« 10月23日遊び場の夢 | トップページ | 10月28日お知らせいろいろ »

10月24日本大すき

NHKEテレの『できた!できた!できた!』

という番組http://www.nhk.or.jp/tokkatsu/dekita_gakkou/

の第12回「本大すき」の「おしごとたんけんたい」に

丸善ラゾーナ川崎店の児童書コーナーに勤務されている

吉川仁美さんが出演されたというメールが届いたので

さっそくネットでチェックしたら、ありましたありました~。

http://cgi2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005170112_00000&year=2012

(二年前に本放送、昨日、再放送!)

吉川さんは、番組を観ている子どもたちに

語りかけるような口調で、とっても

わかりやすくお話をされています。

↓インターネットの画面です。(よしだ家のですdogshine)

121024_184701

この番組、たまに観ていますが、

ふだん入れない場所に、

ガンガンカメラが入っていくのが

興味深い。

今回も、書店の地下倉庫に

カメラが入っていた!!

今回の放送では、吉川さんが

いい本を子どもたちに届けたいという

強い思いを持って仕事に臨んでおられることが

伝わってきた。

吉川さんとは、

もう4年くらいお付き合いをさせて頂いているけれど、

本当に本を愛し、仕事を愛している方なんだなあと

改めて思った。

今回の放送で、子どもたちは書店を身近に

感じることができたかも!

121024_184901_2

121024_185002

吉川仁美さんと知り合ったのは、

4年前の12月、篠原勝之さんが

『走れUMI』(講談社)を出された記念イベントに

お声を掛けて頂いたのが

きっかけ。

篠原さんは、丸善丸の内店で、

子どもたちと一緒にワイワイガヤガヤ

大さわぎしながら、大きな大きな絵を

描いていかれた。

その頃、

ドタバタと慌ただしい(だけのような)

毎日を過ごしていた私は、

「こんな楽しい世界があるんだ……」と

目からうろこが落ちた。

そして、

そのイベントを仕切っておられたのが

吉川さん。

以後、節目節目にご連絡を頂き、

縁あって、NHKの日本賞のシンポジウムに

出演した際にも、聴きに来て下さり、

(嬉しかったです!)

今年5月に毎日新聞の「小さなおはなし」に

『だいちゃんとモン』という小学校低学年向けの

話が掲載された時には、

心のこもった長い手書きのお手紙を

下さった。

丁寧に自分の人生を生きている人の

言葉は影響力がある。

11月に入ったら、

吉川さんが予約して下さった神楽坂のお店で

お会いすることになっているので

この時の撮影の話も聞いてみよう。

若松孝二監督の訃報を聞いて以来、

なんだかガックリ落ち込んでしまい、

古本屋で、憑かれたように映画のパンフを

買い集めてしまったが、

今日は、吉川さんから連絡があり、

ちょっと元気になった。

寒くなりましたが、みんな、風邪ひかないように

あったかくして、しぶとく生き抜こう!

« 10月23日遊び場の夢 | トップページ | 10月28日お知らせいろいろ »

よしだあつこ」カテゴリの記事