amg4988166080295.htm


P1320067_350x263_3


P1320067_350x263_2

P1320067_350x263

 



P1320053_350x263

 

3月12日新田学さん

つい先日。

陶芸家の新田学さんが、

六本木のスウェーデン大使館でやる

披露宴の引き出物の器を納めに

栃木から出て来られるというので、

うちの近くまで車で来てもらい、

吉祥寺の近くのロイヤルホストで

ごはんを食べた。

(最近、ファミレスづいています)

P1320020_263x350

真人間、誠の人間という言葉がぴったりの

新田さんの瞳は清々しい。

『レペゼン!』もわざわざ図書館まで行って

読んでいてくれたみたいで、

感想を聞かせてくれた。

(いいヤツ~(涙!!!))

高校時代は演劇部でならし、

その後、照明の仕事を経て

現在は栃木県で陶芸家として

がんばっている新田さん。

うちの引っ越しの時にも、

美しい器を焼いてくれた。

三年半ぶりくらいなのに

ちっともそんな気がしないのは

facebookのせいかも?

新田さんがスウェーデン大使館で

もらってきたというパン、

すんごくおいしかった~!

P1320029_350x263


↑これがそのパン。

翌日の私のお昼ごはんになりました~♪

パンのお皿以外の器は、栃木県の茂木で

新田さんが焼いて送って下さったもの。

左上の花器には、うちの近所のテキトーな雑草が、

右上の湯のみ茶碗には、野菜ジュース(紫系)、

手前の湯のみ茶碗にはサラシア茶が入ってまあす。

やっぱ

ほんものの友だちっていいなあ~。

<新田学氏のブログです>

http://www.gaku-co-bo.com/

なにごともやっぱ、

変なことにとらわれず、

のんびり、のびのびがいいですな。。。

3月11日「生き方」と「死に方」

3月11日。
震災から二年が経過した。

消えることのない哀しみと憤りと
喪失感と恐怖を
自分の中に押し込めて
生きている人のなんと多いこと。

命ある限り、水平方向に延びている自分の人生を
一歩ずつ歩いていくしかないのは
わかっているけれど、
ならば、少しでも生きる価値のある人生にしなくては
と焦る日々……。

自分の出発点を思い返す時、
「生き方」と「死に方」に
どう落とし前をつけるか、
このごろ、特に思案を繰り返しています。
京都に帰った際に、昔、お世話になった出版社の大先輩と
竜安寺の石庭と、東山三条の割烹料理店と
哲学の道の近くの喫茶店で
一日かけて
話し合った影響もありますが……。
今、ヒルティの『幸福論』と福原麟太郎さんの
『幸福について』を読んで、模索しているところです。

ところで、
憲法を改正して、政府が大規模な災害の際に
国民の権利を一時的に制限する条文を
盛り込むべきだという見解が政府から出たけれど、
ほんとにそんなんでいいのかなあ……?

私は、もっと他にやるべきことがあると確信しております!

3月8日ドワーフの新作お披露目パーティへ

3/8の夜、アニメ制作会社のドワーフさんの

「こまねこのおるすばん」など新作お披露目パーティに行ってきました。

いつもコマ撮りアニメを作っていらっしゃるスタジオで、

手作り感溢れるあったかーいパーティです。

ありがたいことにほぼ毎年参加させて頂いておりますが、

今宵もドワーフさんの底力を改めて全身に感じました。

例年は電車またはバス、タクシーを利用していましたが、

今年はなんと自転車で行かせて頂きました!

 

P1320005_263x350
武中さんとはもう長いお付き合い……。

デジタルハイビジョン開始イベントでどーもくんの

ショーを書いた時に特撮の話で盛り上がり、

その後、ななみちゃんでご一緒したり……と

15年もの間、公私共に仲良くして頂いております。

P1320012_350x263


わーお、バラエティに富んだどーもくん!

P1320013_350x263
どーもくんとうさじい。なにげにイカ(タコ?)の足が鍋から出ているのが

おもしろいです!

P1320015_350x263

ドワーフさんの入口。いい感じなのですよ~。

P1320014_263x350

P1320016_350x263_2


こまちゃん、とってもかわいかったです!!!

3月6日『愛しいひとにさよならを言う』

2月20日に関西方面に旅立つ直前に

石井睦美さんが2月18日に出されたばかりの

『愛しいひとにさよならを言う』(角川春樹事務所)を

送って下さいました。

P1320002_480x640

そんなわけで、鞄の中に入れて一緒に旅をし、

じっくり読ませて頂きました。

少女の目線から、母親の生き様を丹念に見つめ、

ひょんなきっかけから

親身になってくれるようになった独身女性、

祖母、母の大事な人……

などとの触れ合いを描いたお話ですが

読んでいくうちに、

なんだか心強い味方のように感じました。

丁寧に描かれている感情に共鳴する部分が

多かったからです。

凛として感傷に流されず生きるということは、

感傷をいったん自分の中に引き受けて

全身感傷だらけになって

のたうちまわりながら

痛みに真摯に向き合うことなのかなあ……と

思う今日この頃、

石井さんが送って下さったおかげで

いいタイミングで読めたことに

心から感謝しております。

それにしてもこのタイトル。

『愛しい人にさよならを言う』

すごく切なくていいです……。

3月5日付箋をみっけ!

つい先日、福音館書店の編集長をされていた
関口展さんのご講演(『僕の好きな評判の悪かった絵本』)を聴きに行った際、
非常に参考になるお話と共に、佐野洋子さんの『私はそうは思わない』(ちくま文庫)の話が出ました。
この本は、私が、かつて脚本の仕事に忙殺され、自分を見失いそうになっていた時に読んで、自分の仕事の進め方を見直すきっかけになりました。
(きっと多くの人にとってもそうだったように……)
 
深夜に『私はそうは思わない』を取り出してみたら、講演の最中に触れられたページと同じところに、よれよれになった付箋を発見!
ずいぶん前にちゃんとチェックしているのに、まったく実践が伴っていないなあと反省しきり。
今、実践しているのは「自然でないことはしない」ということのみ

今生はこれでいこうかなあと思っております!!!
130306_024601

3月1日大阪続編

またまた大阪のおはなしのつづきです。

盛島さんに大阪のお笑いの最前線を教えてもらった後、

千日前の妙にだだっ広いホテルに宿泊し、

翌日、国立文楽劇場、天王寺動物園、通天閣を廻り、

このところ変にハマっている串カツを食べ、

朝日劇場(昔、Tやんという友人と通い詰めていました)で

中野弘次郎さん率いる

劇団蝶々の公演などを愉しんだ後、

大荷物を持ったまま、

四天王寺の五重塔に昇るという

無謀なことをした後、

東京から大阪に向かっておられる

季里さんと連絡を取り合い、

中津のカンテグランデhttp://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27000613/

で合流し、仕事の打ち合わせ。

カンテは他にも支店があるけど、

「やっぱ本店がイチバンですなあ~」

ということで意見が一致し、

わざわざ出掛けたのだ。

カンテグランデにはなにかが宿っている。。。と思う。

(クリエイティブの精霊?!)

昔とちょっとたたずまいが変わったけれど、

やはり、異空間でした。

若い頃、カンテで夢を語り合った仲間はどうしているかな?

桂枝雀さんの弟子になると言ってたAくん、

一年の半分をバリやジャマイカで過ごし、

時々うちに泊まりに来ていたBさん。。。

みんな音信不通になってしまったけれど、

元気でいてくれよと願っている……。

P1310235_640x480

P1310236_640x480

P1310244_640x480


P1310241_640x480

えびのカレー。うまし!

P1310245_640x480

庭にはこんな絵が出現する……!

P1310249_640x480


この階段を下りてゆくのだ……!

P1310239_640x480_3

これは店内から庭を見たところ。

手前のPCは私のです。

P1310247_640x480

結局、季里さんがお帰りになられてからも

じーーーっとしていて

4時間くらい居たのかな?

のんびり屋の私ゆえ、

庭を眺めながらぼんやりするのは

心地良かったです。。。

良い空気をたっぷり吸い込んだ気も……。

3月1日すめしカルトはぐれ

先週、関西方面に行った後、

ドタバタドタバタ~っと仕事をしていて

なかなか写真等の整理ができず、

ブログもfacebookもほったらかしになっておりまして

誠に申し訳ありません。。。

京都の話は書けば長くなりますので、

いつか書けたら書きますが、

大阪に入って、ごはんどうしようかなあ……と

思っていた時に

広尾の『旨焼きもぐり』http://www.moguri.jp/

や白金台の『鉄板バルまぐれ』http://www.magure.jp/index.html

のオーナーの盛島英欽さんのお店が

たしか大阪にもあったはず……と思って

電話をしてみたら、

やっぱりありました~!

その名も

『すめしカルト はぐれ』!!!

http://r.gnavi.co.jp/6434394/?sc_aid=plan_alli_kireistyle

場所は曽根崎新地。

このあたりは、昔、さんざん歩いたはずなのに

どーしょーもない方向音痴の私。

ゆえに

お店の方が迎えに来て下さいました……。(感涙!)

ネーミングも凄いけれと゜

味もバッチリ!

スタイリッシュな店内。

そして、そこに通うのは

紛れもない、なにわの情……。

大阪に行かれる際には

ぜひお立ち寄りを!

気さくで、あったかい

スタッフの方ともゆっくりお話をして

のんびりのほほんと

過ごさせて頂きました。

P1310082_640x480

昆布じめの野菜は、いくらでも食べられます!!!

P1310083_640x480_2

お手頃なお値段で、おいしいものが食べられます。

<すめしカルトはぐれ>

〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-5-29 不動ビル1F

地下鉄四つ橋線西梅田駅 9番出口 徒歩2分
JR東西線北新地駅 9番出口 徒歩2分
JR大阪駅 桜橋口 徒歩5分

06-4256-8890

定休日 日曜日

ランチ 月~金 11:30~14:00
ディナー 月~土 18:00~03:00(L.O.02:00)

P1310084_640x480_2

P1310085_640x480

殻まで食べられる海老。

P1310087_640x480_2

アボカドや生ハムの乗ったすめし。サンチュにくるんで

手前のとびっ子を入れて食べるともう~たまりません~。

P1310090_640x480

鹿児島渡辺バークシャー牧場の鼻ペコ黒豚のステーキも

非常においしかったです!

P1310097_640x480_2

2013年1月15日には、麻布十番に旨焼あたりもオープンしたとか!

http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13152136/dtlrvwlst/4924047/

http://ameblo.jp/gourmet29/entry-11448909251.html

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »