« 10月1日チャージ | トップページ | 10月11日ありがとうございました! »

10月3日八幡山~吉祥寺へ

朝から壊れたエアコンの修理に来てもらい、

その後、原付で上高井戸歯科医院へ。

ここに来るといつも

「仕事」というものに対する覚悟に

ついて考えさせられる。

通い始めてから、途中、間は空いているものの

もう7年が経つけれど、

ずっと変わりなく真剣勝負。

そういう潔いスピリットに触発され、

いつも帰りは清々しい気分になる。

遠いところからわざわざ新幹線や飛行機を使って

通う人が多いのも納得できる。

午後、八幡山のオオゼキで買ったかつおを

たたきにして自宅で昼食を食べた後、

武蔵野市立吉祥寺美術館の『生誕100年南桂子展』へ。

http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/

京都の出版社に居た頃、

浜口陽三さんの銅板画がずっと壁に飾ってあったので、

いつかは、パートナーである南佳子さんの作品を

この目で見てみたいと思っていた。

南さんの作品に出てくる少女は、

どことなく淋しげなまなざしをしていて、

そのたたずまいも儚いけれど

凛とした存在感がある。

幼い頃にご両親を亡くされた南さんの

視線なのだろうか。

少女の他によく出てくるモチーフは鳥。

1958年のユニセフのクリスマスカードになった

『平和の木』には

二羽の鳥が対をなして木に止まっている。

木はユーカリかな?

(少し木がしなっている)

それぞれ別々の方向を向いていても

ちゃんと互いを存在を確認し合っているように見える。

真のバランス感覚(調和)とは、

過度に確認作業をしたり、依存し合うのではなく、

存在を尊重し、信頼し合うこと。

そんなことを強く感じた。

今回は、貴重な原版を見ることができたが、

前期と後期で銅板画が入れ替わったそうなので、

できれば前期の展示も見ておけばよかったと後悔した。

帰りには、階下にあるマザー・リーフで

ウバを飲んでゆっくりくつろぐ。

ここはポットサービスで来るのが嬉しい!

Hi3d06670001

ところで、

前回ブログに書いたキャニオリング(カラダひとつで渓流を下る!)

ですが、いろいろ調べたら、

水上でやっている

「ハナゲの滝コース」が面白そう!!!

ガイド&スウェットスーツ等一色レンタル込みで

8000円というのもお手頃……!

もっちろん、

「ハナゲの滝」というネーミングに惹かれるのですが……!

http://www.canyons.jp/jp/tours/summer/canyoning/minakami/hanage-canyon

« 10月1日チャージ | トップページ | 10月11日ありがとうございました! »

よしだあつこ」カテゴリの記事