2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

5月31日これからも観続けます。

昨日の午後、新藤兼人先生の訃報が届いた。

「映画は人を愛することを描くもの」

それを教えて下さったのが新藤先生だった。

私は、働きながら京都の大学に通っていた頃、

現実に押し潰されそうになっていた……。

家が裕福ではなかったので、

国立の教育大学に行くつもりで

せっせとガリ勉してきたのに、

幼い頃からうまくいっていなかった親に

横やりを入れられ、

(まあ、コミュ不足ですな~)

高校三年の冬、

18歳になると同時に、

高校の卒業式を待たずに家を飛び出し、

京都市内に住処を決めて

働きながら大学に通うことにした。

三月の卒業式には

いったん実家に戻ったが、

京都市内で

同じ年頃の人達が

まだ学生服を着て楽しそうに

歩いているのを見るのは

忍びなかった。

いまさら泣き言をいうワケではないが、

辛い仕事をして、生活費と学費を稼いで、

夜は眠い目をこすって勉強をして、

自分なりにがんばっているのに、

同じ下宿にいる人には

あまり理解されず、

学校が終わって銭湯へ行き、

戻ってくると、玄関の鍵がかけられたことも。

それに文句を言うと

「二部のくせに」と言われ、

たまたま仕事で

学会で本を売ることになった時には、

私が学生とは知らない大学の先生から

「二部の授業はしんどいし、いややねん」

と、あっけらかんと言われ、

深く傷ついていた……。

実際、不器用な私は、

人から理解されず、

傷つくことばかりで、

もうなにもかもが嫌になっていた……。

そんな時に、古本屋で見つけたのが

『新藤兼人オリジナル脚本集』(ダヴィッド社)で、

『偽れる盛装』や『しとやかな獣』、『鬼婆』や『本能』

を貪るように読んだ。

最底辺に居る気になって

哀しみしか感じなくなっていた心に

火がついた!

それからは、時間があれば映画を観て、

映画館でノートにシナリオを起こす……という

作業を続けてきたのだが。

後に、月刊シナリオで、新藤先生を囲んで

新人のシナリオライターの仲間と

対談をした時(2003年くらい?)には、

ずっと持っていた本にサインをしてもらった。

120531_085901

120531_090001

120531_090002_2

反戦、反核を強く訴えて来られた新藤先生には

『原爆の子』や『第五福竜丸』など

すぐれた反戦映画があり、

遺作となった『一枚のハガキ』にも

「戦争はバカバカしいものなんだ!」

「戦争は人間を、家族を破壊する」

「絶対に戦争をなくすべきだ」

というメッセージが込められている。

ここしばらく、新藤先生のお弟子さんの

松田昭三先生から

週に1~2度の割合でハガキや手紙で

ご連絡を頂いており、

その中には

新藤先生や、松田先生がお若い頃の話が

書かれている。

私信なので、公にはできないが、

昔の撮影所の様子や、当時の監督のようすが、

松田先生の美文で、鮮やかに描かれている。

まだ松田先生とお話していないが、

新藤先生のマネージメントをされていた松田先生の奥様が

今、入院されているので、きっと松田先生も

心細い思いをされているのでは……と思うと、

気が気ではない……。

私は、新藤先生の監督作品の中では、

『どぶ』が一番好きだ。

徹底して人間を「悪」として描く一方で、

音羽信子さん演じるツルの「聖性」が

際立っている。

身震いするくらいの残酷さと底抜けな優しさ、

人間の両面をこんな風に、

泥臭く、かつ洒脱に描ける人は

もういないのでは?

新藤兼人先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

そして

これからも新藤先生の映画を観続けます。

5月23日いいね~!

昨日の打ち合わせでもらってきた資料をチェックし、

晩御飯を食べた後、

久々にどっぷり音楽タイム!

とはいえ、ほぼ洋楽しか聴かないけれど、

ソウル・フラワー・ユニオンだけは別!!!

ニューエストモデルの頃から

挑むような中川敬氏のヴォーカルに

ビンビンきてます!

『キセキの渚』、大好きだ!

http://www.breast.co.jp/soulflower/special/kisekinonagisa/

6月のライブ、気になるなあ……。

5月22日びっくりびっくり

18日の毎日新聞の「小さなおはなし」に

『だいちゃんとモン』が掲載されてから、

大勢の方から連絡を頂きました。

全国紙の力というのは偉大ですね。

びっくりしました。

冗談ではなく、北は北海道から、

南は九州まで(残念ながら沖縄はなし)

毎日毎日、メールやハガキや手紙が届き、

久しぶりに電話をかけて下さった方も!

いやはや、ホントにびっくりです。

その間、私は……と言いますと、

まことにお恥ずかしいことですが、

牛乳の入ったキッシュを食べて

おなかの調子がおかしくなって以来、

どうも体調がぱっとせず、

熱まで出てきて、寝込んでいました。

とうとう顔とおなかに

蕁麻疹まで出てきて……。

(昨日、やっと回復しました☆)

なので、18日は、

朝刊が配られた直後、

まだ暗いうちから、

「読んだよ~!」というメールが届いたのにも関わらず、

お返事がゆっくりになってしまいまして

本当に申し訳ありませんでした。

私は、TwitterもFacebookもやっていませんが、

瞬時にたくさんの人から

PCと携帯にメールが届いて

それはそれは嬉しかったです。

児童文学になんの実績もない私に

声を掛けて下さり、ガンガンハッパをかけて下さった

後路好章さん、

いきなり電話が来た時には、びっくりしました~!

そして、毎日新聞社の木村葉子さん、山崎明子さん、

折々に細やかな御配慮を下さいまして、

本当にお世話になりました。

そして、

『読書の時間によむ本1小学校4年生』(ポプラ社)収蔵の

松谷みよ子さんの『茂吉のねこ』に添えられている

茫洋とした童子の絵と、ばけものがうじゃうじゃと

犇めき合っている絵を見た瞬間から、

松成真理子さんの絵に魅了されていたので、

今回、ご一緒できて本当に幸せです。

しかし、なんとなく

野にあざみが一輪咲いているのは、

私も頭の中にあったのですが、

上がってきた松成さんの絵にも

あざみが一輪描かれていて

びっくり!

でも、きっと……

そういうものなんだろうなあと納得しています。

今回は仲の良い友達や先輩諸氏、

仕事仲間はもちろんのこと、

大勢の方が連絡をくれましたが、

おかげさまで懐かしい方達とも

旧交を温めることができました。

そして、中には深く深く読んで下さった方もあり、

「そんな読み方もあったのか?」と

驚くことも……。

てなてな感じで

びっくりびっくりの連続ですが、

また新たな「びっくり」を求めて

さらにさらにがんばりま~す!

5月18日毎日新聞小さなおはなし『だいちゃんとモン』

本日の毎日新聞の朝刊の13面、

くらしナビの「小さなおはなし」に

私が書いた『だいちゃんとモン』という

童話が載っています。

小学校低学年を対象にした

短いおはなしですが、

よろしければご一読下さい。

大好きな松成真理子さんが

素敵な絵をつけて下さっています。

「子どもが面白がってくれるといいなあ~!」

それだけを考えて書いたおはなしです。

未熟でビビリ屋の私に

「思いっきりやれ~」「がんばれ~!」と

励まして下さった方々、

ほんとにありがとうございました!

これからも、ひたすら

がんばりますので

よろしくお願いいたします!

5月16日ピンポイントギャラリーへ

朝。

朝比奈さんがご連絡を下さり、

荻窪にできたばかりのクラーク亭で

お昼御飯を食べる。

クラーク亭は、札幌の有名店洋食店だとか。

ハンバーグもエビフライもかなりおいしい~!

喫茶店でお茶を飲んで話しているうちに、

上野の森親子フェスタに同じ5日に行っていたことが判明。

なんと、なんと……!

朝比奈さんは午前、私は午後だったので

会わなかったのか~。

うーん、残念!!!

