« 3月14日情報を明らかに | トップページ | 3月18日明るい声が! »

3月17日手を取り合って

地震発生後から、いろんな人と連絡を取り合い、

お互いの安否を確認しているが、

こんな中でも被災地の人のことを思い、

自分よりも苦しんでいる人のことを思う仲間が

周りにいてくれてよかった。

仕事相手の方達も、頻繁に連絡を下さり

「こんな時こそ、一緒に力を合わせよう」

という話もできて、うるっとなった。

ご自分が断水や停電で苦しんでいらっしゃるのに

そんなことは一言もおっしゃらずに

前に前に進もうということで話をして下さった。

そう、できることはやっていかなきゃ!

がんばるのみ!

そして

「艱難に遭うて初めて真友を知る」

というキケロの言葉がこんなにも

身にしみたことはない。

心からの気持ちをメールで送ってくれた

友人に感謝!!!

まだ連絡を取れていない人もいるけれど、

どうか無事でいてほしい。

このブログを読んで

もし元気なら連絡を下さい。

そして今も苦しんでいる被災地の方達のためには

とにかくできる限りのことをするつもり。

今度の地震では大勢の方が亡くなり、

今も行方不明の方が大勢いらっしゃる。

家族を失った方々は

そのショックだけでも相当大きいのに

被災地で水も食料も暖房もなく

放射能汚染の恐怖に苦しんでおられるなんて

同じ人間として見過ごすわけにはいかない。

繰り返すけれど、同じ人間なのだから。

それから、しつこいようだけど

情報が錯綜していて、

民間レベルに正確な情報が伝わっていないと思う。

あるいは、正確な情報であっても

刻一刻と変化している状況に対し

すべてが後手後手に回っているのか?

放射能の除洗の方法については、

やっとテレビ等でレクチャーが始まったけれど

原発は依然として危険な状況から脱してない……。

本当に不安は募るばかりですが

こんな時こそ気持ちを明るく持って

お互い励まし合って、連絡を取り合い

なんとか乗り切っていきましょう!

« 3月14日情報を明らかに | トップページ | 3月18日明るい声が! »

よしだあつこ」カテゴリの記事