2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

6月27日汐留@アンパンマンショップ

夜。

20時に汐留のアンパンマンショップへ。

改装工事中の現場に立ち会っている

ムービックプロモートサービスの野村恵さんと落ち合う。

先日アンパンマンショーのアフレコがあり、

音を入れ編集したけれど、

あと3分ほど切らなければならないので、

脚本の直しをするのだ。

汐留のアンパンマンショップは

今度、子どもが遊べる場所ができるらしく、

現場の人が一生懸命作業をしておられた。

かわいらしいグッズやおもちゃで溢れた店内は

カラフルでなんだか楽しい!

どーも、昔からこういうのに目がなく、

顔がゆるんでしまう……。

圧倒的にかわいいものに弱い私……。

21時前になり、まだ食事をしていない野村さんと

新橋の“オヤジビル”へ。

やっぱ新橋といえば、ここでしょう!

野村さんは、今夜、午前3時まで

工事の立ち合いをするというので

「だったらスタミナつけなきゃ!」

と、かの池波正太郎先生も愛した

超有名店ビーフン東に走るが、

私たちが走って行くと

ちょうど閉店するところ。

「もうダメ?」

と訊くと「また今度来て」と言われガックリ……。

うわー。どーしょ~。

立ち呑み屋でゴハンというワケにもいかないし……。

「うーん、スタミナ系じゃないなあ~」

と断念。

オヤジビルを出て、新橋西口商店街へ入り、

前から気になっていた蘭苑飯店へ。

結果!

やっぱここで正解!

餃子はがっつりにんにくが入っているし、

食べ応えも充分!(うっまーーーい!)

スタミナガーリックチャーハン、

シェフのオススメの茄子のから揚げ(黒コショウが効いていて美味!)

ゴーヤと卵の炒め物を食べた後、

デザートに杏仁豆腐を頼んだ。

私も今日は忙しくて、これが最初のごはんだったが、

二人で食べるとおいしかった~!

ちなみにお店はココ↓

http://www.hotpepper.jp/strJ000788734/

野村さんとも久しぶりだったので、

いっぱい話してしまった。

一年前に出会った時は

お互いキンチョーして

ロクシタンの洒落たレストランで、

クロックムッシューとハーブティーを前に

洒落た会話でぎこちなかった我々も、

今じゃ、「お洒落なんざ、二の次よ!」と

すきっ腹を満たしてくれる店を

エサを求めるハイエナのように探し歩き、

新橋オヤジビルから、

西口商店街をウロウロして

中華料理屋で、周りのおじさん顔負けなくらい

ガッツリ食べる仲に!

時には気まずくぶつかり合っても、

仕事に真剣勝負で取り組む人は

私にはとっても大事な人。

野村さんはまだ若いのに、

仕事師のスピリットを持つ女のサムライだ!

でもね、こんなにキュートな人なんです……。

Hi3d0696

その後、やっとお腹がいっぱいになったので

ipodに落とした音を二人で聞きつつ、(イヤホンを分けてね)

脚本の直し作業を進める。

レジ前の狭いテーブルに脚本を拡げ、

ガンガン意見を飛ばし合う我々を

そっと見守って下さった蘭苑飯店の店員さん、

ありがとうございました!

作業が終わったのは23時。

女の子一人、残して行くのは気が引けて、

「3時まで付き合いましょうか?」と言う私を制して、

野村さんは、工事中のアンパンマンショップへ戻って行った。

私におみやげのカレーパンマンのパンを残して。。。

なんという気配り! もう、感激です。

Hi3d0505 Hi3d0508

そして、なななんと

蘭苑飯店は

『Gメン’75』にも出てきたことが判明。

(うちにはDVDが揃っています)

なんか、十重二十重にハッピーな気分になった~!

どうか

みんなに楽しんでもらえる

アンパンマンショーになりますように……!

6月26日『がんばろう!コスキン・エン・ハポン』

『がんばろう!コスキン・エン・ハポン』
福島・川俣を応援するフォルクローレの
支援チャリティコンサートへ行く。
会場は市ヶ谷・東京家政学院大学大江スミ記念ローズホール。
(6/25付けの朝日新聞に掲載されていたので、
チェックされた人もいらっしゃるかと思います)
川俣町は、日本のフォルクローレの聖地。
しかし町の一部が、原発事故で
「計画的避難区域」に指定されている
川俣町山木屋地区は、
約1250人が避難対象になり、
不自由な生活を強いられているのだ。
今回は、36年間も続いているこの祭典を
絶やしてはならないと、
足がかりとしてのチャリティ・コンサートだそう。
このところフォルクローレにはまっているけど、
リズムを取るのがこんなにも楽しい音楽って……!!!
いやあ、逆にこちらが元気をたくさんもらいました!
詳細はこちらです。
チラシはこちら。

6月25日うがちゃん

NHKの『デザインあ』などのコマ撮りをやっている

ネオテックの宇賀神さん(うがちゃん)、

なんとなんと全日本合気道演武会に出たとか!

いや、まだ始めたばかりなので……と

かなり謙遜した内容のメールが来たけれど、

大海をゆく船のように朗々と生きているうがちゃん、

どんだけドジふんでも

きっと清々しい佇まいだったことでしょう!

応援してるよ!!!

『デザインあ』は好きでよく見ている。

子どもの頃から、あんな風にセンスよく

ものの成り立ちを学べるなんて

いいなあ~!

6月25日追悼

ピーター・フォークが亡くなった。

数年前からアルツハイマーが進み、

自分がコロンボだったこともわからなくっていたとは……。

私がピーター・フォークの出演作で

初めにドキドキしたのは

1979年公開の『あきれたあきれた大作戦』。

なんてセクシーな人なんだろうと思った。

けしてハンサムではないけれど、

あの独特のやぶにらみに思春期の私は

めっちゃシビレてしまったのだ~!

後に、彼の右眼が義眼であることを知った。

努力の人だったんだとわかり、

余計に愛おしさが増した。

ジョン・カサヴェテスとの仕事は

確執もあったようだけど、

ピーター・フォークが胸の底に持つ

硬質な精神性が際立つ佳作ばかり。

きっと波長が合うからこそ、

互いに求め合い過ぎるんだろうな……。

ちょっとした違いに過敏になってしまったり。。。

しかし、そんな関係こそ本物。

相手に執着し、

さらなる関係性の進化を期待しているってことだから。

そういう人と出会わなければ、

不幸な人生だとも言える。

私はカサヴェテス信奉者だから

余計にそんな風に思うのかもしれないけど、

カサヴェテスとは本当にいい仕事を残していると思う。

『オープニングナイト』、『こわれゆく女』

『ハズバンズ』。

人生の旅が一筋縄ではいないことを

これらの映画からずいぶん学んだ。

これからも後世に残る映画になるだろう。

他にも『ベルリン天使の詩』(ヴィム・ベンダース)や、

ピーター・フォーク入魂の一作、

『ブリンクス』があるけれど

私はやっぱり、カサヴェテス作品!

追悼で観るのは『こわれゆく女』にしようかな。

ジーナ・ローランズになって

夫のニックを演じたピーター・フォークと

思い切り愛憎をぶつけ合う快感に

浸りながら……。

そして男女間のカタルシスは、

本気と本気の感情をぶつけ合った後にしか

訪れないことも、

映画で知ったのだから。

(これじゃカサヴェテスの追悼みたいかな?)

あああ、また愛すべき人物が亡くなっていく……。

刑事コロンボはもちろん好きだけど、

もっと詳しい人がいるだろうから

ここに書く必要はない。

もちろん、中学生ん時から

トリックを覚えてしまうくらいに観たけどね!

老いたピーター・フォークの

脳裏に残っていた自分の残像は

カサヴェテス作品だったんじゃないかな……?

なんてコトを想像するというのは

私もピーター・フォークに執着しているということか。

愛していたのかも……。

こんなにしつこく思うというのは

まぎれもなく「愛」。

『こわれゆく女』でニックが見せる男気が、

いつの間にか私の中で愛の基準になっている。

それに気づいた。

ピーター・フォークは

大勢の人にきっといろんな気づきを

与えたことだろう。

6月25日おかえりやす!

開文社出版の方が、ジョイス・キャロル・オーツの

『作家の信念』を送って下さった。

一生大事にしたい本です。

ご丁寧にありがとうございました。

NHKの奈良局にいらした武中千里さんが

東京に戻ってこられるとか!

やったー!!!うっほほーい。

また東京がアツくなるぜ~!

武中さんとは、デジタルハイビジョンの開始イベントで

どーもくんの親子向けのショーを担当して以来、

アニメ『ななみちゃん』などでもお世話になり、

もう十年余り仲良くさせて頂いている。

まだアニソンがそんなにブームじゃなかった頃から

渋谷のカラオケ屋で

喉から血が出るくらいアニソンを歌った!

いや、ほんっとに血が出たことだってある。

心を無にして歌うから!

年末にドワーフさんの試写会でご一緒して以来だから

約半年ぶりかな?

このあいだ京都へ行った時は、ニアミスで会えなかったし……。

奈良へ行く行くと言ってて、行けなくてスイマセンでした。

今度は広報局部長さんだとか。

さあて、歓迎会がわりにモノポリー大会をしなくちゃ~!

どうも、ボードゲーム好きな人が周りにいなくて

なかなか対戦相手がいなくて困っておったのです~!

Monopoly

6月24日ソルハ

昨夜早く寝たので早起きして、帚木蓬生さんの『ソルハ』を読んだ。

本作は、アフガニスタンを舞台に描かれる五歳の少女の成長物語。
戦争とはなにかということについても言及している。

少年少女向けに書かれたものだけど、大人が読んでも充分読み応えがある。
いや、むしろ、大人こそ読むべきか?
混迷した日本に住んでいる我々はなおさら……。

タリバンやイスラム教については、日頃の報道でなんとなくわかっている気になっていた。

みんながそれぞれの立場から【平和】を求めて戦争をするというのは、あまりにも愚かで哀しすぎる。

自国のことだけを考える時代は終わった。
誰もが豊かな気持ちで生を全うできるようにするには、どうしたらいいんだろう?

力のないちっぽけな私にできることはなんなのか?

提言と人間愛に満ちた物語を得て、朝からいろいろ考えた。

6月23日いい一日

朝10時から昼食をはさんで渋谷で打ち合わせ。
濃密な時間!
パラついていた雨も上がり、晴れやかな気分。

徹夜で別の仕事のサンプルストーリーを書いて、そのまま来た。朝方にも関わらず、ストーリーの原稿を入稿したら、すかさず返事を下さるプロデューサーには大感謝!

打ち合わせは、やや睡眠不足気味だったが、なんのその!

真面目にこつこつやる仕事は好きだ。

東急本店のジュンク堂で本を見た後、家に戻ったら、さすがにバタンQ!

しかし、気持ちいい一日。


暑いが、がんばろう!

6月22日連弾♪

朝まで仕事をしていたら、

四時半くらいに

作曲家の方が、ピアノ連弾の音源を

メールで送って下さった。

できたてのほやほやだとか。。。

うーん、癒される……。

そしてこのやりとりのスピード感!

「スピード」「変化」「自由」

このどれもが欠けないように

モチベーションを高めたい。

前回のブログのタイトルが「弾」なので、

余計に嬉しい♪

ありがとうございま~す!!

さあてと、今年後半、

フルスロットルでいこ~っ!

6月21日弾!

夕方。

お誘いを受けて、

荻窪のアールコリンへ。

green flowersの『そう、みじかよ』の公演を観た。

さりげない静かな芝居。

自然な感情をそのままに描いているのが

興味深かった……!

その後、『ヴィレッジ・ヴァンガードダイナー荻窪店』へ。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13079576/

アボカドレイバーガー、コブサラダ、ナチョス等々、

がっつり食べて、がっつり話す。

ファィブベリーズソーダがうまいっ!

その後、教会通りのBAR『SWITCH』へ。

仕事場をこの近くに持っていたので

何万回もこの前を通っているが、

入ったのは初めて。

う~ん、素敵な空間。

天井が高くて、いい感じ。。。

今日はカウンターだったが、

二階のロフト席が気になる……。

今度はあそこに座りたいな。。。

左足をケガしていたこともあり、

数日間外へ出ていなかったせいもあって

ムシャクシャしていたが、

今日は気分もスッキリ晴れた。

やっぱ、外はいいなあ。

ちなみに左足のケガというのは、

ちょっと気取って、オシャレなサンダルを履いたら

ガクッと転んでしまってケガしたのだ。

やっぱ、コンフォート系にしないといかんかな?

(ますます女らしさが遠のいてしまう……!)

タイニイアリスでやっている『ドラマツルギ×2011』

に行きたいのだが、なかなか時間が取れなくて……!

注目しているのは、tamago PRiNの

『さいあい~シェイクスピア・レシピ~』(作・演出・振付鈴木拓朗さん)。

観に行った人(演劇関係者)の話だと

野菜版シェイクスピアの話で

かなり面白いのだとか。

よもやま話は、心の栄養。

いい店だと話も弾む!

家に戻ってイエーツの『鷹の井戸』を読む。

能舞台にヒントを得た作品。

愛の中に憎しみを交えるかどうか、

まあ、今日もそんな話になったのだけど……。

客観的視点からの議論というのがちょっと哀しいかな?

6月20日早朝元気ハツラツ~!

最近、美貌のXさんと朝四時くらいから七時くらいまでの早朝長電話でとことん節で語り合っている。

「あんたは国際電話で実家に電話してる外人か!」
と言われそうだが、頭の回転が速くて叙情的な彼女と話していると時間も空間もぶっとんでしまう。

この年になって、答えが出るまでとことん節で話せる相手がいるのは有り難い~!

もちろん早起きしているワケではない。
生まれながらの夜型人間の私ゆえ、夜通し起きて……の早朝電話。

お酒を飲まない私は、意義有る会話が最高の美酒。

濁りのない会話をする相手がいても、男性の場合は恋してしまうか、大喧嘩になってしまうので、なかなか長続きしないのが難点。
ケンアクになってしまった人でも、しゃべりたい人いるんですけどね~。
そうです、アナタ。これを読んでるアナタのことですよ!

女性は謙遜や、一般論に広げることで逃げる人が多いけど、Xさんは逃げないから大好き!

言葉の酩酊状態。気持ちいいなあ~。

生きててよかった。早寝早起きもいいけど、たまにゃあ、こんな日も!


6月19日4649~!

先週飛ばしすぎてぐったり……。
音楽を聴いてリラックスしようと思い、YOU TUBEでR.E.Mを聴いているうちに、朱里エイコになり、ジンギスカンからピンクレディーへ。

この流れ、なんでやねん!って感じだが、このあいだ朝イチで、小学校時代の唯一の友(とはいえ別の学区の人なんだが)・まいちゃんから「ピンクレディーのコンサートよかったで~!」と電話があったこともあり、がっつりピンクレディーを観て、ようやくぐぐぐぐぐっと上がってきたので、「晩ご飯にすんべ!」と命がけで冷麺を作り、なにげなくテレビを点けたら、EXILEとピンクレディが歌いまくっていた~!

さすがにもういいかな……って感じになったが、ピンクレディのお二人のキレのあるダンスはさすが!
最近、半ば自虐ギャグ的に、「もうおばはんでっさかい」「いやいやも~おばさんなんで」
というフレーズを多用していたが、まだまだがんばらなきゃ~という気にもなった~!

EXILEは、まだそんなに売れていなかった頃、ご招待して頂いて横浜アリーナで観たが、洋楽&アニソン&懐メロのあたくしは、まったく楽曲を知らないので、みんながノリノリの中、呆然と立ち尽くすしかなかったが、人気が衰えないのは凄い。今、何人になったのかな?

ピンクレディは国際フォーラムで追加公演が決定したとか。

どうしようかなあ~。ムズムズするなあ……。
私はミーちゃんパートなら少し踊れるので、ケイちゃんパート踊れる人がいれば、一緒に行くんだけど……!

というワケで、なんだか疲れてお休みした土日でしたが、歌と踊りでチャージしましたので、今週も4649!

来月。阿佐ヶ谷ラピュタで川島雄三監督の『貸し間あり』をやるのを発見!
これはぜーったい、観に行きます!

Elephant 

6月18日告知

私の友人のアマチュア落語家『沖市』さんの落語の会が浅草であります。

以下はオッキーが送ってきたメールのコピペです。

ご都合のつく方は、浅草公会堂までぜひ足を運んでみてくださいね!

………………

告知をさせて下さい。

わたくしが通っております
『キャナリー落語教室』
半年に一度の定例会(発表会)でございます。

↓↓↓

第94回『キャナリー落語会』

6月26日(日)
開場12:45
開演13:00

会場:浅草公会堂・5階洋間
出演:三遊亭歌奴、他
入場料:500円

出演するアマチュア生徒さんは総勢12名(!)老若男女、みなさん個性派揃いで、演目の種類も豊富。魅せどころも様々で楽んで頂けると思います。

わたくしの出番は会も真ん中辺り7人目、14:20~頃になりそうです。演目は『野ざらし』というお噺。弾けますよ!(笑)

もちろん、トリの歌奴師匠の『本物の味』にもご注目。(16:30~頃)

浅草寺参りに仲見世観光がてらに宝塚記念の馬券のついでに(笑)、ちょいとお足をお運びいただければ幸いです。
よろしくお願いいたしますm(__)

………………

オッキーは、みんなで飲むときなどに落語を聞かせてくれますが、どんどん話芸に磨きがかかっていくので、凄い!

がんばれ、オッキー、いや沖市!

P1110006

(写真はずーーっと前にアキバでやったいずみんプロデュースの会の時のものです)

6月17日頭の整理にゃ……。

ジョイス・キャロル・オーツの『かれら(上)』を読んだ流れで『作家の信念』を図書館で借りて読む。

頭が急に整理された感じがするのは、ジョイス・キャロル・オーツの持つ言葉の【呪術的治癒力】かも。
目で追うだけで、自動的に自分の内面に影響が出る本……というと、言い過ぎかもしれないが、魂がもたついている人にゃあオススメの本!

『かれら(下)』も時間を見つけて読もう!


少し気分を変えて、先日購入した、伊沢由美子さんの『走り抜けて、風』を読んだ。

なんといっても、オンボロビルの屋上のシーンが上手い!!

山中恒さんの『くたばれかあちゃん!』が大好きなので、こういう話はぐいぐい引き込まれる……。

6月16日がんばってまーす!

雨ですが、がんばってまーす。

イメージフォーラムでやっている

ヘルツォーク傑作選に行きたいのだが、

なかなか行けなくて……!

見たい順番に言うと

『フィッツカラルド』

『アギーレ/神の怒り』(タイム誌が選ぶ歴代映画100選の1本に選出!)

『カスパー・ハウザーの謎』

『神に選ばれし無敵の男』

『キンスキー、我が最愛の敵』

といったところ。

6月14日またまた~?!

昨夜、ゲキテイを歌った時に痛めた足をひきずりながら

六本木を歩いていたら、

「よしださん!」

と声がした!

振り返ると、このあいだ中野坂上で一緒になった

あのアニメ制作会社の方が……!!!

WOW! またもやこんな偶然が~?!

というワケで、またまた嬉しいことが起こりました。

そのまま、ご一緒して打ち合わせへ。

今日は前回の続きの打ち合わせで~す。

プロデューサーや代理店の方が次々と発言され、

もっちろん、私も「楽しいなあ~♪」と心から思える

いい空気が漂う打ち合わせでした~!

自分が楽しいと思っていないと

やっぱ人の心は動かない!

まあ、こんなコト、

このブロク゛を読んでいる人には、

ちゃーんとわかっていると思いますが。

打ち合わせから打ち合わせへ移動の途中、

マンガ家の荒川弘さんの『百姓貴族』(新書館)を読んだ。

マンガ家になる前は、北海道で7年間、

農業に従事していた荒川さんが描いた

知られざる農家の実態は、

物心ついた頃には

もう鎌を手に稲刈りをしていた私には

リアリティがあっておもしろい!

なんかね

そんな自分にとってリアルと思えるものが

ホントなんだろうなあ……。

6月14日勘

今一緒に仕事をしている作曲家の方から

とてもかわいらしい曲が送られてきた。

心がゆったりする……。

なんだろう、この、優しい気持ち。

音楽と対話している感じ……。

自然なのがいいな。

まだ若い人なのだが、

きっと長く愛される音楽を作っていく人に

なっていくんだろうなあ……。

最初に会った時から、なぜかご縁を感じるので、

きっと末長く一緒にお仕事できると信じている。

この勘は当たるといいな!

前回のブログに書いた小笠原さんの奥様が、

ムジカ音楽・教育・文化研究所にいらっしゃるとか!

私はまだ行ったことはないけれど、

素敵な試みをしているという話を

前に教育機関に居る友人から聞いたことがあるので、

ぜひ行ってみたいなあ~と思っている。

2011年9年11日(日)には、

ムジカ音楽・教育・文化研究所主催で

9.11&3.11特別企画として

詩人のアーサー・ビナード氏と

経済学者の金子勝氏の対談があるとか。

金子勝さんのツイートは、

震災以来ほぼ毎日チェックしているので

興味津々。

アーサー・ビナードさんの発言もぜひ生で聞いてみたい。

午後二時開演で、

会場はハイライフプラザ板橋2Fホール。

(JR埼京線「板橋」徒歩1分 都営三田線「新板橋」徒歩2分)

会費は2000円。

申込みは

ムジカ音楽・教育・文化研究所まで。(月~土AM10~PM6)

〒151-0051

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-1-3-201

TEL03-335-5713 FAX03-3354-0751

E-mail  musica@ny.airnet.ne.jp

6月11日震災から三ヶ月

今日で東日本大震災発生から三ヶ月。

死者1万5413人、行方不明者8069人、

なんと2万3000人もの人が被害に遭っている。

報道はされていなくても

二次災害、三次災害を含めると

被害は相当なものだ……。

私にできることは、

本当にわずかな義援金と

祈りを捧げ

がむしゃらに書き続けることだけだが、

子どもでも大人でもいいから

誰かの心を一瞬でも明るくできればいいな……。

地道にがんばっていこう!

6月10日佳き仕事とは。。。

NHKのたくさんの名作ドラマを作ってこられた

菅野高至さんがご丁寧な連絡を下さった。

五月末でNHKエンタープライズを退職されたとのこと。

本当におつかれさまでした!

菅野さん、温かく見守って頂きましてありがとうございました。

お葉書に「ブログ見たら哲学してるんですね」と書いてありましたが、

とんでもないですよ。

哲学なんて、これっぽっちもわかりません。

でも、ホントの自分が吐いたホントの言葉が

一番だなあということに確信を持てるようになりました。

佳き仕事を重ねていけるよう、さらに精進致します!!!

6月8日仕掛け花火

面白い仕事の発注の仕方をする方がいらして、

イタズラ心&茶目っ気たっぷりなので、

楽しくて仕方がない!

「仕掛け花火」的なことをやる人って

やっぱりなんか持ってるなあ……。

「創作欲」に火をつける火薬かな?

突然走り出したくなる衝動に駆られるのは

そういう人と出会った時だ。

今の仕事を愛しているし、

これからもずっと

エモーショナルな生き物でいたい。

Katatsumuri 

6月6日ぼちぼちやらせてもろてます。

Wi-Fiを導入してから、家を離れても

仕事ができるようになった!

もっとも、皆さん、とっくに

外でバリバリ仕事しておられると思うけど、

インドア派の私にゃ

画期的なこと!

(インドア続きだと、こういう感じ↓)

Gmen6hi3d0766

五感を大丈夫にするなら

やっぱり、外へ出て

美しい風景を観たり、

そこにしかないものに触れないと

脳ミソがカチンコチンになってしまう……!

そんな危機感から

「ワイファイ……ってなんやねん?」

から始まって、

「さっぱりわからんけど、ま、とにかく入ってみよ!」

とプロバイダーに申し込んで、

なんとなく買った工人社の

やたら使いにくいノートPCに繋いで

あっちへこっちへ移動しながら

ぼちぼちやらせてもろてます……!

(外へ出て、アルパカとも気軽に交流?!)

Hi3d0788

6月5日やっと包みをほどいて

Hi3d03910003 Hi3d03700002 Hi3d03960002 Hi3d03860003

京都の上賀茂神社の近くにある

太田神社のかきつばたの写真、

いまさらって感じですが、

みなさんからのリクエストがとっても多いので

UPします。

雨の日にケータイで撮影しておりますので、

とっても画像が悪いのですが、

現地は厳かな気分になれる場所ですよ!

私が最も愛する場所でもあります。

雨の日……っていうのが

いいんですよね~!

曇り空に花弁が映えて……!

やっと京都のアステルテ書房で購入した本の包みを

開封することができた。

なんてまあ、遅いこと!

澁澤龍彦氏の誕生日に

偶然、アスタルテ書房に行った……と

記憶しているが、

ということは、5月8日?!

帰ってから、ドタバタしていて

余裕がなかったんだなあ……。

しかし京都の空気、恐るべし!

自然とこういう本を買いたくなるのだ……。

Hi3d04710003

右から

草野心平の世界(大滝清雄・宝文館)、

バビロンの流れのほとりにて(森有正・筑摩書房)

現代詩の流域(壺井繁治・筑摩書房)、

ブルースをワイルドに上(エリカ・ジョング・文春文庫)、

あなたに似た人(ロアルド・ダール(ハヤカワミステリ文庫)

6月3日がんばります!

朝。
もう十年以上仲良くしている俳優さんに連絡。
乃木坂の桃井章さんのお店がまだ広尾にあった頃、紹介して頂いてから早や十年……。
仮面ライダーの話に花を咲かせたが、未だにその話題ばかり。変わらないなあ~。しかし励まし合う仲間というのは有り難い!
「お互い身体を大事にしてがんばろうね!」と声を掛け合った。


吉祥寺で制作会社の方数名と11時過ぎから早めのランチ(ブランチ?)ミーティング。

朝食を食べていなかったので、たくさん食べたら、「食欲旺盛ですね~」と言われ、あらら……ヤバいかなあと冷や冷や。

しかし、最近風邪をひかなくなった。
近所のスーパーがなくなったので、生協の宅配に変えたら、バラエティに富んだ食材が手に入るようになったからかも!


その後、猛ダッシュで六本木に走り、オフィス・ヘンミへ。
代理店の方々、アニメ制作会社の方々、監督さんと濃密な打ち合わせ。

皆さんから次々に意見が飛び交い、なんだか面白いことになりそう!

アニメ制作会社の方と名刺交換をしたら、うちのすぐ近くだと判明。
また、他の方からも『荻窪ルミネ』の上にあるイタリアンのお店の話が出たので、地元話でワイワイと……。

みなさん、とても初めてお会いしたとは思えない~!

帰りにアニメ制作会社の方から、アニメのオープニング楽曲集DVDを二本も頂いた!

やった~!
うっほっほ~い!

と、帰り道に中野坂上のエスカレーターで跳ねていたら、背後から「よしださん!」という声が!

振り返ると、さきほど別れたばかりのアニメ制作会社の方がいらした。

恥ずかしいような、嬉しいような……!
いや、やっぱり嬉しいかな?!こういう偶然は……。

荻窪までの間だが、丸の内線の電車の中で、お話ができて、ほっこりなごんだ。

短い時間でも、心と心で対話できるんだなあ……と実感。

わずか10分強の間に川島雄三とベルイマンが好きなんですよ……なんて話まで。。。

佳き出会いに感謝してま~す!


6月2日心をビンにとじこめて

『心をビンにとじこめて』(作・オリヴァー・ジェファーズ/

訳三辺律子/あすなろ書房)を読む。

なんにも感じないようにすると

たいていのことは通り過ぎるけど、

大事なことまで感じなくなってしまう。

それだけは避けたいな……!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »