« 7月7日七夕の再会 | トップページ | 7月10日暑い日は……。 »

7月9日一日中子どものお芝居

今、座・高円寺で上演している

『「あしたの劇場」世界をみよう!』から

『ピン・ポン』(座・高円寺プロデュース/日本)と

『みにくいあひるのこ』(シアター・リフレクション/デンマーク)

を観た。

『ピン・ポン』は午後三時から、

『みにくいあひるのこ』は午後七時からなので

ほぼ一日観劇ということになる。

http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=456

どちらもセリフはなく、

ことばのわからない子どもから、

ことばにがんじがらめになっている大人まで

楽しめるというもの。

魅せるパフォーマンスというのは

なかなか難しいけれど

子どもに向けた小さなお芝居の

実験的な試みは勉強になった。

なんといっても

『ピン・ポン』の竹屋啓子さんのダンスが素晴らしかった!

あの、見事なターン!

休憩時間に、いずみんと人形劇の話をしていたら

宮澤乃里子さんがお電話を下さった。

宮澤さんは、NHKで人形劇の名作を

多数手がけてこられた方で、

『できるかな』等、みんなに愛され続ける

児童番組も世に送り出されている。

現在、相模女子大の教授をされている宮澤さんは

いつも明るい声でフランクに、

そして直球で話して下さるので、

お話するたびに元気を頂いている!

駆け引きが苦手な私にゃ

ホントに有り難いお方なんです。

もう、めっちゃ感謝しています……!

« 7月7日七夕の再会 | トップページ | 7月10日暑い日は……。 »

よしだあつこ」カテゴリの記事