しかし、フシギ、フシギ~。

(悪いコトできまへん!)

午後からは、表参道のピンポイントギャラリーへ。

仲良しの鈴木真実さんが、

平出紗英子さんと二人展をやっておられるので、

どんな感じかなあ~とワクワクしながら作品を見に行く。

120516_153701

120516_153801

二年くらい前、ものすごーーーくいやなことがあって、

たまたま気分転換に入ったピンポイントギャラリーで

真実さんと知り合ったのだ。

ものすごい美人なのに、

ぜんっぜん気取っていなくて、

私が次から次へと繰り出す

へーーんな話にも、美しい人なのに

とことん付き合ってくれる

優しい人。

真面目な真実さん相手に

変な話をすると、

加工されていない

素の状態の合いの手が

ナイスなタイミングで入るので

ウッキッキ~とうれしくなるのです☆

下はその、ウッキッキ~な顔の写真。

(手に持っているのはペコちゃん焼……私、ちょっとマネしてます!)

120516_160401

さらに、ペコちゃんのモノマネ~!

テヘペロ! ちょっとイマイチかも。スイマセン……(涙)

20070603160825

真実さんの作品をバックに……。

120516_160101_3

120516_160201_3

途中から、長年のポン友、

シナリオライターの早野円氏と

奥さんでデザイナーをされている

早野絵梨奈さんも駆けつけてくれました。

120516_163501


早野さんは、十数年前、初めて会った時に

ハッチポッチステーションの打ち上げで

「はじめまして、声優の白鳥みゆかです♪」

と、作り声で自己紹介をしたら、

ホントに私のことを声優だとカンチガイして

「声優さんって、喉守るの大変なんでしょ?」とか

「どんなアニメの声当ててらっしゃるんです?」

と訊いてきたので、

こりゃオモシロイ!と、えんえんと喉のケアの話をしたり

それっぽくアニメのうんちくを話した後に、

「うっそぴょ~ん! あたしゃシナリオライターでーす!」

と話したら、

「サイテーですね!」

と、顔を真っ赤にして怒り出したけど、

すぐに許してくれた心のひろーいお方。

生まれながらのいたずら野郎の私は、

いたずらをちゃんと受けとめてくれる人を見つけると

「あ、いたいた~!」

と、嬉しくなるので、

もう、それからは、いきなり夜中に

早野さんちに大勢で、

わーーーっと押しかけたり、

早野さんにも、お返し攻撃をされたりして

30代前半から相当バカなことをして遊んできたが、

ようやくチャーミングな奥さんと結婚して、

九月にゃパパになるらしい♪

奥さんも面白い人なので、

にぎやかなファミリーになるだろなあ~。

今日は、もとしたいづみさんと、

鈴木出版の編集部の濱野さんにも

お会いできて嬉しかった!

真実さんが、お帰りになるお二人を

わざわざ道まで追いかけて

紹介して下さったのだ。

さらに真実さんは、オーナーの西須さんや

今回一緒にやっている平出紗英子さんも

丁寧に紹介して下さった。

真実さん、なんていい奴なんだ……!

『BACKYARD3展』

鈴木真実さんと、平出紗英子さんの二人展

は5/14(月)~19(土)まで。

シュールで優しくて、幻想的な世界が拡がっています……!

http://www.pinpointgallery.com/cn8/cn113/BACKYARD3.html

ピンポイントギャラリーHP

http://www.pinpointgallery.com/

脱いだり着たりが下手な私……。

今日は暑いと思って、夏の格好をしたら、

夜には、寒くなり、ヘーーーックショイ!

風邪ひかないようにしなきゃ!

5月13日歩いて歩いて

MPSの森田さんが、陸前高田のアンパンマンコンサートの写真を送って下さった。
ステージの周りには、明るい顔をした子どもの輪が広がっている。
ヘリクツコリクツ、全部吹き飛ばし、やっぱり、小さなお客さんのために、ぱあ~っと顔が輝くものを作らなきゃ!と改めて思った。

そして、非力でちっぽけな私だけど、これからもできる限り、被災地への応援を続けていこうと思う。

今日は、荻窪のカフェでキッシュのランチを食べた後、東高円寺の蚕糸の森公園へ亀を見に行き、その後、中野に出て、サンモール商店街の入り口で、毎度おなじみマロンクリームの今川焼きを食べ、島忠で梅雨対策の買い物をした。

昔から好きな場所……で、ある程度のんびりできる空間を優先した結果、引っ越した先が木造なので、湿気とカビがやばそうなのだ。
もちろん、地震の時は前のマンションより揺れるけど、住んでいる人がいい雰囲気を持っている人ばかりだし、のほほんとできてなかなか住み心地がいい!

夜は、すだれやシーツやカビキラーやブックシェルや洗剤を山ほど抱えながら、島忠から中野駅まで約15分歩き、さらにおいしいものが食べたくて、五差路の謝謝まで約10分、意地で歩いて、麻婆豆腐定食を食べた。(やっぱうま~い!)

キッシュに牛乳が入っていたせいか、途中からおなかが痛くてたまらなかったが、(牛乳系がNGなんです~)引っ越し以来、忙しさにかまけ、ほったらかしにしてあったところのケアができて、ほっ!

夜。
家に戻ったら、実家の母より入電。
母と母の双子の姉にあたるおばちゃんに、母の日に向けマドレーヌを送ったので、そのお礼の電話。

私には母と、母そっくりのおばちゃんが居て、幼い頃からおかあちゃんが二人いるような環境だった。
ものごころつかない頃、よく母とおばに「ホントのおかあちゃんはどっちでしょう?」と言われ、真剣に迷ってしまった~!

今日は田植えをしていたそうで、甘いものは、大歓迎だった模様。よかったよかった。
しかし、実は父が、かなりの甘党なので、父が一番喜んでいた……というオチつき。

母からの電話の後、溜まったメールに返信しながら、ウトウトしてたら、仕事を一緒にやった方からうれしい電話が!

正面から向かい合ったからこそ、できた信頼関係!

やる気が出ましたよ~ん!

心のままに、まっしぐらに生きている人は、やっぱりいいなあ~!

5月12日サンキュー!

昨夜、遅い時間におかしとジュースの差し入れを持って

友達が訪ねてきたので、

うちに上がってもらってもよかったのだが、

まあ、ちょっと一杯行こう……と店に入ったら、

話が盛り上がり、

朝まで話し込んでしまった!

う~ん、こんな体力がどこにあったのかな?

しかし、前向きな話で気分は爽快!

Hi3d0369

夜。

座・高円寺のいずみんが

ほんわかメールをくれた。

やっぱ

持つべきものは友!

サンキュー! 

5月11日以心伝心

毎日新聞社の山崎さんが、5/18の朝刊に掲載予定の

「小さなおはなし」のゲラを送って下さった!

なんにも言わなくても、気持ちが通じるのって

本当にありがたいことです。

これからも、じっくり腰を据えてがんばりますので、

よろしくお願いします!

5月7日さっそく……!

画家の長谷川知子さんが、

タケノコを送って下さった!

実は5日の夜に、

新宿の三平酒寮で、

ひょんなことからタケノコの話になり、

6日の朝に近所で採れたのを、

速攻で送って下さったのだ~!!

うわっ、はやいっ!!!

私は、ここしばらくの疲れが出て

完全にダウンしていたのだが、

長谷川さんはバシッと……!

さっそくありがとうございました!!!

このあいだから、

日高敏隆さんの本ばかり読んでいる。

おもしろかったのは

『春の数え方』と『人間はどこまで動物か』。

『春の数え方』は、

2001年に日本エッセイスト・クラブ賞を

受賞しているので、

ご存じの方も多いかも?

動物行動学的な観点から、

森羅万象を眺めてみると

コトの本質が浮き彫りにされ、

なるほどなあ~と感心したりもして。。。

こーなってくると

いっそ動物のように

野山を駆け巡りたいなあ~。

5月5日上野の森へ

お昼過ぎから、上野の森親子フェスタへ。

子供の未来社のブースで、『わたしはひろがる』(作・岸武雄さん 絵・長谷川知子さん)を購入後、長谷川知子さんに似顔絵とサインをもらう。

長谷川さんには、懇意にして頂いているので、「いまさら……」という感じもあり、少々恥ずかしかったが、照れて変なポーズをとる私に「こら!」と言いながら、あっという間に描いて下さった!

それもかなり可愛く……!!!

(なんだかホントに申し訳ありません……)

その後、ゆっくりゆっくり会場を歩き、絵本や児童書を見て歩き、以前から欲しかった本を何冊か購入し、リュックに詰め込む。

ここ数日、雨だったせいか、会場は大盛況。読み聞かせのイベント等も楽しかった。

帰りは、長谷川さんとねこちゃんの三人で、新宿西口の三平酒寮へ行き、飲んで食べて、わいわい話す。
演劇の話で大いに盛り上がり、気づくと五時間も経っていた~!

夢中で話すと、時間なんてあっという間。
無駄な話はなく、ピンポイントで響く話ばかりなのがまた素敵。

なんだか心身共に浄化されたようで、いい気分……。

長谷川さん、いい空気をありがとうございました!

さあ、また明日から、がんばろう!

追伸。

お目当ての店が準備中だったので

止むなく三平酒寮に行ったのだが、

ここは、なんだか妙に落ち着く……。

リピート必至☆☆☆☆☆

 

5月4日GW後半ですな~!

さてさてGWも後半になりましたが、

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

アタクシは、けっこうハードでしたよ~。

やっとこさ東京へ戻り、つい先日

阿佐ヶ谷ラピュタのモーニングショーの

加藤泰監督の『骨までしゃぶる』へ。

これは、ぜったいGO!でしょう!

あの美しい映像の光を浴びにいかない手はありません。

めったに上映される作品ではありませんから、

絶対、映画ファンが、

大勢詰めかけるに違いない……!

ということで、

ラピュタにガンガン電話して、

何時頃に行けば確実にチケットが手に入るのか?

というのを確認して、バッチリ早めに行き、

五人目くらいに並ぶことができました。

(やったー!)

案の定、客席は満員。

ふぅ~。早めに来てよかったよかった。

今回は、月刊少年マガジン編集部の林田さんと

一緒にラピュタに突撃!

うぶな田舎娘だった桜町弘子さんが

廓に売られて、どんどんしたたかになっていき、

自律した女としての幸せをつかむまでの

いわゆる紋切り型の話なのだが、

さすがは加藤泰監督!

もう見応え十分でした……。

『骨までしゃぶる』は

若いころに、一度観たきりでしたが

今になって観てみると

「この人大事だ!」と思ったら

けしてその手を離してはいかんのだということが、

もうめっちゃ身に沁みてきます……。

今回はニュープリントでの上映で5/8までです。

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/sakuramachihiroko/

映画の後は、林田さんと一緒に

毎度おなじみ日昇園へ。

(仲良しの中国人のおっちゃんがいる店です)

主に私が……ですが、

ものすごーーーくおなかが減っていたので

あれもこれもと頼んだら

やっぱり残ってしまった……!

でも、林田さんは、

残ったおかずをちゃんと

パックに詰めてもらい、

「仕事場で食べます」とのこと。

おっちゃんも喜んでいました!

その後、近所の喫茶店に河岸を変え、

話の続きを。。。

う~ん、

次々と核心を突いてこられるのは

さすが!

でも

チクチクする位の方が

本気+ひねりを加えられるから

ぜったい面白い!

有意義なひとときでした。

一番面白かったのは、

モノポリー好きな人は、

意地悪な人が多いという話。

(crown当たっているかも! )

そんなこんなで、

あっという間にGWが過ぎましたが、

今日はダウンして寝ていました……。

(わらびを炊きましたけどね)

後半は天気が良くなりますよーに!

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »