2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

4月30日北へ北へと……。

先日からものすごいドタバタで、とうとう右腕が上がらなくなり、朝からマッサージへ。なぜか中指の第一関節が痛い……!
腕と指の使いすぎで、筋肉が縮みかけているとか~!
まじですか~!!
たいしたことしてないのに。

激安なのに達人がいる店なので、なんとか治るも、達人から「かなりストレスたまってますから、リラックスしてください……」と真顔で諭される。

なんとなんと、自分で意識していなかったが、そうであったか……。

とはいえ、ぼんやりできず、ノートパソコンを友人の車に積み込み、北へ北へとひたすら向かう。

友人が運転して、私は助手席で仕事だ。
要領かますの下手だから、まじめにやるしかない。


4月29日どんなおはなしが……?!

CBCのプロデューサー二村久美子さんが、

CBCラジオ『ことばのおもちゃばこ』の

放送を録音したCDを送って下さった。

番組内で朗読されたのは

よしながこうたくさんの『あいさつ団長』と

あきやまただしさんの『ころんちゃんのおともだち』。

アナウンサーの方々が、

表現力豊かに朗読される声も素晴らしいけれど、

効果音と音楽の絶妙のタイミングに唸った!

さすがは音楽に造詣の深い二村さん!

ことばのひとつひとつを大事に読むこと、

そして、けっして子どものイメージを阻害することなく、

奥行きのあるドラマ仕立てにしてあるのが、

とても素敵だ。

『ころんちゃんのおともだち』は、

公開録音だが、子どもたちの反応がとてもよく、

「これからどんなおはなしを読んでもらえるのかなあ~」

というワクワク感が、自然に伝わってきた!

良質の作品には、自然と人が心を寄せる

吸引力がある。

その逆もまた然り。

二村さんの心のこもった手紙にも

心を動かされた。

これからも、物語を作り続ける以上は、

やっぱり一回一回が真剣勝負!

そうでなきゃ、やる意味がない。

清々しいハートを持つ仲間と

きちんとした仕事をすることに

なによりも生き甲斐を感じる!

さて次のページには、

どんなストーリーが?

4月26日バルキリーで誘って!

ムービック・プロモートサービスの森田さんが、

28日(土)から始まる

『30th ANNIVERSARY マクロス超時空展覧会~バルキリーで誘って~』

のご案内を下さった。

1/1バルキリーも、いよいよお目見え!

(アタクシは、お先に写メで拝見しました~!

か・な・り、スゴイです!)

開催日は

4月28日(土)~5月6日(日)。

会場は東京・池袋サンシャインシティ 展示ホールAです。

そして、

6月1日(金)~3日(日)には、

愛知・中部国際空港セントレア特設会場でも開催されます。

(大阪でも秋頃の開催が決定!)

詳しい内容はこちらをどうぞ!

http://www.chojikuutenrankai.com/

http://news.mynavi.jp/news/2012/04/26/066/

で、

ひたすら、YOU TUBE観ながら

『ライオン』を

歌いまくる私です。

もう、おばはんなのにね~!

でも、神曲だと思います、やっぱ!

♪生き残りたい 生き残りたい~

っていうところが大好きです。

そうそう。

イギー・ポップも

セルジュ・ゲインズブールとか

エディット・ピアフなんかの

フランス音楽をカバーした

『アプレ』っていうアルバムを

5/9に出すみたいですよ~!

http://news.mynavi.jp/news/2012/04/25/126/index.html

ステキですね~!

4月24日この上ない幸せ

実は、今、この上ない幸せを

噛みしめているところです。

5/18(金)の毎日新聞に

小学校低学年を対象にした

「小さなおはなし」という欄に

私が書いた掌編童話が掲載されます。

昨日、毎日新聞生活報道部の記者をされている

山崎明子さんから、

絵本作家の方が描いて下さった絵が送られてきました。

素晴らしい絵です。

ずっと見ていても飽きません。

この上ない幸せを感じています……。

4月23日今夜のサラメシは……?

どーもくんやこまねこなど人気コンテンツを作っておられるドワーフの松本紀子Pより、下記のお知らせが来ました!

4月23日のNHKの「サラメシ」(22時55分~)という番組に弊社の「サラメシ」が登場予定。ド現場のドワーフをご覧下さい!

う~ん。

「ド現場」、なんてステキな表現でしょう!
現場は、【無】から【有】を生み出す神聖な場所ですもんね。

もうずいぶん前になりますが、どーもくんの親子向けの仕事をやった関係で、ドワーフさんが、毎年12月にスタジオでやっておられるクリスマス会&新作発表会には、いつも呼んでもらっております。
そこで友人・知人・仕事仲間と過ごす時間は、なんとも言えないくらいハッピーなひとときです。

スタジオに、オードブルやおつまみが並び、飲み物片手に、人形やジオラマを見ながら、のほほんさせて頂くのはサイコー!

そして、大きなスクリーンに上映される作品をみんなで見ていると、昔、幻燈会や八ミリ上映会に集った時の感覚がよみがえり、ノスタルジーにも浸れます……。(きゅん~!)

そんなドワーフさんの【サラメシ】ってどんなかな?

今夜見てみようっと!
楽しみ~!

松本さん、お知らせありがとうございました!

 

4月21日なんでですの~っ?

深夜近く。

某制作会社さんで打ち合わせた後、

ほっと一息ついて、携帯のメールを見たら、

出版社K社のMという雑誌のHさんから

入稿待ちの時間に

ブログを精読して謎を解きました……

とのメールが……!!!

ば、ばれたか~!!!

あえて、テキトーに伏字にしたり、

ぼやかす必要もないのに

ぼやかしていた箇所を

解読されてしまった!

とはいえ、

このこと自体、

解明する必要もなく、

まったくどうでもいいことなんだし、

まあ、ある人のバックボーンを

Hさんがパズル的に

組み合わせたってことなんだけど……!

そして!

私も

まったく隠す必要もないのだが……!

このどうでもいいことに

あえて注目して推理して下さるHさんの

その遊び心がおかしくて

「なんでですの~っ?!」と

ひさびさに大笑い。

(これは最大級の賛辞です)

みぞおちに笑いのパンチが入りました~♪

こういう笑いを待ってましたよ、あたしゃ!

ニッチな笑い、新しい笑い最高!

近道なんかしてたら

心は豊かになれないし、

本物のエンジンが廻りません。

とくに私たちのような仕事は、

まっすぐに行ける道でも

草むらの中をあえて、

廻り道するのが楽しいんだもーん。

ということで、

Hさん、養分注入、ありがとうございます。

「なんでですの~?」(関西弁でね)

って、

ひさしぶりに声に出してしまいましたよ~。

Hi3d0702

二年前、

はまおたナイトで拾ってきた

ゾンビーズのあおちゃんサイン入りピン球です。

http://hamaota.com/hamaota-night/

一時期、彼らの踊りにハマッておりました。

ゲキテイ、お江戸はカーニバル

あたりが好きです。

やっぱり、

「なんでこんなバカバカしいことに

血道をあげてるの?」

というのが、いいですね~!!!

「無になる」とは、そういうことでは?

大いなる無駄話、

ウォッチしなくていい人の人間観察、

わりとどうでもよい、ひとつの現象を

あっちからもこっちからも検証する……。

そんなアホ臭いことが

アタクシは大好きです!

4月20日思春期の悩みを

CBCのにむちんこと、二村久美子さんが、

アンパンマンショーの感想を下さった。

「戦友」からのあったかーい励ましは、

身に沁みるぜ……!!!(感涙)

私が担当させて頂いた

『かなえて!ゆめのダンスショー』

『おくらちゃんとおいしいおやさい』は、

全国を巡回中です。

ぜひ機会がありましたら

お楽しみ下さいね。

ここでちょっとお知らせです。flair

二村さんがCBCでやっている、

「NLAプレゼンツゆきねえと考えよう!親子のキズナ応援ラジオ」
http://hicbc.com/radio/info/110605_nakiwara/

という番組があります。

中高生のナマの声を通して、

思春期の子どもを持つ親の悩みを

一緒に考えるのがテーマで、

パーソナリティは兵頭ゆきさんです。

通常はCBCローカルで

毎週日曜日12:30~12:45OAなのですが、

「おもしろい!」「元気が出た!」と大好評につき、

なんとなんと

5月は、TBSラジオで

毎週日曜日朝6:40~6:55にOAされます。

ぜひ、聴いてみて下さいね!!!


HPからWEBで聴くことも可能です。

http://hicbc.com/radio/info/110605_nakiwara/

4月19日やっぱり。。。

昨日、徹子の部屋に画家の安野光雅さんが

御出演されていた。

なんと御年86歳。

そしてガンを抱えておられるにもかかわらず、

溌剌としておられた。

素敵な生き方だなあと改めて思った。

以前、このブログでもご紹介した

http://nekoningen.cocolog-nifty.com/inu/2011/12/post-910d.html

中学校の道徳の副読本『キラリ☆道徳』(正進社)が、

読売新聞の記事になったとか。

http://www.yomiuri.co.jp/job/wlb/topics/20120416-OYT8T00234.htm

お知らせを下さったのは、

編集を担当した西原さん。

福本さんなど、画期的な人選をしたのは

西原さんだ。

現在彼女は、スポーツ選手の版権管理を

行う会社で、ライツ事業を担当している。

メディア向けの対応はもちろん、

サッカーゲームや、野球ゲームのライセンス事業も

行っているとか!

先日も、有名(らしい)外人監督や選手の生写真を

見せてもらった。

私は、小学校高学年の時に、

サッカーにハマったクチなので、

ベッケンバウアーとかミュラーとか、

ま、せいぜいブラティニくらいしかわからない。

(ごめんね~)

フットサルはごくたまーーーに参加しますがね。。。

あ、そういや、『キラリ☆道徳』にも

長友選手が出ていた……!

やっぱり、「好き」というのは

一番モチベーションが高まりますね!

(私は、朝からショッキング・ブルーの曲を聴いて

ゴキゲンです!)

ちなみに、西原さんは京都大学出身なので、

やっぱり百万遍っ子(京都市左京区)です。

最近、あの辺りをよく知っている人に

会う頻度がとっても高い。

マガジンの林田さんとも、あの辺りの話題をしたし。。。

東京に住んでいるのに

なぜだろう……?

4月18日なぞの光線

月刊少年マガジンの編集部の林田さん、

どうもどうも、まいどです。

いつもブログ御覧下さいまして

ありがとうございます。

(ホントにたいしたこと

書いてませんが……!(微苦笑!))

そして、

林田さんから発せられる

≪なぞの光線≫shinethunder(遠隔)を

ピピピピピと浴びて、

京都の百万遍~東一条~北白川あたりを

うろついていた頃のことを思い出しました。

酒屋の倉庫を改造した部屋に

ドイツ人のおばちゃんと二人で住んで

屋根の上に上って、かなりたどたどしく

リリー・マルレーンを歌ったこと、

仲間みんなで鴨川逆流レースをやったこと、

(しかも男子はパンスト着用)

北白川バッティングセンター裏のアパートで

クリスマス独り者大会と称して、

モノポリーを三日三晩やり続け、

死にそうになってもサイコロを振り続けたこと、

そして、ちょっぴりほろ苦い、

いんや、

どーしょーもないくらい

グダグダしてしまった恋愛のコト

などなど……!

まるで、VIPPER板のスレのような思い出が、

一個一個鮮やかに甦ってきました。

脳内エンジン回して下さって大感謝です!

4月15日精一杯の気持ちを

昨日、NHKの

『ハートネットTV・選Rebuild~再建~

「アーティスト・トーチカ」』という番組内で

アートユニット「トーチカ」さんが、

光のアートで被災地の人たちの心を結ぶ活動を

しているのを観た後、

文藝春秋8月号増刊の

『つなみ-被災地のこども80人の作文集』を

改めて読んだ。

印刷されたページもあるが、

実際に子どもたちが書いた作文が

生々しく掲載されていて

その字を追いかけながら読んでいくのだが、

2011年3/11の凄惨な状況が、

ひたりひたりと伝わってきて、

簡単には読み進められない……。

一字一字にぎゅうっと力を入れて

思いのたけをぶちまけている子もいれば、

淡々とした字で

努めて客観的に捉えようとしている

子もいて、

それぞれに心の中で

自分と闘いながら書いているのが

なんとも切ない。

ある作文にこんな結びがあった。

「こまっているひとがいたらたすけてあげたい。

そんなつよくてやさしいひとになりたいです。」

同じ日本で、震災のことなど忘れてしまったかのように

暮らしている人もいるというのに、

なんという健気な気持ちなんだろう……。

これに応えるのは、

一点の曇りもない精一杯の気持ちを

被災地に住む子どもたちにちゃんと伝えること、

それに尽きると思った。

4月14日電話に感激!

CBCのプロデューサー二村久美子さんが、

電話を下さった!

もう、めっちゃ嬉しい~!!!!!!!

二村さんは、今、CBCでたくさんの

番組を担当されているが、

その一つに

日曜日の朝、9:45~10:00にOAの

『ことばのおもちゃばこ』

http://hicbc.com/radio/omochabako/

という番組がある。

これは小学生向けの本を

丁寧に朗読していくという番組で、

ホームページを見てみると、

「朗読を聴いて絵を描いてみる」

とか、手遊び歌や、童謡、

こどもクッキングなど、

子どもにとって大切なことを

しっかりと踏まえた上で

想像(創造)力を掻き立てる内容なので、

リスナーの反響もバツグンのようです!

(なんかわかる気がするなあ~♪)

二村さんとは、まだCBCの山本恵三さんが

御存命の頃からのお付き合いで、

もうかれこれ、十数年になる。

私はシナリオのある賞を頂き、

デビュー作がCBCの昼帯ドラマの

『コンビにまりあ』(全40回)という作品なのだが、

受賞後すぐに仕事に入ることになり、

まったく下積みがなかったため、

大変苦労した。

CBCは優れた番組を製作されているので

本当にたくさん賞を獲っておられるが、

ちょうど『幽婚』で文化庁芸術祭優秀賞を

受賞されたばかりの山本恵三さんの

下に放り込まれることになり、

世にも恐ろしいスパルタ教育を

受けることになった。

恵三さんは、

普段は冷たくて鬼のように厳しかったけれど

いいホンを上げると

顔をクシャクシャにして、

「おっ、下手くそ! この下手くそが~!」

背中をポンポン叩いて喜んで下さった。

しかし、その逆の時は……。

(ここには書けません、恐ろしくて……!)

「ドラマなんて、うそんこでいいんだよ」

と、酔っぱらった時、

何度もおっしゃったあの声が

懐かしい……。

その恵三さんも亡くなって

早や四年。

二村さんとは、ついつい「恵三さん」の

話になる。

今から思うと、

山本さんが、事ある度ごとに

「お前、作家だろ?!」と

怒って下さったのは

作家性をなによりも大事にして

下さったということだ。

怖くてたまらなかったけど、

脚本をあんなにつぶさに読んでくれる人と

最初に出会えて本当によかった。

辛いけど、充実した時間。

それを得るために、ただひたすら書いている。

やっぱり、真剣勝負がイチバンだし

正攻法にかなうものはない。

そして、こうして節目、節目に

二村さんが連絡を下さるのは、

「初心忘るべからず」

ということだと確信している。

やる気を刺激して、自由にはばたかせて

くれる人は、貴重な存在。

実は、つい先日入稿した童話の原稿も

そんな刺激をくれる方が

居て下さったから、

安心して思い切ったボールを

投げることができた。

そして、そのレスポンスの速いこと!

テンポの良さが仕事の質にかかわることは

言うまでもない。

今日からまた、まっさらな気持ちで、

がんばろう!!!

4月10日桜マジック?

東京の桜が満開となりました。

昨日、千鳥ケ淵周辺を少しだけ歩きました。

どんなに忙しくても、こういう時間は大切ですね。

桜マジックでしょうか?

おかげで豊かな気持ちになれました。

120409_143802

120409_144801


一面の菜の花……!

120409_145902

帰宅してから、また深夜まで仕事に取り組めたのは、

やっぱり、桜のおかげ。

短い時間でも、その瞬間にしか楽しめないことを

しなきゃいけませんね。

4月5日白い犬

最近、阿佐ヶ谷を重点的に徘徊しているのですが、

前はしょっちゅうみかけた大きな白いワンちゃんを

みかけなくなりました。

どなたか、ご存じないですか?

私は勝手に「ピーちゃん」と呼んで

遊んでもらっていたのですが。。。

Asagayahi3d0553

阿佐ヶ谷のマリヤ洋品店近くの

自転車置き場にて「ピーちゃん」と。。。

4月3日春の香り

『松と日本人』でお世話になった有岡利幸先生から

ツクシとタビラコとセリと春菊が届いた。

お孫さんとお二人で

枚方(大阪)の野山で摘んで下さったのだとか。

毎年こうして春の香りを送って下さる有岡先生。

私が27歳の時、

たまたま人文書院というところに居て、

たまたま担当をさせて頂いた本が

『松と日本人』という本。

これが第47回毎日出版文化賞を頂き、

先生と「やったー!」と大喜びしたことが

昨日のようだ……。

あれ以来、20年間、どんな時でも

欠かさず御連絡を下さるのは

本当に嬉しい。

そして、いつもさりげなく添えてある

心からの言葉。

さきほど、先生とお電話で

物事には、両面の見方があるということを

ゆっくり話し合った。

慌ただしい日々の中で、こういう話ができるのは

なによりも癒しになる。

有岡先生は、時折、小原流の『挿花』という

機関紙にも執筆されており、

掲載誌を送って下さる。

この機関紙の『柳青める』特集に

柳のことを書いたことがきっかけで、

『柳の文化史』を上梓されたとか。

藤山一郎さんの『夢淡き東京』が好きな私は、

柳には、特別の思い入れがある。

(歌詞はみなさん、ご存じですよね?)

負けまいとしてしなやかに揺れる柳、

そよそよと風に吹かれ、涼しげな彩りを見せる柳、

そして、なんともかわいい猫柳……。

あ、そうそう。

CBCのお昼のドラマで書いた喫茶店兼スナックの名前も

『ニュー猫柳』だった。

そっか~。

やはり深層に「柳」が……?!

4月2日ちょっとお知らせです☆

宴会番長の座・高円寺のいずみんこと

和泉将朗氏から

「座・高円寺がテレビに出ます!」

というお知らせが来ました。

いずみんは出るのかな?

テーマも面白そうです。

ぜひご覧ください!!!

番組名:ワールドビジネスサテライト
テレビ東京(23:00~23:58)
BS JAPAN(24:00~24:58)

4月4日(水)O.A.
 特集コーナー:劇場に人を呼べ! 演劇ビジネス最前線(仮)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »