2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

8月31日おれはなにわのライオンや

『おれはなにわのライオンや』(文渓堂)という絵本がある。

作はさねとうあきらさん、絵は長谷川知子さん。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%AB%E3%82%8F%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%84-%E3%81%B6%E3%82%93%E3%81%91%E3%81%84%E3%83%BB%E7%B5%B5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%B0-%E3%81%95%E3%81%AD%E3%81%A8%E3%81%86-%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89/dp/4894230712

戦争に反対する絵本はたくさんあるが、

明るい絵柄とシビアな内容が相対しているのに

心ひかれて手に取ったのだが、

スピリットがすうーっと胸に入って

いつまでも残るのがフシギでならなかった。

今年の春、画家の長谷川知子さんになにげなく

その旨を伝えた直後、

東京芸術座で『おれはなにわのライオンや』が

舞台されるご案内を頂いた。

さねとうさんからもご丁寧なお手紙を頂戴して

とても楽しみにしていたのだが、

震災で延期になってしまったが、

今日から、新宿の紀伊国屋ホールで上演されています。

作はさねとうあきらさん、演出は杉本孝司さん。

くわしい内容はこちらをどうぞ。

http://www.tokyogeijutsuza.co.jp/leo/leo.html

私は明日、観に行きます!

長谷川知子さんを通じて、

文渓堂さんが御招待下さったのです。

東京芸術座の制作の田口さんからも

あったか~い文面のメールを頂き、

なんだかとっても楽しみになりました。

たまたま手に取った一冊の絵本を好きになり、

たまたまその絵を描いている人と知り合い、

その舞台を観に行くことができるなんて!

なんてラッキーなこと!

8月28日乱れ乱れて

今日はタンクトップにブラウスを羽織っていたのだが、なんか胸元のあき方が変だなあ~と思ってたら、タンクトップを後ろ前(逆ってことよ)に着ていた!

あ~なんてアホ~!

今日は何人もの人と会っているというのに……!

おまけにブラウス、買ったばかりなのにボタンがブチブチ取れるし……。

というワケで乱れに乱れた服装の私でした。

タイトルで期待した方、すいません、こんなハナシで。

あ、あたしに期待なんかしてない?

にゃあるほど~!

 

夜。アンパンマンショーの感想がたくさんの人から送られてきた。

よみうりランドで公演があったのだ。

「直接子どもの反応が感じられる仕事は貴重ですよ」

と言って下さった方もいるが、

まったくそのとおりだと思う!

私には子どもはいないけれど、

こうして自分の書いたものを

ちゃんと見て下さる人に囲まれてること、

そして、書いたものを喜んでくれる人に

恵まれていることが幸せだ。

そして時折、「一緒になんかやろう」と

声を掛けてくれる人がいることも。。。

一個のことしかできなくて

集中している時は、ホントに服装のことも

ごはんのことも、なんもかも

なおざりにしてしまう私。

まあ、それでもいいっか……。

乱れ乱れて

心も躍らせて

生きているうちに、自分がおもしろいと思っていることを

いっぱい残していこう!

8月28日ふふふ

ブログをしばしお休みしていたら、たくさんの方から連絡があり、ホントにありがたいことです!

私は……といいますとハッパをかけて下さる諸先輩方に感謝しながら、もう~ひたすら仕事モードですが、ハッと思い立ち、立川まで『かいけつゾロリ』のミュージカルを観に行ったり、俳優の渡瀬恒彦さんと中島貞夫監督のトークに行きそびれて泣きそうになったり、腱鞘炎で手首が死ぬほど痛くなったり、ここ数年にかき集めた資料を整理するのに飽きると、知らない駅周辺を探索したりしています。

最近、とても優しい心を持った女の人と出会いました。
関係性に嘘がないのは幸せです。

ふふふ……と思わず笑みがこぼれました。

8月20日お休みしています。。。

ちょっと仕事に専念していますので、ブログをお休みしま~す。

Cocolog_oekaki_2011_08_21_03_17

8月14日お盆の過ごし方

昨日は一日中本を読んでいた。

『ミヒャエル・ゾーヴァの世界』、『ずるやすみにかんぱい!』、

『日本夢文学志』、『ふがいない僕は空を見た』、『家族新聞』……と

ジャンルもバラバラ……。

みなさんはどんなお盆を過ごしていますか?

8月13日ついつい

今日は昨日の麻辣刀削麺が

『海森』の沖縄料理を通り越して

まだ胃に残っているいる感じがして、

どうもちゃんとした食事をしようという気になれない。

だったら食べなければ良いのだが、

一度食べるとヤミツキになるのが

「辛いもん」の宿命。

カレーだってそうだけど、

辛い辛いと言いながら

食べるものには、ついつい

征服欲を掻き立てられてしまう。

食べ終わった後の達成感を

考えるとがんばってしまうのだ……。

山登りも好きなんだけど、

同じ理由。

今日はまどみちおさんの詩集

『宇宙のうた』(かど創房)を読んで過ごす。

二年前、銀座の教文館でやった

『ぞうさんの詩人まどさん100歳展

-ぼくがぼくでよかったな-』

に行った際に買い求めたものだ。

「空」というタイトルの詩を読むと

いつも胸が痛む。

後悔することが多いからかも……。

今、この瞬間、

同じ空を見上げているあなたのことを

思い出すから。

8月12日新宿を歩く

朝から新宿でひと仕事。

お昼は、このあいだ行きそこなった

西口の『刀削麺・火鍋  XI’AN 』で、麻辣刀削麺へ!

暑い時こそ、辛いものを食べるのだ!

だいだい一人の時は

今ハマっている麻辣刀削麺なのだが、

この店では一人客は、大きな丸テーブルを

赤の他人様と囲むことになる。

人間観察が大好きな私としては

それもまた楽しみのひとつ!

オーダーを聞きに来た店員さんが

「パクチー大丈夫ですか?」

と訊いてきた。

パクチーは、大大大好きなので、

「大丈夫です!多めにドバッと入れて下さい!」

と頼む。

すると、私の座っているテーブルの人達がみんな

「パクチー多めに」と言い始めた。

これって偶然……?! それとも?!

で、来たのがコレ。

Hi3d05840001


うまそ~!!!

別皿で来たパクチーをドバッと丼に放り込んで、

さあ~食べるぞ~と勢いをつけて食べたのが

まずかった~!

喉の変な所に辛い辛い唐辛子が入ってしまい

ゲホゲホが止まらない~。

まだ一口しか食べていないのに……!

テーブルを囲んでいるカッコイイお兄さんや、

オシャレなOLさんがジロジロ見ているけれど

だーれも助けてなんかくれない。

(ホントは「背中叩いてくれ~!」と叫びたかった)

仕方ないので、大きく深呼吸したら

なんとか唐辛子が通過した。

あ~よかったよかった。

味はなかなかおいしかったけれど、

石森史郎先生達と高田の馬場の『天一房』で

食べたのが、今のところイチバンかも。

その後、新宿武蔵野館で、以前から観たかった

『ちいさな哲学者たち』を観る。

これはフランスの教育優先地区にある

ジャック・プレヴェール幼稚園で2007年に

3歳~5歳の子どもに哲学の授業をした模様を

ドキュメンタリー映画におさめたもの。

子どもが自分と他者との境界をまだ認識しきれていない

発言がおもしろかった。

自分で考えることの大切さ、これからの日本(の幼児教育)には

絶対的に必要だと思う。

でも、たぶん取材した膨大な記録から、

いいとこだけをつないで作った感もあり

映画自体は平板でつまらなかった。

たぶん、すんなりうまくいかなかったはずなので、

そのあたりをじっくり見せてほしかった。

泣いたり怒ったり、たたいたり、謝ったり、笑ったり。

そんな生き生きとした表情を観ているだけで

こちらも哲学できたのに……!

核心に触れないまま、終わってしまった。

あ~もったいない。

ただ、午後4時からの回にもかかわらず、

満席だったから、人気はあるのね……。

新宿武蔵野館ではロバート・アルトマンの

『ナッシュビル』(1975)も上映している。

こっちも観なくては……!!!

DVD化されていないし!

帰りにはジュンク堂に立ち寄り、

阿部和重さんの『ピストルズ』を買い、

夜は新宿三丁目の沖縄料理『海森』へ。

末広亭にもしばらく行っていないなあ……。

8月11日熱風

朝から猛烈に暑い!

買い物は生協の宅配をお願いして、水はアマゾンで2ダースまとめて買いにしてから、ずいぶん楽になった。

昔は暑い中、買い物にでかけて、重い荷物持って帰ってきてよくダウンしていた……。

乾燥までやってくれる洗濯機に食洗機。
こういうスグレモノ達が、仕事をする上でどれだけ救いになっているか!

でも、幼い頃からモーター音が異常に気になる哀しい性……。とくになにかに集中しなきゃいけない時は、どーもだめ。

なので、便利な家電をあえて使わず、手でお茶碗やブラウスを洗ったりしつつ、うんうん集中して、夜七時半くらいに入稿を終えた。
ほっ!
ユニークで才能溢れるメンバーで形成されたチームなので、なんだか面白いことになりそうな予感!
夕方、チーム内の代理店の方と電話で、談笑したおかげで弾みもついた♪
ホントにみなさん、いいムードを作って下さり、ありがとうございます。
お調子者の書き手は、ノリ次第でいくらでもやります。


入稿後、モーター音がだめ……なハズなのに、矛盾のカタマリになりますが、大好きな原付(ケロ4号)を飛ばして杉並区中央図書館へ。

予約を入れていた数冊の本を受け取り、読書にふける……。
次はルイジ・ピランデルロの本を読もう。

ちょっと疲れた。
例年なら海水浴に行くのだが、今年はさすがに放射能が心配。

新たなリフレッシュ法を探さなきゃ。


8月10日猛暑~!

ひゃあ~暑い!

京都では昨日38度を記録したとか!

お昼。
六本木で相模女子大教授の宮澤乃里子さんと待ち合わせて、美林華飯店でランチ。
黒酢酢豚と冷麺をシェアして食べながら、たくさんお話しをした。
宮澤さんは、さわりを話すだけでさっとご理解下さるので、有り難い!


神奈川近代美術館でやっている安野光雅美術館の10周年を記念した『安野光雅展~アンデルセンと旅して』のご案内を頂いた。(8/6~9/25)ぜひ行ってみようと思う。


午後二時からは、同じく六本木で、昨夜に続く打ち合わせ。
昨夜は荻窪で遅い時間まで打ち合わせて、みなさん疲れていらっしゃるにも関わらず、熱気ムンムン!!

だんだん形になってきたので嬉しい~!


8月9日好きなもの

『ハロルドとモード』にハートを射抜かれてから

同映画の楽曲を担当したキャット・スティーブンスばかり

聞いている。

言葉に酔うことのできる至福のひととき……。

『早春DEEP END』のテーマ曲の素晴らしさをぜひ

YOU TUBEでご確認あれ!

幼いころは、親にも近所の人にも友達にもいじめられて

「早く死にたいなあ」と思っていたけれど、

最近は、「80歳を越えても現役で仕事をしていたい」

と思うようになった。

ちょっといい傾向だと思いません?

松田昭三先生から、新藤兼人先生の新しい映画

『一枚のハガキ』の試写会の模様が、

ハガキで三度に渡って送られてきた。

『三枚のハガキ』だ。

私は、松田先生に試写状を頂いておきながら

とうとう日程が合わず、

試写には行けなかったのだが。

まさかそれを怨んでおられるのではないだろうなあ……。

にしても、

続々とハガキ(内容は試写会のこと)が届くので

早くお返事を書かなくては。。。

しかしながら

週に二~三回、美文のハガキを頂くのは

目の保養になる。

100字程度で印象的に書くというのは

【元祖ツイッター】とも言うべきか?

最初に松田先生に出したのは

ダニエル・ダリュウのポストカード。

『うたかたの恋』に出演した時のポートレートで

京都で買ったもの。

音楽も映画も、今は過去の作品も並列に存在していて

もう新作とか、旧作というカテゴライズは

なくなってくるだろう。

面白いものを作れば、ずーーっと残っていくはず。

ところで、私、小難しい映画ばかりが好きなのではありません。

最近、スカッとしたのは、

話題の「SUSHI TYPHOON」(寿司颱風)の映画。

「SUSHI TYPHOON」は

来年創立100年を迎える日活が立ち上げた

アメリカ向けレーベル。

主なジャンルはB級アクション。

そもそも、「寿司」の響きだけでも充分笑える。

根本敬さんの『黒寿司』や、

このあいだの『サルサ寿司』(サルサ下北沢+寿司)にも

敏感に反応してしまう体質の私。

さっそく先日、

銀座シネパトスで『デッドボール』を観たけれど

あまりに徹底したバカバカしさにスカッとした!

戦国時代に宇宙人が襲来する

『AVN/エイリアンVS.ニンジャ』も超~楽しみ!

そもそも

『ベルリン忠臣蔵』とか『死霊の盆踊り』に、「ぐははは~」と

大笑いしていたクチなので、

無理やり、「なんかとなんかを足す」というギミックに

とっても弱いのだ……。(うぷぷぷ……!)

ああっと、山本政志監督の『スリー・ポイント』

見逃してしまった~!

大阪(シネ・ヌーヴォ)まで観に行くか?!

『ロビンソンの庭』が大好きだ!!!

『KUMAGUSU』は完成したら絶対行くのだ。

(和歌山の南方熊楠記念館には二回も行ったよ~)

http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/

 

今日は午後から荻窪で打ち合わせだ。

がんばろう!

8月7日リサとガスパールのショーへ

今日は、仕事で知り合ったお仲間五人と

関内ホールでやっているリサとガスパールのショーへ

行きま~す。

公演のタイトルは

『リサとガスパール オン・ステージ!ふたりは永遠の友達(トワトモ)』

http://www.lisagas.jp/stage/index.html

リサは釘宮理恵さん、ガスパールは小林由美子さん……と

人気声優さんが声を担当しているそうです。

また会場では新井宗平さんがバンドマスターを務める

生演奏もあるのだとか。

http://blog.lisagas.jp/?blog=241637

リサとガスパールは、

一時ハマりにハマって

家のドア(しかも外側!)に二人の肖像画を貼り付けたりも

していたので、今日はかなり楽しみ……!

おばはんになってきて、

だんだん子どもに戻っている気がしてならないが、

まあ、これもひとつの人生。

天衣無縫&無邪気な人が周りに集まってきて

なんだかとっても居心地良いから

それはそれでいいのかも……。

8月6日桃が届きました。

早朝から『ハロルドとモード』を観て

「う~ん、なんて面白い映画!」と

ため息をついていたら、

山梨の実家に居る雨宮尚子さんから

連絡が来た!

雨宮さんことあめちゃんは、

『MOE』に連載を持つ絵本作家さんにして

やなせスタジオのチーフデサイナー。

私もあめちゃんも

ちょっとしたことを

とことん検証するのが好きなので、

一つの事柄をあっちからもこっちからも

眺めて、いろんな推論を重ねるのが

楽しくて楽しくて仕方がないのだ。

どんなこともユーモアたっぷりに

結論が出るまで語り合うことができる人は

貴重な存在。

そんなワケで、

あめちゃんにゃあ、いつも感謝している。

あめちゃんからメールが来た直後に

『麗峰』という桃が届いた。

あめちゃんの実家の雨宮果実園からだ。

『麗峰』は、あめちゃんの好きな桃なんだそう。

皮のついたまま、がりりと噛んだら

芳醇な香りに包まれた。

桃って、色気のあるフォルムをしているけれど、

香りまで官能的。

今年は、夏の初めに

MPSの森田さんから『浅間白桃』が届き、

それを食べつくしたかと思ったら、

あめちゃんから『麗峰』が届いて

夏の間中、桃を楽しませてもらっている。

『麗峰』は、ただ甘いだけでなく

きりっとした酸味があり、

後味もスッキリしていて

まるであめちゃんのよう。

Hi3d0582

早く東京に戻ってきてほしいなあ……。

そろそろ

とことん節で話をしたいんだけど。。。

Hi3d05810001_3

8月3日アンパンマンショー@汐博2011

今日は、汐留の日テレ汐博の野外ステージで

アンパンマンショーの公演日。

午前11:30~と午後15:30~の二回。

私が脚本を担当した『おくらちゃんとおいしいおやさい』に

子どもたちがどんな反応をしてくれるかな……と

ドキドキしながら会場へ向かった。

午後の部はあいにくの雨だったけれど、

子どもたちから思った以上の反応があって、

ちょっとうるうる……。(涙もろいんです。。。)

かわいい声でみんなが声援を送ってくれるのを

聞いているうちに

「あ~この仕事やってよかったなあ~!」

という思いが込み上げてきた。

去年、お話を頂いてから約一年ちょっと。

大勢の人の力をお借りして、

ようやくこの日を迎えられたのが

もう嬉しくて嬉しくて……!

暑い日も寒い日も、(四季を共に過ごしましたね!)

たくさん意見交換して

思いを語り合い、ショーのために

真剣に取り組んで下さった皆々様

本当におつかれさまでした!

また、今日は不安定な天候にもかかわらず、

お忙しい中、足を運んで下さいました皆々様、

現場で「おおっす!よしださん、来たよ~!」

と声を掛けて下さった方々、

「あ~行きたかったのに~!行けなくてごめんね~!」

とご連絡を下さった皆々様、

ホントにホントに温かいお気持ちを

下さいまして、(私、泣き虫なもんですから)

涙が出るくらい嬉しかったです。

これからもありのままに、心のままに

体当たりで勝負!していきますので、

これからもよろしくお願いしま~す!

P1190063


野菜を大切に大切に育てているおくらちゃん登場!!!

P1190088

P1190069_3

P1190080

P1190071_4

P1190083

P1190065_2

P1190078


「せーの、よいしょ~っ!」

大勢のお客さんからも声援が……!!!

P1190091

P1190094_2

P1190076

「ばいきんまんさ~ん、はーひふへほ~!」

おくらちゃんは、ばいきんまんをいい人だと思っているのです。。。

 

8月2日パッション!

午後イチ。

六本木で打ち合わせ。

6名でテーブルを囲む。

大いに話して大いに笑う。

メンバーがよかったからかな?

今日初めてお会いした

CGクリエイターの方お二人は

とってもわかりやすい説明をして下さった。

良い仕事になるといいな!

帰りはもちろん、郷味屋刀削麺へ。

このところハマっている

麻辣刀削麺を食べるが、

どうも山椒の利かせ方がイマイチ……。

家に戻って『赤い髪のミウ』と『つづきの図書館』を

読んで、夕食。

その後、明日の準備をしていると、

児童文学者協会の一色悦子さんから

『絹の道殺人事件』の再放送を

二度観ました……とのメールが!!!

以前書いたテレ東の二時間ドラマで、

正式には『京女刑事真行寺メイ2 絹の道殺人事件』

http://www.tv-tokyo.co.jp/mystery/back_186.html

というのだが、一色さんと知り合ってから

まだ一年も経たないのに、

もう二度も再放送していたなんて……。

完パケがビデオなので、

再放送をDVDで保存したいんですけど、

どなたか録画していません?

(なあんて、甘っちょろいこと言ってすいません)

夕食の後、御中元で頂いたパッションフルーツを

食べた。

パッション溢れる人からもらったパッションフルーツなので、

情熱的な味がする……。

そういえば、今朝早く、

パッションまみれのメールが届いた。

以前、下北沢で『橘寿司』というお寿司屋さんを

やっていた人が、「サルサ下北沢」という

サルサ・バーをやっていて、

寿司屋時代から、他の追随を許さない

【パッション!】溢れる長い長いメールが

不定期に来ていたのだが、

寿司屋らしからぬ、アツい【パッション!】に

毎回シビれていたのだ。

寿司の味はそりゃもうアナタ、

天下逸品、かなりの腕前!

客筋も凄い人がたくさん来店していて

仕事の打ち合わせにもよく利用させてもらった。

そして、お値段もお手頃なのだ。

さらりといなせな粋人よりも、

TOO MUCHな人が大好きな私は、

みんなに「下北沢に【パッション!寿司】があるよ」

と「パッション!」に力を入れて宣伝していたのだが、

ノリノリのメルマガがさらにノリノリになったなあと思いきや、

寿司屋の店主から、サルサ・バーの店主になられていたとは……。

ちなみに橘寿司は、現在、お父上がやっていらして、

今もおいしいお寿司を握られているとか!

しかし、この柔軟性、これから生きていく上で

非常に大事な気もしてきて……。

私の人生、愉快な人にどれだけ会えるか、

実はそれがイチバン楽しみです!

<おかえりなさい武中さんの会>

NHK奈良から、広報局に制作部長として戻ってこられた

武中千里さんの「おかえりなさい武中さん会」を

下北沢で決行した際、二次会で「サルサ下北沢」へ。

メンバーは、武中千里氏、

ROBOTの野村辰寿さん、千尋さん(ちひろっく)ご夫妻、

私、他2名の6人。

↓のお店HPの男性が店主の後藤さん。(パッション!)

<サルサ下北沢>

http://www.tengoo.jp/g10003/

寿司の腕前も超一流なら、サルサの腕前も超一流!!

8月1日☆8/3(水)アンパンマンショーのお知らせ☆

いよいよ8月!!!

いきなりで大変恐縮ですが、お知らせです。

8/3(水)に私が脚本を担当した

アンパンマンショーの公演が

日テレで開催中の汐留博覧会の中で

行われます。

タイトルは「おくらちゃんとおいしいおやさい」です。

今回は、ばいきんまんのことが大好きな

おくらちゃんというキャラクターが大活躍しますよ!!!

公演は8/3(水)11:30~と15:30~の2回です。

よろしければ、ぜひお越しください!!!

私も午後の回には会場に行く予定です。


なお、

会場は汐博2011屋外ステージ(B2階ゼロスタ広場)です。

詳しくはこちらをどうぞ。
http://www.anpanman-terrace.jp/

<会場アクセス>日テレタワーB2階ゼロスタ広場

http://www.ntv.co.jp/shiodome/area/

○ゆりかもめ「新橋駅」からデッキ経由徒歩1分
○都営大江戸線「汐留駅」から地下歩道経由徒歩1分
○ 都営浅草線「新橋駅」から地下歩道経由2分
○JR新橋駅から徒歩3分

汐博2011のHPはこちらです。
http://www.ntv.co.jp/shiodome/event/2011shiohaku/info/index.html


それでは、お楽しみ下さい!!!

Hi3d05620002_2

Hi3d0532_5

Securedownload

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »