2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« 11月29日励まして頂きました! | トップページ | 12月4日渋谷にて »

12月1日etc.

シネマヴェーラでやっている川島雄三特集に

イメージ・フォーラムでやっているポーランド映画祭、

あまりに魅惑的なラインナップ!

ここ数カ月、ほぼ部屋に閉じこもっていて、

ず~っと良い映画に飢えているので

是が非でも観たいっ!

なのに、ちょこちょこっとした用や

(インフルエンザの予防接種etc.)

時間がブツ切れになり、

なかなか渋谷まで足をのばせず

しょぼーーーん……。

「映画は映画館で観なければ映画ではない」

という持論を持っていたけれど、

とうとう時代の波に押されてしまった。。。

というのは、『午前0時の映画祭』で

30日にカール・ドライヤーの『裁かるゝジャンヌ』を

「上映」していたからだ。

(本作にはアントナン・アルトーが修道士役で出演していますよ~)

もちろん、カール・ドライヤーの映画こそ、

映画館で観るべきだけど、

かの名作を配信で(しかも無料で)観ることが

できるのならば……と、

USTREAM配信で観てしまった。

(神様、どうかお許しを……!)

『午前0時の映画祭』は、著作権切れの

名画をUSTREAMで視聴する新時代の「名画座」

なんだとか。

詳しいことは下記リンクをどうぞ。

http://0eiga.com/

あっ、↑リンクによると

ジャック・ターナーの『過去を逃れて』も

「上映」していたんだ……。

フィルム・ノワール好きな人には

基本中の基本の映画で、

複雑に絡まった糸がほどけていくストーリーには

ため息が出るけれど……。

ロバート・ミッチャムは『過去を逃れて』の前に

『十字砲火』にも出演しているけれど、

私は『十字砲火』の方に出ている

ロバート・ミッチャムの方が好きだ。

『十字砲火』は、『商船テナシティー』の前後に

たしか、京都の祇園会館で観たはず……。

と、ここでパンフを探してみたりなどする

んだけど、やっぱり、映画館で観ていると

当時の思い出も一緒にくっついてくるんだよなあ~。

映画館をハシゴして一日4本くらい映画を観ていた時の

熱い思いとかも……!

配信でガン見するようになったら、

パソコンの前に貼りついている自分を

思い出すのかな?

あっ、『午前0時の映画祭』、

エルンスト・ルビッチの

『生きるべきか死ぬべきか』も

やっていたんだ……!

(ちょっと、『午後0時の映画祭』ラインナップ、

かなりイイですね~)

エルンスト・ルビッチは、二十代前半

友達に誘われて「なんじゃこの軽さは~」

なんてぶーたれながら、

付き合いで渋々観ているうちに

私の方がどんどんハマってしまった……。

ルビッチは屹立した関係を描きながらも

絶対に洒脱さを忘れず、

人物を客観的に捉えて、ある種の腑分けを

披露してくれる。

この爽快感がクセになるから

ルビッチはやめられない……。

「情」だけでゴリゴリ押す話って

やっぱり、噓くさくって!

シネマ・ヴェーラの近日上映予定を観たら、

ルビッチの『生活の設計』に、

なんとジャン・コクトーの『詩人の血』!

う~ん、前言撤回!

これらは絶対にスクリーンで観ます。

でもね、

『チャック』シーズン1のおさらいは

HULUでしてるんですよ~。

エラそうなこと言えませんね、私……。

« 11月29日励まして頂きました! | トップページ | 12月4日渋谷にて »

よしだあつこ」カテゴリの記事