« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2月26日またまたインドの人と!

昨夜は、野村千尋さんと電話で夜通し話し、めっちゃスッキリした~!
面白い角度から事象を捉える人は、やっぱいいねぇ~。
大笑いするとストレスも発散できるし……。

千尋さんはROBOTのアニメーション監督の野村辰寿さんの奥さんで、御主人さまとは『ななみちゃん』で御一緒させて頂き、大変お世話になったのだが、最近は奥さんにもホントにお世話になっている。

なんてったってステキなんですよ!
井戸端会議や女子特有のおかしな褒め合い、そこにいない人の悪口、人の話の腰を折ってまで自分の自慢……(こーゆーのだいっきらい!なんですよ)とは無縁の会話は楽しくて楽しくて……。
千尋さん、ありがとう!

夕方。
環八沿いにある『クマリ』というインド料理屋さんが気になり、入ってみた!

古い友人(日本人)によく似たインド人のウエイターがいて、びっくり!

向こうもチラチラこちらを見ていたのは、彼のインド人の友人に、私そっくりな人がいるのかな?
(そんなバカな~!)

あるいは、寝起きの私の変な格好が気になったのかも……。

とかなんとか考えながら、頼んだのはえびとココナッツのカレーとほうれんそうとマッシュルームのカレーに、ガーリックナンに、サモサ。

まず、サモサが来たので食べてみたら、少し冷たかったので、友人に瓜二つのウエイターに「ごめん、ちょっと冷たいの」と言ったら、すぐに「オッケー」と対応してくれ、改めて出してくれたが、これがうまいのなんのって!
香辛料が絶妙なのだ。

カレーもレベルが高く、「うまい~!うんめぇ~!」と言いながら食べていたら、なんだか仲良しになり、厨房の中にいる人ともいいフンイキになってしまった~!
やっぱ、インドの人は付き合いやすいなあ~。

食後には、サービスでバナナプディングを出してくれ、帰りにはドリンクサービス券までくれた。

うちから近いから、また行こうっと!

帰りに『象のあし書店』でサトクリフの自伝を立ち読みした。

そして、嬉しいことに日本児童文学者協会から

正式に入会が承認されたお知らせが来た!

2月22日スカッと!

親子読書・地域文庫全国連絡会の小林牧子さんから、

またまたお電話を頂く。

気にして頂いて、とっても嬉しい!!!

そしてけっして堅苦しくないのが、またステキ!

「じめじめ駆け引きする人は、触れ合うだけ損」

というのは、私のけっして揺るがぬ人生の指針だが、

やはり気風の良い人と触れ合うとスカッとする。

「誠」の繋がりこそ、堅固であり、

「嘘」の気持ちのある関係は、互いに疲れるだけだ。

きっと「嘘」に後年蝕まれる。

だって嘘つきのおっさんや、嘘つきのねーちゃんに関わって

ロクなことにならなかったでしょ?

私もロクなことはありませんでした。

人生を無駄食いしないためにも、

できるだけ「本気」と「誠」を軸に生きていたい。

今日は国際子ども図書館の

「大人のための「おはなし会」体験会」

へ行く予定。

どんなおはなしをしてもらえるのか、

ちょっと楽しみ……!!!

で、

行ってきました「おはなし会」。

大人になって、だれかからおはなしを聞かせてもらうのって

なかなかないんですよね……。

心に贈り物をしてもらった気がして

すごく豊かな気持ちになれました!!!

子ども図書館の職員の方、本当にありがとうございました!

じっくり聞いたおはなしは、やっぱり心に残るなあ……。

そして『日本の子どもの文学-国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み』の

展示で、児童文学者・巌谷小波氏が、

音読に似合う文語体で『こがね丸』を書いたことに触れてあり、

閉館ギリギリまで興味深く資料を見た。

『こがね丸』は、犬の仇討の話。

当時、「仇討」というテーマの古臭さ、

アアンド、その他もろもろ批判にさらされたけれど

やっぱり、面白いものは面白い!

言葉はリズミカルに、心が躍るのがいい!

私もどうしても作品化したい犬の話があるのだが……!

http://www.youtube.com/watch?v=e8WmpREqW10&feature=related

ご近所の上野動物園にはこんな看板が!

Hi3d0036

2月21日佳き出会い

昨夜、親子読書・地域文庫全国連絡会の

小林牧子さんがお電話を下さった。

実は、ダウンして寝ていたのだが、

小林さんに励まして頂いたのと、

柳田邦男さんの講演会の情報を

教えて下さったので、元気が湧いてきた。

佳き出会いに感謝!です。

NHKの『サイエンスZERO』のディレクターをされている

大海寛嗣さんから、2011年2月5日OAの

『ヒット連発!! あのボーカルソフトの秘密』の

DVDが早々と送られてきた。

いやあ、面白い!

よーーく聞いてみて下さいな。

切ないメロディラインやポップな曲をとつとつと歌い上げる

ボーカロイドの声を……。

要はハートに届くか、届かないか。

戦慄するか、しないか……

という言い方に替えてもいいかも。。。

この番組は「人間にとって歌とはなにか」を

最新情報とともに探りつつ、

歌だけではなく、

古典芸能の世界でも、文筆の世界でも

研鑽が必要であるという

メッセージが含まれていた。

そして

なにより

オープニングから

私の大好きな『ワールドイズマイン』が流れて

超嬉しかった~!!!

これ、カラオケで歌いたいんだけど、

私の行く先には、なぜかないんだよね~!

大海さんには、こちらからも某ボーカロイドと某ボーカリストの

カップリング曲をお送りしようと思っている!!!

そういえば、お正月に勝川克志さんからご案内頂いた

『まんが落語ものがたり事典』がそろそろ出版される頃のハズ……。

私は勝川さんのなんとも言えないノスタルジー

の世界が大好きなのだが、

勝川さんには折々に励まして頂いたり、

ハードワークで首を痛めた時には、癒しグッズのご紹介まで

して頂いたりもして……。

勝川さんの本を読むと、幼い頃、

学級新聞や壁新聞とかが大好きで、

必死になって記事(ニワトリの名前募集とか先生のあだ名クイズ)を

作った思い出や、

カセットテープに自分で作ったおはなしや、

オルガンの伴奏つきの歌や

こばなし(ぎゃふん!)を吹きこんで

四コマあるいは連続マンガを付けて

みんなに配っていた頃のことを

思い出す……。

今でもこういうことをやるのが

一番幸せを感じる!!!!

このブログのタイトル『無理やりな野犬的日常』も

実は、まだ東京に来たばかりの頃、

出版社の知り合いを巻き込んで

『野犬新聞』というユーモア溢れる新聞を作っていたことに

由来する……。

いい作品は、人の中に眠っているマグマを

再び対流させる力があるなあ!

そんな作品を作っていけるようがんばろう!!!

2月20日新春会の写真UPしました。

遅くなりましたが、このあいだ両国でやった

新春会の写真の一部をUPしました。

(ほんの一部になります)

まずはこちらから。。。

P1030938

「どやっ!」って感じでしょ?

左から、風間そうめんさん、私、つぼちゃん、SONICさん。

P1030940

こちらは、ほのぼのムード。

左からいずみん、私、つぼちゃん、森田さん。

あっという間に大勢の人が集まり、

クリエイテイブな話で盛り上がりました~!!!

みんなでなんかやりたいね。

なんて話もチラホラ。。。

Hi3d0008

映像作家のSONICさんは、イタリアにも進出しています。

タカラトミー 「トイズフィールド」
ストップモーション・アニメ制作等多数活躍です!

Hi3d00220001

Hi3d00270001

オッキーの小噺!うまくなった~!

普段はサラリーマンですが、浅草あたりでも演じているらしいです。

Hi3d0020

座・高円寺いずみんのご挨拶(幹事)

Hi3d00130001

NHKディレクター大海さん(ピント合ってない写真ですいません)

めっちゃ興味深いボーカロイドのお話も!!!

Hi3d0018

ムービックプロモートサービスの森田さん。

アンパンマンにジブリの仕事と大忙しの方!

とっても優しい方です。。。

次回はぜひお花見大会を!

すでにリピート希望がたくさんの方から来ています。

今回参加できなかった人もぜひ!!!

みなさん、おつかれさまでした~!

2月16日早いっ!しかもガッツがスゴイっ~!

昨日の新春会で知り合った

NHKの制作局のディレクターの大海寛嗣さんが、

NHK札幌局にいらした時に制作された作品を送って下さった!

う~ん、

早いっ!

このスピード感!

そして、地響きを立ててうねるパワー!

大海さんのことは、いずみんからずっと前に聞いていたが、

あまりのパワーに驚いた~!

番組では、若い人が脱サラをして札幌市内に

U-STREAMのスタジオを作って、

自分達で作った番組を流す模様が描かれていた。

ついこのあいだ2/11にOAされた『サイエンスZERO』では

ボーカロイドの特集をされたそうで、

そのDVDも送って下さるとか!

やった~! 嬉しいな~!

初音ミク等のボーカロイドを批判する人は多いけど、

実は、『magnet』や『ワールドイズマイン』なんかが

好きで、好きが高じていさじ版でもよく聴く私は、

「ボーカロイドのなにがわるいねん!」派。

だって、魅力あるんだもん!

昨日も、カラオケで探したんだけど、

なかったのがとっても残念だ~!

いずみんとはケンカしながらも、

長く友情が続いているのは

クイックレスポンスと、

細かいところにこだわらないで

ガンガン前に進んでいくからだ。

そういういずみんが

「絶対面白い人ですよ!」と

太鼓判を押しながら紹介してくれた

大海さんは、やっぱりクイック&ガッツの方であった~!!!

新春会やってよかったなあ!

2月15日新春会@両国

「両国八百八町 花の舞国技館前店」にて

いきなり新春会を決行!!!

最初は3人で家飲みのつもりが

あれよあれよという間に人が人を呼び

あっという間に

総勢25人くらいの大きな会になった~!

お店の方が大変気を遣って下さり、

う~ん、いいムード!

演台まで用意して下さっていたのには、涙、涙……!!!

飲み物も食べ物もおいしかった~!

NHKの若きディレクターに作曲家に映像作家、

歌手、ライター、OLさん、

主婦に絵本作家にサラリーマン落語家、

プロデューサーに特殊マンガ家、

学生さんに謎の錬金術師に……ETC.(ここには書ききれない~!)

ほんとにいろんな方面からオモシロイ人が参加して

三時間半くらい、飲んで歌って、ゲームをしてみんなで

のほほんと過ごした。

こういう感じで大勢でまったりするのっていいなあ~。

みんな優しい人ばかりだったのがよかったのかも?

おかげでにぎやかに春を迎えることができそう……。

またやりましょう!

今日は参加できなかった人も、ぜひ次回ご参加を!

そのうち写真UPします。

Yaho

2月13日お手紙

児童文学作家で劇作家のさねとうあきらさんが、『おれはなにわのライオンや』の公演のご案内を下さった。

感激したのは、ご丁寧なお手紙が添えてあったこと。
私が子どもの頃から読んでいた本の作者から手紙が来ただけでも嬉しいのに、書いて下さった内容は、しみじみ心にしみ入るものだった……。

メールもいいけれど、手紙は時間を経て届くから、時の発酵を感じていいなあ……。

昨日歩きすぎて、一日ぐったりしていたが、心は穏やかな一日だった。

2月12日変装?!

今日もかなり外は冷えるので、毛糸の帽子を深めに被って、荻窪から阿佐ヶ谷まで、てくてく歩く。

琉球王朝の本を探すのが目的。

阿佐ヶ谷のとある大きな書店に、知り合いが勤めているのだが、一時間半も居たのにまったくアタシに気がつかない。

くふふふ……!

毛糸の帽子に加えて、最近作ったばかりのメガネをしていたからかも!

これ、いいなあ!
誰だかわかんないっていうのは、楽だ!

夜。
座・高円寺の企画制作をやっている和泉将朗氏(いずみん)から、近々決行する新春会のタイムテーブルが送られてきた!


2月11日わぉ、大雪!

入稿した後、ずーっと本を読んでいたら、うっかり徹夜してしまい、朝、窓を開けたら凄い雪!

何年か前のお正月、両国のシアター×に、浅草を舞台にした芝居を観に行った時もやっぱりこんな雪が降っていて、ほんの数十m先に、何年間も会わなかった人が歩いていたが、なぜか気後れして声を掛けられなかった。

やはり雪のせい、だったかもしれない。

2月10日マリア・シュナイダー

知ってました?

マリア・シュナイダーが死んだなんて。

私、今知りました。

あーーーー。ショック!

58歳なんて早すぎ。

ベルトリッチがコメント出していますね。

「せめて生前に謝罪すべきだった」なんて……。

『ラストタンゴ・イン・パリ』、

ああいう映画を観たから

シナリオライターになろうと思ったのに、

現実は厳しい、というか、

なんというか……!!!

あの映画は

ヴィットリオ・ストラーロのカメラが

電車を放射状に散らすところから

ワクワクしたな……。

マリア・シュナイダーに憧れて

似たような帽子を買ったことを

思い出した。

御冥福をお祈りしながら、

もう一度映画を観ることにしよう……。

http://www.youtube.com/watch?v=zV6Ewy79CL0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=1iwOFoSVfbU&feature=related

2月9日そうか、よく考えたら……!

昨日、なぜかスパイダーマン一色に……なんて

シロートっぽいことを書いてしまったが、

よくよく考えると、『怪獣屋』は

スーツアクターの三宅敏夫さんのお店。

スパイダーマン(東映)は、スーツアクターとしては

【神】的存在の古賀弘文さんの出演作!

うちにあるDVDをチェックしたら、

オープニング映像の第九話から

「スパイダーマンアクション 古賀弘文」

とクレジットされている。

これはスーツアクターとしては、異例中の異例のこと。

くどいようだが、それだけ凄い人だということ!

そう、あの関節をクネクネとした動きは

とても人間ワザとは思えない!

ビルを昇る時も、

命綱が見えない角度から撮影しているとはいえ、

本当に昇っておられるのだ。

しかも、今のように資料が豊富ではなく、

ひたすら、アメコミのスパイダーマンを読んで

研究されたらしい。

そりゃ、原作のスタン・リーも惚れるハズ!

ああ、私としたことが……!

↑のことも、ねこちゃんに言われて気づいた次第。

「円谷プロ」というキーワードに翻弄されて

スーツアクターの人がやっている店ということに

注力を注がなかったのは、そーとーなアホでした~!

ところで、テーマソングの途中、

「チェンジ・レオパルドーーーン!」

と叫ぶところは、フランス人を連れてきて言わせたらしいけれど

一回や二回聞いただけでは、なにを言っているのか

さっぱりわからない。

耳をすましてようやく聞きとれるのが、

「チェンジ・リオピャルドーン~!」って感じ。

フランス人のものすごーーーい巻き舌は、現場の人も

さすがにちょっとキツかったようで

何テイクも録り直したらしいが、

やっぱり、なんのことか聞き取れない……。

謎がある方が、「なんなんだろう?」という気になるから

いいのかな?

昨日は、青柳宇井郎さんもいらしたので、

『正義のシンボルコンドールマン』や、『バトルフィーバーJ』

の話をしたのだが、

私としては、そろそろ『宇宙からのメッセージ』

の話もしたいなあと内心思っていたけれど、

初対面ということもあり、「やっぱなれなれしすぎるかな?」と

遠慮していたら、

なんと

なんと、

コンドールマンも、バトルフィーバーも、宇宙からのメッセージも

古賀弘文さんがスーツアクターで参加されているでは

ないですか?!(BY ウィキペディア)

そうか、

やっぱりな……。

納得しましたよ、アタクシは。。。

数ある特撮作品の中で、

しかも、特撮のことならドンと来い!のお方(青柳さん)を相手に

それらが話題となるということは、

やはり、モニターに映し出されていた

スパイダーマンの引力によるものなのか……?!

♪イエイエイエ~ワオ!

(渡辺宙明さんの楽曲は、たいていこういうのが入りますね)

三宅さんが作って下さったにくにく塩ラーメンと

梅味の肉団子は、サイコーにおいしかった~!!

ごちそうさまでした!

また行きたいなあ~!!!

Hi3d1098 Hi3d1097 Hi3d1099

ところで

青柳さんは、ハンナ・バーベラに会ったことがあるとか!

きゃ~うらやましい~!

劣等感のカタマリゆえ、

何を聞いても、どんな功績を目の当たりにしても

人をうらやむことは封印してきた私だが

これはもう手放しでうらやましい~!

私は『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』が大好きだ~!

もち『ドボチョン一家』もね!

2月8日特撮BAR怪獣屋へ

TVKの生放送で毎日映画コンクールの授賞式を観た。

ヤン・イクチェン監督の『息もできない』が

外国作品賞を獲り、監督の弾けるようなコメントが

あんまりにも、自然でユニークだったのが

さすがだなあ~と思いつつ、映画の中で何度も連呼していた

「シバラマ!」を思い出していたら

もう出掛ける時間に……!

大慌てで用意をして

夕方から渋谷の特撮BAR怪獣屋へ。

一応、仕事の打ち合わせで……!

ここの店主は円谷プロでスーツアクターをされていた

三宅敏夫さん。

店内には、出演された台本や、DVDの他に

写真、そして円谷プロのスタッフジャージ等が

展示されている。

円谷プロが上海へ進出するという時に

企画会議に出して頂いていたこともあり、

久々にウルトラ一色の世界に浸れるのかな?

と思いきや、今日は店内のモニターに

東映の『スパイダーマン』(DVD)がかかっており、

なぜか『スパイダーマン』一色に……!

Hi3d1096

2月7日わたしを離さないで

カズオ・イシグロ原作の『わたしを離さないで』の映画が

近々公開される。

原作を読んだその時、あの本の設定から

一番共感してもらえそうな人に

メールで「もう読みました?」と送ったけど、

なーーんにも返事がなかったのが、今もちょっと哀しい。

なんにも言わなくても伝わっているような気がしていたけど

そんなのは幻想だったのか、

次に会った時、感想を言うつもりだったのかもしれないし。。。

実は、つまらない意地を張ったために

次に会うことはできなかったので

まだ真偽のほどはわからないけれど、

映画の公開を機に思い出してもらえるかな?

2月6日ちょっと休憩

今日は一日爆睡してしまった。

日々、要領が悪いだけかも?

なんて反省しきり。

ここ二年ばかり、簡単な読書ノートをつけているが

ストレスが溜まった時ほど読書量が増えている。

今、スウェーデンの児童文学作家

ペーテル・ポールの『ヤンネ、ぼくのともだち』を

読んで、ようやくほっとしたところ。

そうだよなあ、人をカタにはめようとする人を

人生からどんどん排除していかないと

しんどくなるばかりだよなあ……と思ったりもして。。。

昨日は、MPSの森田さんと絵本作家の雨宮尚子さんと三人で

西国分寺の図書館で行われた

長谷川知子さんの講演会へ。

原画を改めて拝見して、

線の力強さと、何層にも塗られた色の微妙なコントラストに

圧倒された。

最後に「ウソは描かない」とおっしゃった長谷川さんの言葉が

印象に残った。

講演の後は、PDFで送ったはずの資料が届いていないと知り、

大慌てで仕事の資料を届ける。(ほっ!)

移動途中の電車の中で、雨宮さんと話した。

雨宮さんは、やなせたかしさんのお弟子さん……と

伺っていて、多少キンチョーしていたが、

とっても気さくな上に

正義感のカタマリのような人。

「男」と「男」の付き合いができそうで嬉しい。

その後、中野で深夜まで打ち合わせ会。

大好きな柿酢ソーダを沢山飲んで、大いに話す。

深夜に家に戻ってきて、また黒酢ジュースを飲み、

そして今日は爆睡。

久々の爆睡ですっきりした~!

酢は、カラダにいいよ!!

昨日は、人文書院時代に

とっても仲良くしていた社長令嬢のいく子さんの

お誕生日だったので、光もの好きな(はずの)いく子さんに

ベルギー製のピアスを送ったら

「光りものは大好き!」というメールが来た。

20代後半、私は結婚していたにも関わらず、

いく子さんとは、ホントによーーーく遊んだ。

一日仕事(編集)で一緒、お昼ごはんも一緒、

そしてまた、家に帰っても一緒に遊び、

休みの日もテニスや旅行に出かけた。

繊細で頭のいい人なのに、ちっとも気取っていない

そんないく子さんが大好きだった。

会社を休むと、うちのドアには

大きな大きないちごのバスケットがかけてあり、

心のこもったカードが添えてあった。

朝、連日家庭がゴタゴタしていて

死にそうになって道を歩いている時も

たいてい後ろから

「おはようごさいまーーーす!」

と声を掛けて下さって元気になった。

思わぬところで、思わぬ人に助けられて

生きてきたなあ……。

私は誰かの役に立てているだろうか?

2月4日立春大吉

NHKの日本賞事務局の古川潤さんから電話を頂いた。

古川さんは、まず私が昨年夏にひどく痛めた胃のことを心配下さった。

古川さんと話していると、心からの言葉が自然と出てくる。
こういう方は本当に貴重だ。

春立つ日にこうして、お互い元気にお話ができたのも嬉しいなあ~!

2月2日アンパンマンミュージカルのゲネへ

午後からアンパンマンミュージカルのゲネへ。
会場は戸田市文化会館。楽屋口に着いて連絡したら、ムービック・プロモートサービスの野村恵さんが迎えに来て下さった。

ゲネが始まる少し前、まだ客入れ前の客席でアンパンマンショーの脚本の直しの打ち合わせをする。

野村さんはいつも細やかなお心遣いを下さり、若いのによくガンバっておられるなあ~と思う。

最近、若くてしっかりした人が仕事先に増えた。
のんびり派の私には嬉しい動向!


夜中12時過ぎ。
人形ストップアニメーションの撮影を終え、NHKから帰るところの宇賀神光佑さんと電話で話す。
ストレートで潔い話っぷりは相変わらずで、爽やかな気分になる。

今度、ウガちゃんが学生時代に作った作品を見せてくれるそうなので、楽しみだ~!


2月1日「思い」が来た!

一ヶ月くらい前から、長谷川知子さんが絵を描かれた

『おれはなにわのライオンや』(作:さねとうあきらさん 文渓堂)

という絵本の持つ

底知れぬ切なさに魅せられて、

長谷川さんに感想をお話ししたり、

これからは児童向けの演劇や朗読劇に注目していきたい

と思っています……なんてメールをしたら

昨日、長谷川さんから、『おれはなにわのライオンや』の

公演の案内が届いた。

長谷川さんは、「『おれはなにわのライオンや』が

タイムリーにあらわれた!」と表現されていたけれど、

まさにそんな感じ!!!

今までにも、こんなことが何回かあったけれと、

今回は特に強烈な感じがした。

ネタバレになるので、あまり内容には触れませんが、

戦争に突入せんとする動物園で、

お国のために「きばりまっせ!」と

何も知らずに心意気を見せたライオンの明るさが、

さらに悲壮感を増幅させているし、

あのはかない終わり方は、衝撃的。

さねとうさんの作品は、『おこんじょうるり』など

好きな作品も多いので、

私は、ぜひ公演を拝見しようと思っている。

詳細は以下のとおり。

東京芸術座アトリエ公演

『おれはなにわのライオンやー動物園がからっぽになった日-』

3月18日(金)から21日(月・祝)まで、東京芸術座アトリエ。

4月5日(火)~6日(水)まで野方区民ホール(のがたWIZ地下2階)

http://www.tokyogeijutsuza.co.jp/

先日、

中央区の図書館司書をされているKさんと

渋谷のル・シネマで上映中の『愛する人』を観た。

複雑に入り組んだ家族の姿を辛口に描いているが、

妥協しないところにリアリティがあるなあと感じた。

「母性は神話にすぎない」という意見もしかり、

「母性が世界を作っている」という意見もしかり、

されとて、みんな母から生まれてくるんだよ……。

そんなことをじんわり感じた。

この映画は、また観たいと思う。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »