« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

1月28日神楽坂周辺をウロウロ。

今日は神楽坂周辺を行ったり来たり。。。

まずは黒テントのiwato劇場で、

『青べか物語』(原作:山本周五郎)の昼の公演を観た。

http://www.ne.jp/asahi/kurotent/tokyo/

自分でいうのもなんですが、

ディープな川島雄三監督ファンですから、

もっちろん『青べか物語』には、

かなりの思い入れがあります。。。

しかも演出と台本が鄭義信さんとくれば

御招待下さる話を聞いてすぐに

「行きます、行きます、行きますとも……!」

とほぼ即答状態。

黒テントの公演は京都に居た時代から、

なぜか節目節目に観ている気がする。。。

しかもいつも一人で……。

今回は「バカやつら~!」という怒号が

頭に残った。

やっぱ、

軽妙洒脱+俗悪美=生理的魅力。

これには男女年齢信条まったく関係なし。

(と思いません?)

そんなことをチララチと思いながらの二時間半、

堪能させて頂きました。

公演終了後、女優さんと少し話をして

その後、喫茶店で紅茶をひとすすり。

少しあったまったので、走って日本出版クラブ会館の

「西山利佳さん・奥山恵さん第一評論集出版記念会」へ。

終始なごやかで、ユーモアに溢れた良い会でした。

終了後、飯田橋で本日最後の打ち合わせ。

薄着のせいか、睡眠不足なのか寒くて寒くて

仕方がない。

帰ってきて、こたつでバタンQ~!

今年は、寒い冬ですが、皆さんも風邪ひかないように~!

(ってこたつで寝てしまう私が言うことではありませんね!)

追伸。。。

西友で1980円で売っていた、ほぼ着ぐるみのような

起毛パジャマを愛用しておりますが、

これがなかったら、今年は乗り切れなかったかも。

自分がぬいぐるみになったようで、

ぬくぬくしますよ~。

(さみしがり屋さんには特にオススメです☆☆☆☆☆)

吉祥寺バウスシアターで、タイのアピチャッポン監督の映画特集を

やっているので、これは絶対観なくては……!!!!!

http://www.baustheater.com/joeichu.htm

アアンド、

モンティ・パイソンが映画の新作を作るんだとか!

http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2853718/8373474

1月27日新しい風

お昼過ぎから中野で打ち合わせ。

なんだか楽しいことになりそうな予感……!!!

最近、面白い方との出会いが増えている。

以前にもまして、正直に話をしているからかな。

同じ感覚を持った人が集まってきて、

人生レベルで考えると

濃度が濃くなった感じ。

つい先日、井上ひさしさんの

『四十一番の少年』を読んでしまって、

ものすごーーく尾を引いている……。

夕方。

文京シビックセンターで、読書の会が主催する

児童文学評論家の赤木かん子さんの講演会へ。

赤木さんの本は何冊か読んでいて、

この度、たまたま教えて下さる方があり、

今回が初めての参加。

タイトルは

「15歳と16歳でもわかりあえない?世代のちがいと本づくり」。

18:30~21:00前まで、いやあ~実に濃厚な時間!!!

日本、アメリカ、イギリスの児童文学の変遷を

映画と絡めて話をされたのが興味深かった。

しかも、今日出た映画のタイトルは、

懐かしい青春時代のものばかり。

聴衆を一気に掴んで、ぐいぐい引き込んでいく

赤木さんのお話はとても興味深い内容で、

現在進行形の感覚を大事にしつつ、

史的システムを客観的に捉える目を

持たなくては……と痛感。

実際、なんだか嫌だなあ……と生理的に思うものは

時代とズレていたり、

妙に保守的な古い感覚であったりする。

「こうでなければならない」

なんていうのに捉われていると、

終わっちゃうので気をつけないと。。。

赤木さんが最後にアプリの話をされて、

私の周辺でもはっと思い当たることがあり、

今日は、非常によいタイミングであった。

去年の暮れからまた視力がガクッと落ちて、

今日はあまり見えない古いメガネをしていったせいか、

はたまた、

人の顔を覚えるのが実は少々苦手なせいか、

以前お会いしている方にも

きちんとごあいさつができなくて

誠に申し訳ありませんでした。

この場で大変恐縮ですが、深くお詫びを申し上げます。

(なにとぞお許しを~!)

その後、後楽園の駅ビルの6階にある

『北海道』という居酒屋で、

正進社で道徳の副読本の編集をしている西原さんと、

座・高円寺の企画・制作をしている和泉将朗氏(いずみん)

と三人でプチ新年会。

西原さんは、関西二期会にもいらしたので、

オペラや演劇に造詣が深いので

いずみんが持って来たチラシを前に

話がどんどん拡がる、拡がる……!!!

みんな満腹になっていたけれど、

何気なく頼んだデザートがあまりにおいしいので、

リピート&リピート……!!!

う~ん、幸せ~!

いずみんとは、もうかれこれ10年の付き合いになるが、

地人会時代から、演劇ひと筋に打ち込んでいるのが

偉いなあ~と思う。

私が作った『野犬新聞』(なぐり書き新聞)に対抗して、

出会った翌日に『飼い犬新聞』を作ってきたあのパワーは

今も衰えず!

西原さんの新しい「道徳副読本」の話を

少し聞かせて頂いた。

新進気鋭のアーティストの方を起用した

アート感満載だとか!

「これが道徳?」というくらいセンスが良いのは

言うまでもない。

常に時代は変わり、人間は進化しているのだということを

掴んでいるからだろうなあ……と感心した。

私も古い価値観に縛られることなく、

がんばらなきゃ!

ってことで、プチ新年会の写真をUPしますので、

よかったら見て下さいね!!!

左から、和泉氏、私、西原さん。

手にしているのは、あきれ顔の店員さんをムシして

リピートしたかぼちゃプリンです。

Pt350038001001

いいお席に通してもらってゆったり過ごしました~!

Pt350035001001_2

いずみんが食べているのは、パンみたいなのを揚げて

小倉あんと生クリームがそえてあるもの。

「腹いっぱいだよ~」と言いながら、いずみんは二皿ペロリ。

Pt350036001001

下の格好を見て、

「『仮面の忍者赤影』まんじ党編に出てくる

「黒道士」を思い出すなあ~」と言っても

三十代半ばの二人にゃあチンプンカンプン……

でした。(涙)

「黒道士」、まんじ党七人衆の中では、

一番人間臭かったような気が……!

西洋パラソルをくるくる回して

凧に乗った白影との空中戦がインパクト強かったなあ~!!!

Pt350039002_4

まずは

新年会おつかれさまでした~♪

1月25日さようなら。テオ・アンゲロプロス監督。

24日、テオ・アンゲロプロス監督(75)が亡くなった。

しかも『もう一つの海』の撮影中にトンネル内で

交通事故に遭ったとか……!

20世紀を振り返る三部作が完成しないまま、

亡くなってしまうのは、誠に惜しい!

画づくりにこだわる監督はたくさんいるけれど、

本当に村を作ってしまったり、

CGを使わずに大量の水を使って洪水シーンをやりきる

監督(そんなワガママが許される監督)なんて

これから先、出てくるんだろうか……?

完成していたら、

きっと後世への文化遺産になるはずだったのに。。。

初めて『旅芸人の記録』(1975)を観たのは

十代の終わりだった。

『ロードショー』だったか『スクリーン』だったか

『キネマ旬報』だったか忘れてしまったが、

当時愛読していた雑誌の写真を見て、

いてもたってもいられなくなったのだ。

『旅芸人の記録』は、

ストーリーを追うことが苦痛だったが、

圧倒的な画づくりに意味もわからず魅了された。

そして20代で出会った『アレキサンダー大王』は、

3回も映画館へ通うくらいのめり込み、

乾いた大地に響くラッパの音に心を震わせた……。

以前、『シナリオ入門』というムック本のアンケートで

「テレビと映画の違いを教えて下さい」というのがあり、

私は「映画は象徴と呼吸」と答えたのだが、

実は、この映画から大きな影響を受けているのだ……。

ちなみにテレビは「思いで押して書く」と答えたハズ。

これは師である宮川一郎先生が教えて下さったこと。

30歳に突入し、東京へ来てしばらくした頃、

満員の映画館で立ち見で

『永遠と一日』(1998)を観た。

先行していた話題性に反して私の感想は、

「あれ、ちょっとゆるんじゃった?」。

でも、創作者の心は、

常に変容し続けるのだと

後に実感することになる……。

(私はたいした仕事はしていませんが)

実はまだ『エレニの旅』(2004)を観ていない。

たぶん、追悼上映がされると思うので、

映画館で堪能したい。

スクリーンに映し出される光を浴びに

行くのだ。

1月23日一日動き回っておりました。

お昼。

目黒のAPUでアンパンマンショーのアフレコ。

みなさん、ホントにおつかれさまでした。

アフレコの後、

MPSの野村さん金本さん、

ハミングバードの高山さん、小笠原さんと

「市場食堂とっつぁん」でお昼御飯。

キンキンした声のおばさんが

仕切っている内装のガチャガチャしたお店だが、

なんだか居心地が良い……。

私の好きなある種の

「余計なアミューズメント感」があるからかな?

店の人の思いこみといいますか、

過剰なパッションといいますか……。

「まりちゃんのナントカ」というメニューがあったけれど、

もしかするとあのキンキンした声のおばさんが

まりちゃんか……?

いずれにしても、リピ間違いなしの「名店」にゃあ

違いない!

あ、そうそう、

先週もアフレコの後、

みんなで目黒駅近くの中華料理屋でお昼を食べ、

ここはおかず取り放題、(取り過ぎてまんぶく~!!)

デザートに杏仁豆腐、

コーヒー飲み放題だったが、

なんと、「とっつぁん」も

味噌汁おかわり自由、(ごはん&漬物もだっけ?)、

そして、

デザートに杏仁豆腐、

コーヒー飲み放題!

ときた!

ここいら辺(目黒駅周辺)は、

ランチ充実してるなあ~!

これで700円とか800円なんだもん。

単なるお昼ご飯ではなく、

アミューズメント感バッチリなおかげで

会話も弾む弾む。

影響受けやすい私なんぞは、

余計な話をしまくりです~!

(単純でスイマセン~!)

みんなと別れた後は、

品川経由でお台場方面へ出て、

日本科学未来館でやっている

『ウメサオタダオ展-未来を探検する知の道具-』へ。

民博でやっていたものが巡回してきているのだ。

関西に居た頃は、よく民博へ行ったけれど、

東京へ来てから「博物館そのもの」に足を運ぶ機会が

ぐっと減ってしまった。

人が多くて嫌になるせいかもしれない。

本当は1/20にやっていた

村上陽一郎さんと松沢哲郎さんの対談を

聴きたかったのだけど……。

今日は雪の予報が出たせいか人もまばらで、

ゆっくりと梅棹忠夫さんのフィールドワークの軌跡を

観ることができた。

実際に梅棹さんが使っていらした

カードやノートなども

再現されていて

なかなか興味深かった。

特に本を執筆される際に

メモ書きから目次を作る過程において

どういう思考を経て作成されるのかが

示してあり、これは大いに勉強になった。

「独創はインスピレーションである」ということ、

そして「未知のものへのあくなき探求心」

この二つが印象的だった。

1993年3月24日に行われた

梅棹忠夫館長退官記念講演「民博創設における理念」の

ビデオを観た後、他の常設展示をさっとチェックして

一階のロビーの寝椅子に寝転んで

地球型のマルチスクリーンを下から眺めて

少しリラックスした後、

巡回バスで再び都心に戻った。

あ~おもしろかった!

Pt350033_480x640

夕方。

外苑前のベルコモンズ横の喫茶店で、

仕事の続きをしているうちに約束の時間が来て、

今、仕事をご一緒している方々と一緒に

南青山MANDARAでやっている

声優の佐久間レイさんのライブへ。

実はレイさんとは昼間もAPUで会ったのだが、

ステージに立つレイさんは、

もうほんっとにあでやか~!!!

歌もいいし、トークもなごむ。。。

もうこのライブは10回目だとか。

う~ん、時が経つのは早いなあ……。

レイさんおつかれさまでした!!!

ライブの後は、雪が降り積もる中、

居酒屋へ行き、

みんなで仕事の打ち合わせ方々、

終電ぎりぎりまで

おいしいごはんに舌鼓を打つ。

そば粉ピザ、おいしかったなあ~!

帰ったら、駐輪場に置いておいた自転車が

雪に覆われていた。

新しい家に戻る道はあまり人が通らないせいか、

新雪状態。

まっさらな雪の上に足あとをつけるのは

いくつになっても嬉しい~!

1月21日手紙

名取裕子さんから、先日、舞台の終演後に撮影した写真とお手紙が届いた。

達筆なのはもちろん、お気持ちのこもった文面に、感じ入ること多々……。

『人情馬鹿物語』を朗読された舞台もよかったが、こうしてお手紙を頂くと改めて、あの時の想いが蘇ってくる……。

あの時というのは、1月5日に観た舞台のことでもあるし、宮川一郎先生がご生前、『人情馬鹿物語』を私に下さった時のことである。
あれは六年ほど前、昭和九年会の映画の企画をやっていた時だ。

正月3日から打ち合わせがあり、その日はからっ風が強く吹いていて、先生は私に風が当たらぬようにとのご配慮から、先を歩いて下さった……。


そんな優しい気持ちと気持ちのふれあいを、今に求めるのは難しいのかもしれないし、相手を信じ、無防備でいると失望することも多いけれど、やっぱり、私はこれからも同じスタンスでいたい。


名取さんからのお手紙に、想いを固めた次第です。

ちなみに私は『人情馬鹿物語』の中では、『深川の鈴』がとりわけ好きです。

1月19日おったのしみに~!

ようやく引っ越しも一段落でございます……。

てなてなコトを言っているその矢先に

本を背の高いつっぱり本棚に詰めて

ふう~っとひと息ついた途端に

ドシャーーーーッと崩れてきた!!!

あ~あ、もう……。(へこむ~!)

一からやり直しだ~。

でも、本を片付けながら、

ちょっとつまみ読みしてみたりもして。。。

(至福のひとときでもあります)

佐野洋子さんの『私はそうは思わない』(ちくま文庫)は

忙殺されていた頃に読んで、

人間らしさを取り戻すきっかけをくれた本。

こうしてみると本棚の再構築も悪くないかも……!

先日のアンパンマンショーのアフレコは

みんなで大笑い!!!

終わった後におなかが痛くなるアフレコって

初めてでした。

一年くらい前から

リトミックに興味が湧いてきて

なんとか今度のショーに入れられないかなあ~と

思っていたのですが、

関係者のみなさんがホントに良い環境を作って下さり、

ノリノリ気分で脚本を書くことができました。

途中、私の周囲で入院騒動や、

その他いろんなことがあって大変でしたが、

折々に御配慮下さった方々に厚く御礼申し上げます。

そして!

やっぱり、みんなで力を合わせて

ゼロから何かを産み出す作業は

楽しくってやめられません~。

アンパンマンショーは全国公演をしているので、

遠く離れた友人たちから

「子どもと一緒に『おくらちゃんとおいしいおやさい』を観たよ~」

という連絡が来るのが嬉しいです。

長年連絡をしていなかった友人とも

こんな形でまた繋がっていくのも

なんだか照れるけれど、

やっぱり

昔、仲良くしていた時のことなんかを

思い出すから、いいなあ~。

春からスタート予定の新作も、

ぜひおったのしみに~!

1月16日アンパンマンショーのアフレコ

朝。
中野で打ち合わせ。
引っ越しによる筋肉痛が少し……。
なんのなんの、がんばるぞ~!

お昼から、目黒のAPUにてアンパンマンショーのアフレコ。
声優のみなさま、ノリノリで演じてくださいましてありがとうございました。


1月15日アマネさん

奈良の報恩寺で住職をされている

アマネさんから夜10時に入電。

被災地支援の会で、東京(高田馬場)に来ているので

「今から会いまへんか?」とのこと。

あ~残念!!!

いつもならいきなり大歓迎なので

OKなのだが、

今日は、引っ越しの荷ほどきの真っ最中……!

アマネさんとはもう17年の付き合い。

かつて私が京都に居た頃、

ちょっと変わった散策記事を書いていた頃に

知り合い、東京へ来てからは

闇夜で刀を振り回すように

がむしゃらに動き回っていた時も

心身共に支えてくれた御恩、

けっして忘れませんよ~!

(無茶ぶりばかりでスンマセンでした!)

おかげさまで

なんだかんだと続いているのも

アマネさんの広~い御心のおかげです……。

私の心の中にあるアマネ像は

阪急電車の中で

よれよれの仏像のトレーナーを着て、

哲学的な話にふける爽やかな青年。

そんなアマネ氏も

今や三人姉妹のパパ……。

今年の年賀状も賑やかそうでした。

時が経つのは早いなあ……。

大勢の人と知り合い、

大勢の人と別れていくけれど、

ずっと続いている人とはずっと続く。

これが縁(えにし)というものか。

「アマネさん、今度、大勢でお寺に泊りに行かせてね」

などとまたまた厚かましいお願いをする私。

今日はやっとこたつを出すことができて、

ほっとひと息。。。

しかし、まだまだ出していない荷物が……!!!

このところ、一日中肉体労働だ!!!

がるる……っ!!!

1月13日ハッスル!

今年のアンパンマンショーの新作の

アフレコ台本が届きました。

皆々様、ホントにホントにおつかれさまでした。

昨年の『おくらちゃんとおいしいおやさい』は

仕事関係の方や、友達(大人~子どもまで)にも

たくさん観に来て頂いて、感想もたくさんもらって

今回もまたハッスルして書きました。

(ダンス満載、ノリノリで~す!)

アフレコが楽しみです!!!

1月9日設定終了しました!

もろもろ設定終了しました。

仕事関係&友人の皆さま、ご面倒おかけしました。

家電も、ネットも繋がりますので

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

今日はずっと前の住居の残りの荷物の整理と

掃除。

実は自分が掃除好きなのを思い出した。

塵を払うと心の塵も払える。

幼い頃から祖母や、

親戚のおばちゃん達に

テッテーテキに仕込まれているのだった……。

ここで変な文章になるのは、

そんな自分を忘れていたため。

でも本質的なところは

ふとした拍子に出てくるもんなんだなあ。。。

夜。

前の住居に残した(引っ越し屋に残されてしまった)

荷物をまとめ終わったところで、

昨日も来て下さったSさんが、

新車のルノーで駆けつけて下さった!

サンキュー、サンキューです!

実はSさんは、

若くて実力バリバリの売れっ子のゲームの

グラフィックデザイナー。

うちなんかに手伝いに来て頂くのは、

ホントにホントに申し訳ないし、

いやいや、その前に

ゲーム業界に申し訳ないのだが、

時間がないのに来て下さってホントにすいません。

昨夜お手伝い下さったMさんからは、

ももクロのオススメ動画が来ていた。

なんと漫画にもなるらしい。

http://mantan-web.jp/2012/01/05/20120105dog00m200045000c.html

う~ん、平均年齢15歳!

凄い動きだなあ……!

おかげでなにか吹っ切れたというか、癒された。。。

Mさん、Sさん、この度はありがとうございました!

新しい部屋は快適です!

1月8日18回め☆

やっと新居に荷物を運び入れました~!

(う~ん、つかれた~)
前夜、夜の11時から朝方までお手伝い下さったMさん、

夜中にも関わらず駆けつけて頂き、

あまりの惨状に驚いていらっしゃいましたが、

心細い思いでひたすら荷物を詰め込んでいた私は、

感涙いたしました……!

途中(夜中の二時)、YOUTUBEで観た

「ももクロ」の一生懸命なダンスに励まされ、

私も(心の中でですけども)エビぞり!しました~!

そして今日、早朝から「おはよっス!」と駆けつけて下さったSさん。

買ったばかりのルノーが

うちの安物の靴(またたくさんあるんですよ、これが~!)で

汚れるのも厭わず、

がんがん運んで下さり、「かっけぇ~!」と思いました。

おみやげにきびだんごまで頂いて自分、マジ、恐縮してます!

今回は、年始の引っ越しなので、どなたにもご迷惑をかけてはならぬと、

お手伝いを頼まなかったのですが、

MさんとSさんが前夜に声を掛けて下さった。

まさに地獄で仏とはこのこと!

思いも寄らぬ時に、思いも寄らぬご親切をありがとうございます。

私、今回生涯で18回目の引っ越しになります。

京都→大阪→京都→東京となります。

ところですみません、ネット環境がまだ繋がらなくて……。

明日、プロバイダーに聞きながらやる予定です!

ひかり電話の登録の仕方がわかんなくてお手上げです。

なので家電もまだ繋がりませんが、もう少々お待ちを!

(携帯から失礼しました!)

 

1月6日お知らせ

どうも~。

インド版『巨人の星』がめっちゃ気になってるよしだでーす!

ここでちょっとお知らせを。

1/8に引っ越しをいたします。

(もう、聞き飽きたよ~の声も……?!)

ので、

PC環境が整うまで、半日くらいかかりますが

ちゃ~んとご連絡いたしますので、

ご安心ください。

それでは、今後とも

よろしくお願い申し上げます。

1月5日日本橋劇場へ

午後。

日本橋劇場にかねてからブログでご紹介している
『人情馬鹿物語』(川口松太郎作)の朗読を聞きにいく。
今日の演目は『遊女夕霧』と『七つの顔の銀次』。

http://www.artistjapan.co.jp/lineup.html

痩せがまんの美学が失われつつある昨今、
人を人を思いやり、愚かであろうと愛を貫く話を
新年早々に聞くことが出来て
心が潤った……。

名取裕子さんのせつない表情に併せて、
新内剛士さんの三味線が艶っぽい音を奏でるのも
また粋で胸につんと来た。

終演後、みんなで名取さんを囲んで
お花の前で記念撮影。

名取さんの浅葱色の着物に黒と白の島の博多帯を
締めてらしたのが、とても素敵だった。

 

1月4日申し訳ありません。

早々に年賀状を下さった皆様、

本当にありがとうございます。

年末からドタバタしていて、

引っ越しの用意などで遅れておりまして

誠に申し訳ございません。

でも、年賀状ってやっぱ嬉しい~!!!

私も落ち着いたら書きますからね~!

……………………

引っ越し編でござるよ。

うわあ、もう肉体労働ばっかだ~!

荷づくりというより、

捨てるものをガンガン袋に詰めて

かなりな重量になっているのを

肩に担いで階段を降りて……

あ、うち、四階なんですが、

なんと階段なんですよ~!

(毎日が山登り状態でした~!)

また階段駆け上がって……

の繰り返し。。。

ダイエットになったかって?

まさか~!

ストレスから、料理ばっかやって(私のストレス解消法)

ぜんっぜん痩せませぬ……!!!

お正月からキャラメリーゼっぽい焼きリンゴに、

あじのエスカベッシュに、

揚げ餃子に揚げニンニク、

聖護院大根の煮もの……と

食べてばかりでございます。

バランスよく食べているせいか

風邪はひきませんが、

なんだか、輪郭がぼやけてきたような……!

う~ん、いけませんね。

途中、MPSの森田さんがサンシャインでやっておられる

『まどか☆マギカ展』のメールを読んで

「行きたいなあ……」とため息。。。

等身大のフィギュアが人気あるそうですなあ~!!!

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52514786.html

なんかね、こういうパッとしたことないと!!!

さて、もう一丁、がんばりますか!!!

2012年1月1日謹賀新年!

あけまして

おめでとうございます!fuji

旧年中は、皆々様に大変お世話になりました。

いろいろなことがあった一年でしたが、

おかげさまで、仕事もプライベートも

温かい心を持った方々に囲まれて

幸せな気持ちで過ごすことができました。

けっして楽観視できる情勢ではありませんが、

できることを精一杯やっていこうと思っております。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。shineshineshine

                2012年 辰

                     よしだあつこ拝

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »