« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

9月29日岩手盛岡キャラホールへGO!

緊急のお知らせです!

岩手飯岡駅から徒歩8分位のキャラホール(盛岡市永井24ー10ー10電話196376611)で、今日の15時から、宮沢賢治の『ふたごの星』の公演があります!
素晴らしい舞台なのでぜひいらして下さい。
との連絡が
今朝、座・高円寺の和泉将朗氏(いずみん)から入りました。

盛岡在住の方、近隣の方、はたまた「今から盛岡行ってやろーじゃないの!」って方は、ぜひGO!GOGO!

9月26日毎日小学生新聞編集部へ

今日は午後から毎日小学生新聞の編集部へ

お邪魔させて頂きました。

『小さなおはなし』でもお世話になった

木村葉子さんがご配慮下さったのです。

(ホントにホントにありがとうございます!o(_ _)oペコッ)

編集部で編集長さんや編集次長さんに

ご挨拶をさせて頂いた後、

木村さんと今回ご担当頂いている内山さんと三人で

北海道料理のお店へ。

(私、肉類がダメなので、

ここでも気を遣って下さいました<感涙!>)

おいしい海鮮丼をごちそうになりながら、

わいわい盛り上がり、

話はどんどん深いところへ……。

今回書いているストーリーは

いろいろ心配なところもありましたが、

今日お話をしたおかげで、

「やっぱ、これでよかったんだな~!」

とかなり安心できました。

(よし! いくぜ~!)

ごはんを食べた後も、お茶を片手に

次々と話題が飛び交い、

話はまったく尽きなくて

時間があっという間に過ぎていきました。

素晴らしい聞き手が二人もいらっしゃると

いくらでも話ができます!

充実したランチの時間を経て、

エネルギーがチャージされました。

楽しいひとときをありがとうございました!

家に戻ると、くもん出版の長谷さんから

『じったんのオムライス』という本が

届いていました。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D-%E7%BE%8E%E8%A1%8C/dp/4774321087/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1348659677&sr=8-1

じっくり丁寧に「家庭の味」を描いた

いい作品です。

家族の中で大事にしてきたものを

思い出しました。

全編に流れるゆったりとしたテンポが心地良く、

この家族の間に流れる時間は

きっとこういうテンポなんだろうなあ……。

(なんだかとっても懐かしいです……)

本文にも作り方が書いてありますが、

手作りカレーやオムライスのレシピが

巻末にイラスト付きでついているので

なんちゃって料理人の私なんぞは、

非常に助かります。

(いや、実際、おいしい作り方って

こーやるんだ~というのが、よーくわかりました)

ずっと手元に置いておきたい本ですね~!

PCを開くと、内田麟太郎大先生から

おもしろ人名ことばメールが来ていたので、

うんうんうなりながらひねり出し、

負けじ魂でお返ししました。

笑ってもらえたかな~?

たまーに、私は自分の署名を

「よしだあつのすけ」にするのですが

なんで、このニュアンスがバレたのかな……と

いまさらながら驚いている次第です。

今日は非常に脳が活性化されました……。

明日からまたGO!

9月25日配信中!

気温差が激しい毎日ですが、

みなさんはお元気ですか?

私は、自宅の前が工事をしていて

ものすごーくうるさいのですが

ヘッドホンしながら

がんばって仕事しています。

さてさて

少し前になりますが、

下記リンクの子ども(3~5歳)向けの楽曲(4曲)が

主要配信サイトで配信されています。

(作詞は、にゃんとアタクシです!)

エンディング曲の『こころの音』は

思い入れたっぷりに書いたのですが

これがやっぱり一番人気だとか。

やっぱり、自分が本気で思っていることを

表現するのがイチバンですね!

<配信サイト>

http://listen.jp/store/album_amg4988166080264.htm

こう寒暖の差が激しいと

風邪ひきがちですが、

どうかみなさん、気をつけて下さい!!!

Hi3d0788

追伸。

さっき中野重治さんの『梨の花』や『おばあさんの村』

が好きだという話をしていたら、

土本典昭監督作品に

中野重治さんの葬儀の映画が

あることを教えてもらいました。

タイトルは

『偲ぶ・中野重治-葬儀告別式の記録1978-』

代表作の朗読が聞けるとか。

特集上映があればぜひ行きたい!!!

9月22日毎日小学生新聞連載10/4(木)スタート

みなさま!

いよいよ10月4日(木)より、

毎日小学生新聞の小学校中・高年向け児童小説の

連載がスタートいたします!

じつは今、まだガンガン執筆中なのですが、

おそらく、全60回くらいにはなると思いますので

10月、11月、12月……と年内いっぱい

じっくりお楽しみ頂けるおはなしになって

いますよ~!

みなさん、ぜひぜひ毎日小学生新聞を

チェックしてみて下さいね!

(flair)

そして

大勢のみなさんに読んでもらえると

いいなあと願っています!

この仕事をするにあたって、

「書いてみない?」とお声掛け下さった方、

ず~っと応援して下さった方、

そして、温かく見守って下さっている方

すべての方々に、

心より御礼を申し上げます!

もう、めっちゃ、やりたかったのです!sun

こんなに早く願いが叶うとは

思ってもみませんでした。

なので、ノリノリで書いておりますよ!

(きっとその空気はみなさんにも伝わるハズ!)

今回担当して下さっている

毎日小学生新聞の内山孝代さんは

いつもユニークなお手紙やメールで

うんと心を弾ませて下さり、

感謝しています!

毎日小学生新聞の

告知記事も10/3(水)に出ますので

よろしければ

こちらもチェックしてみて下さいね。

(musicこのあいだ、アタクシの恥ずかし~い写真も

内山さんに送ったところです。dogハズカシーィrun)

詳しい内容は、また改めてお知らせします!!!

shine          shine            shine

   いよいよ始まる

毎日小学生新聞の10月4日からの連載、

  要チェックですぞ~!!!

 shineおったのしみに~!!!shine

ご案内を10月4日(金)としていましたが、

よーく見ると10月4日は木曜日でした。

あわてんぼうですみません。。。

(お許しを~shock)

pencil余談ですが、

以前、毎日中学生新聞に

『逢いたい』という映画の取材を

して頂いたことがあります。

あの時は本当に

ありがとうございました!o(_ _)oペコッ

9月12日モチベーション

今日はある方から、丁寧なお手紙が届き、

それを読んでいるうちに、

鈴木茂先生著の『偶然と必然』を

読んだときと同じ感覚が甦ってきた。

この本は、若い時に読んだ本の中でも

特に重要な本で、

20歳そこそこで読みこなすのは

至難の技だったけれども、

あのタイミングだったからこそ

乾いた砂地に水が浸み入るように

エッセンスを吸収できたのかもしれない。

愚鈍な私の中に

大きな化学反応が起こったのは

間違いなく、

そして、

その後の私の生き方にも

大きく影響した。

去年、同著を編集した大先輩と

二十数年ぶりにお会いできたことも

嬉しい思い出……。

若い時に先達に蒔いてもらったタネが

いろんな場面でムクムクっと芽を出し、

自分の軸を取り戻すきっかけになる。

いつその芽が出て来るのかは

わからないけれど

なにもしなければ

なにも始まらない。

原発、オスプレイ、領土問題、政情不安……。

揺れ続ける日本の未来は、

けっして楽観できるものではないけれど、

次世代を守るだけではなく、励まし、

生き抜くモチベーションを

キープするためのキーワードを

与えることは、

今、とても大切なことなのでは……?

おそらく大勢の人がそれに気づいていて、

行動を起こしているハズ!

なので、私も自分なりのやり方で、

大いにがんばろうと思っている!!!

追記。

日々仕事に励んでいます。

ブログがなかなかUPできなくて

すみません。。。。

9月2日脳の栄養。

ここ最近の報告をいたします。

相変わらず、はりきって仕事しております。

そして、その合間に力づけてもらうことも多数……!

若い頃は、

アンニュイな生き方をする予定でいた私ですが

なぜか、ここへきて、いい意味での予定変更が

ガンガン行われています。

面白い友人や仕事仲間に触発されて

「よーし、もっとがんばらにゃ~!」

と、自分がおばはんなのも忘れて

若い気になってガンガンモードでやってまっせ~。

つい先日、

盛岡で『ピン・ポン』の公演をやっている

座・高円寺の和泉将朗氏(いずみん)から

電話が入った。

地人会時代から、地方公演をがんばって

やってるいずみん!

昔、私がやっていた

野犬新聞(手書きのなぐり書き)に対抗して

飼い犬新聞(もちろん手書きのなぐり書き)で

「スローライフなんてくそくらえ!」

と書いてきたのは9年前か……。

あっという間に時間はすぎていくなあ。。。

ああいう、なぐり書き新聞ってやっぱり

「その場かぎりのエナジー」を

凝縮しているから

妙なパワーがある。

ライブ感といいますか。

まあ、ツイッターとかも似たようなもんかな?

わたしゃ新聞スタイルが好きですが……。

なお、『ピン・ポン』は9/29から盛岡の小学校を

巡回するそうです!

『ピン・ポン』については、こちらでも書きました。

http://nekoningen.cocolog-nifty.com/inu/2012/07/index.html

渋谷の百軒店deHESOで行われた

辻康介さんと谷川賢作さんのライブを

二時間程堪能しました。

谷川賢作さんのお父様の谷川俊太郎さんの詩や

室生犀星、中原中也などの詩に

谷川賢作さんが曲をつけられ、

極上のピアノ演奏で

朗々とした美声で辻康介さんが歌うのです。

「これぞ本物の音楽!」

という感じで、音と言葉を存分に堪能させて

頂きました。

ガチガチになった頭と腕をほぐさなきゃ……と

思っていたところだったので、

ありがたかったです。

帰ってから、仕事の能率がぐんと上がったような

気がします……。

脳に栄養を与えることは

ホントに大事ですね。

帰り道。

室生犀星の『舌を噛み切った女』のことを

思い出しながら、電車に揺られておりました。

下記はライブの写真です。

120902_195401

窓を開け放って、通り過ぎるひとびとを見ながら歌う辻さん。

谷川さんのピアノは超絶天国!

お二人のトークも炸裂!

アンコールの中原中也の「詩人は辛い」の掛け合いに

も~完全にノックアウトされました。

120902_205701_2

辻康介さんとお店の前で……。

この玄関の戸を開け放ってライブが行われるのです。

言葉と音が、街の中をふわ~っと漂っていく感じが

またいいのです。。。

120902_205501

谷川賢作さんと。いつも目をつぶってしまうんです。。。

さてと、あたいもがんばるぞ~!!!

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »