2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

« 3月11日地震! | トップページ | 3月17日手を取り合って »

3月14日情報を明らかに

3月11日午後2時46分に発生した

東北地方太平洋沖地震の

被害状況が次々と報道されている。

ずっとテレビでチェックをしているけれど、

原発の話になると、なぜか曖昧な表現が多い。

はっきり報道してほしいし、

放射能の除染方法も

きちんとレクチャーしてくれればいいのにと思う。

被曝しても問題のないレベルなのか、

そうでないのか。

本当のところをちゃんと教えてほしい。

情報が明らかになっていないから、

妙な風評が流布してしまうのだ。

不安な気持ちでいると、

生きていく気力も湧いてこない。

災害に遭っている人のために

物資や医療の援助はもちろんだけど、

「正確な情報」を知らせることも

同じくらい大事なことだ。

パニックを考慮に入れた措置かもしれないが、

情報操作は極力しないでほしいと願っている。

交通機関がマヒしているので

移動はもっぱら原付。

しかし、今日都内(荻窪~武蔵野市~下北沢~阿佐ヶ谷)を

走ったけれど、スーパーやコンビニに食料は乏しく、

オオゼキでは野菜は取り合いになっていて

おじいさんがキャベツを二つ買ったのをめざとく見つけて、

おばさんが店員に「ずるいわ!」と

ギャーギャー文句を言っていた。

なんという浅ましさ。

たかだか150円~200円のキャベツに……。

これが現実?!

店内が節電モードで暗いので

余計にいやーな気持ちになってくる。

でも、感傷に浸っている余裕はなく、

少しでも日持ちのしそうなものを

カゴに入れないと、

あっという間に何も買えなくなってしまう。

子どもの頃、オイルショックの時に

トイレットペーパーや石鹸の奪い合いをしている人を

みかけたことがあるけど、

平成になってまでこんなことになるとは……。

とはいえ、

食べるものがなくては飢え死にするので、

買い出しのため、何軒か廻ってみたが

とくにパン、米、麺類がどの店にもなく

食パンはまったくない!!!

さらに、環八沿いのさびれた米屋では

100mくらいの行列ができていた。

見たこともない風景……。

スーパーや小売店では

どの店でも、やたらとわかめをドバーッと

表に出していた。

ヨウ素は放射能の体外排出にいいとされているからか。

世界では、日本の原発が問題視されていて

米空母ロナルド・レーガンも被曝を懸念して

いったん北上しているというのに

相変わらず、あいまいに情報を流し、

放射能の除染の仕方も伝えず

ただ「スーパーでわかめを大量に売っている」

というこの間抜けさ加減は

どうにかならないのかなあ……?

しかし私たちはまだいい方で、

地震の被害を受けて

避難所で不安を抱えて過ごしている人や

被災地で死に物狂いで家族を捜している人にとっては

正確な情報がきちんと伝えられることが

どれだけ大切か。

私の周りにもまだ家族と連絡が取れていない人がいるけれど

なんとか力になってあげたいと微力ながら

知恵を絞っているところだ。

« 3月11日地震! | トップページ | 3月17日手を取り合って »

よしだあつこ」カテゴリの記事