2月10日小石川後楽園へ〜テイラー・スウィフト

Img_5146

小石川後楽園に梅を見に行きました。

ほのかに梅の香が漂う園内を歩いていると、お隣の東京ドームのアナウンスがなんとなく聞こえてきて……^_^

この日は、テイラー・スウィフト公演の最終日🎵長時間に渡るステージをこなすモチベーションはもちろん、体力と声帯が素晴らしい✨テイラーは、トレッドミル(ランニングマシン)で走りながら、自曲を歌ってコンサートに備えたそうですね。

うちにも、コロナ禍に入ってすぐ買ったトレッドミルがありますが、当たり前のように洗濯物置き場と化してます……😅

🏃‍♀️🎤❣️トレッドミルで歌いながら走ってみようかな?体力に自信がないけど😅💦


2月9日「出久根育展 チェコからの風 静寂のあと、光のあさ」へ。

Img_5070

武蔵野市立吉祥寺美術館で開催中の「出久根育展 チェコからの風 静寂のあと、光のあさ」に行ってきました。

時代の枠や国の枠を超えた良質な作品ばかりで、激動期を何度も経験する中で、深く深く掘り下げられてきたチェコの豊かな文化を感じました。


出久根育さんの原画には人の心を捉えてしまう魅力がありますね! 

うちに戻って、出久根さんの絵がある絵本や児童書を読み直しました。

トルンカやポヤルのアニメもまた見直そうかな?

『でこぼこホットケーキ』(絵・川副真佑実さん 世界文化社)Kindle版、新年〜絵本カテゴリーでベストセラー1位に!

Img_5047

 

今日は節分!ですね(^^)/

このところ寒暖差がありますが、お変わりありませんか?

おかげさまで今年に入っても、1月からしばらく、『でこぼこホットケーキ』

(絵・川副真佑実さん 世界文化社)Kindle版が好調で、絵本カテゴリーで

ベストセラー1位になっています。

大勢のみなさんが読んで下さり、とても嬉しいです。

そして、『でこぼこホットケーキ』に関連して、

お世話になったすべての方々の温かいお力添えに、

心からお礼申し上げますm(_ _)m

 

この絵本を読むときは、

歌のところはププとポポになりきって歌いながら♪🎼🎷🎺🎻🥁

おともだちや、おうちの方と読み合いっこしたりもして🦔🥞🦔

みんなで『でこぼこホットケーキ』を楽しんで下さいね📖

 

今後ともよろしくお願いいたします☺️💞

 

🌟でこぼこホットケーキのうた♫

https://mywonder.jp/info/18285

よかったら、歌ってみて下さい🤲

 

みなさんに沢山の福が訪れますように❣️

1月31日「神沢利子さんおめでとう100歳展 北と星といのちと~同じうたをうたい続けて~」へ

Img_5024


三鷹市芸術文化センターで開催中の「神沢利子さんおめでとう100歳展 北と星といのちと~同じうたをうたい続けて~」へ行ってきました。


神沢利子先生は、2024年1月29日で100歳を迎えられました。

子どもの頃から夢中になって読ませて頂いた作品は、思い入れのある作品ばかり!

本展は300冊を超える作品を生み出してこられた神沢利子先生の軌跡をつぶさに辿り、作品の中に溶け込みながら、大人も子どもも楽しめる充実した展示です。


会場には書斎が再現されていて、貴重な直筆原稿や、アイデアメモ、スケッチ、書簡などもあり、「あの数々の名作が、どんな風に生まれてきたのかなあ〜」と改めて思いを馳せてみたりも……!


会場には『ちびっこカムのぼうけん』の人形展示や、『くまの子ウーフ』とツーショットできる場所もあり、会場の方が何枚も写真を撮って下さいました。

なお、神沢利子先生は、2023年には初めての句集『冬銀河』を刊行されたそうです。素晴らしいご活躍ですね!

会場には、神沢利子先生が自作を読んでおられる映像と音声が流れていたので、しばらく椅子に座って拝聴致しました。

すると、心にかけがえのないプレゼントをもらったような気持ちになり、やっぱり行ってよかったなあと心から思いましたよ。豊かな気持ちになると言いますか。。。


もうずっと前になりますが、『おばあさんになるなんて』と『同じうたをうたい続けて』を読んだ時には、強い信念を貫いておられるお姿に衝撃を受けました。

『冬の銀河』には闘病の日々のことも詠んでおられます。

貴重な展覧会です!ぜひ!(2/4まで)

Img_5025




1月17日阪神淡路大震災から29年

阪神淡路大震災から29年。

地震の後、京都から神戸に入って目の当たりにした被災地は凄惨な状況で、

日常が一瞬で崩れ落ちる天災の恐ろしさが胸に刻まれました。

声を掛け合う人のありがた味が、芯から身に染みるようになったのもこの頃からです。

東日本大震災の時もそうでしたが、地震はいつどこで起きるか本当に予想できません。

加えて、寒い時期の被災は、身体にも心にも堪えます。

能登半島地震の被災者の皆さんが悲しみのあまり、

お身体を損なってしまわないようお祈り致します。

 

1月15日COEX〜永豊文庫、ピョルマダン図書館

Img_4424


COEX は江南の三成駅と奉恩寺駅直結の複合施設。

国際会議場、展示場、アジア最大級のコンベンションセンター機能を持ち、ホテル、ショッピングモール、シネコン、水族館もあります。

Img_4460


モール内には、大型書店の永豊文庫の支店もあり、棚の充実度はもちろんのこと、ウェブトゥーン人気の凄さを体感。韓国ならではの可愛い雑貨もずらり!✨✨✨✨✨


広大な館内の至る所に、スタートアップの支援やアーティストの支援、子ども達に向けた教育系イベント等々があり、グローバル市場に向けた発信力に勢いを感じました‼️



Img_4507Img_4827


COEX内にある、蔵書約5万冊を擁するピョルマダン図書館も素晴らしいところです!


Img_4823Img_4824 

Img_4822

知の探究と憩い、そして開かれた文化交流の場ですね。歴史あるものと新しいものが行き交うこの環境、羨ましい限り!

ずっと居たくなりました……🌟😊❣️📖




Img_4441Img_4494


粉雪が舞い、外歩きは寒いのでcoexモール内のカリファルニアピザキッチンでランチ。

にんにくと唐辛子がガッツリ効いたアーリオ・オーリオパスタ、ロンネフェルトティーハウスでアーユルヴェーダのお茶とキャロットケーキをいただきました。

794年に建造されたという、歴史ある奉恩寺に行けなかったのが悔やまれます。。。


今回は、ホントに旅慣れない夫婦のドタバタ旅行で、笑っちゃうことばかり^_^


お土産もなんにも買えませんでした。

(みんな、ごめんなさい🙏)


まあ、それでも、ミュージカルを2つも観ることができて、よかった、よかった。

また行く機会があるといいな!

次の韓国旅行までに、いろいろ調べてみよう!



Img_4580

1月15日大学路(テハンノ)へ

6983f8bba6de49e8ade48145bbcdbf58

8d74341407e349559d432f23fc05f3139388933b1e1b4fbdac5ac7ce39b28513Img_4878Ef3fc657bb2349c183261462b27695c4


地下鉄恵化(へファ)駅で下車し、大学路(テハンノ)へ。

ここは一番歩きたかった場所。

大小100以上の劇場がある芸術と演劇の街。

東大門近辺に宿を取ったのも、実はここに来るためでした。

初めて来たのに、どことなく懐かしい……。

味のある喫茶店にもポスターがベタベタと。。。

(京都の左京区に長く暮らしたので、演劇や各種パフォーマンスのチラシが飛び交っていた西部講堂あたりを思い出しました)



23372b335c294fd28ebe7ab51ab55d86

寒風をものともせず、マロニエ公園周辺には、元気な若者が集まっていました。

なにか企画中なのかな? 

ワイワイ盛り上がってて、いいね〜!


Img_4763


Img_4905



Img_4901

1月14月韓国ミュージカル『REBECCA』LGアートセンターで観劇!

Img_4845_20240128041601

Img_4268Img_4242


大人気ミュージカル『REBECCA』を韓国のLGアートセンターで観劇。『REBECCA』は脚本・作詞、ミヒャエル・クンツェ、作曲はシルヴェスター・リーヴァイ、演出家はロバート・ヨハンソン。ヨハンソンは韓国の『エリザベート』『ファントム』『モンテクリスト』『マリー・アントワネット』も演出していて、次々と大ヒットミュージカルを連発。もちろん、クンツェ&リーヴァイのタッグも大人気!『REBECCA』の原作はダフネ・デュ・モーリアの傑作サスペンス。ヒッチコック監督の映画でみなさん、同作品の内容はよーくご存じかと。。。(ちなみに同原作者の『鳥』もヒッチコックにより、映画化されていますね!)


今回は、ラッキーなことに、オ・マンソクさんがマキシム、オク・ジュヒョンさんがダンヴァース夫人のプラチナチケットを入手できました! 


大大大……ファンのオ・マンソクさんの美声を生で聴けるなんて、こんな嬉しいことはありません。

YOU TUBEも、2013年の『REBECCA』ライブレコーディング3枚組(キャストごとに1枚)のOSTも相当聴き込んでいたのですが、やっぱり生は最高!

オ・マンソクさんが歌い上げる 「Kein Lächeln war je so kalt(刃のようなその微笑)」は、紳士的だったマキシムなのに、真相が明らかになるにつれ、感情が乱高下し、どんどんセンシティブになっていくのが、ビンビン伝わってきて胸が痛くなるほど! 

さすがの名演、歌うたびにわーっと拍手喝采、会場が熱く沸いていました~。


本公演は、上演予定の『ベルサイユのばら』が急遽延期になり、突然決まった公演でオ・マンソクさんは、マキシム役が9年ぶりということですが、OSTよりも、歌声にさらに艶がかかっていて最高~!!(12月末まで、別公演『あの日々』をやっていたのにも関わらずですよ!←これも観たかったのです~!)


最後はオールスタンディング。カーテンコールもサービス満載!

誰もが耳に残って離れないオク・ジュヒョンさんのドスの効いた「♪レベーーーッカ~」はもちろん、オ・マンソクさんの自信満々ロングトーン(途中、観客にいかに長く声を張れるか、腕時計を観客に誇示してみたり、靴紐を直してみせたり)もとってもお茶目でした🎵


韓国のミュージカルは、出演者のみなさんの歌が驚くほどうまいけれど、個人的にはベアトリス(マキシムの姉)役のイ・ウニュルさんの歌が印象的でした。やはり、こういうのは現場に行ってみないとわかりませんね。


初めての韓国ミュージカル鑑賞ですが、最適な音響環境で演出できるように作られたLGアートセンターで、極上の音響を味わうことができて大満足です。


プロジェクションマッピングを多用した舞台装置は、繊細な色の加減まで美しく展開され、なかなか幻想的で、海のシーンなどもリアリティを感じました。


お客さんの層は日本と違って若い人が多く、進んで写真を撮って下さる方もいて、ポージングもご提案頂いたりも! 

ああっ、もう、書き尽くせません……が、ハングルもほとんど読めないのに、もうどうやって席を確保できたのか覚えてないくらい。昔、どうしても観たい芝居を必死になってチケット入手した技(?!)がまだ残っていたのでしょうか? 

生の舞台、やはり貴重です!!


パンフ、楽譜、スクリプトブック、もちろん購入!余韻を楽しんでいます。

Img_4333

1月14日韓国最大級の書店、教保文庫光化門店 へ。

Img_4935

韓国最大級の書店、教保文庫光化門店 へ行ってきました。地下一階の広大な店舗には、さまざまなジャンルの本が並び、その膨大な冊数たるや!

店内の雰囲気も良く、読書を楽しむ時間を大事にしている人には、すごく居心地のいい空間です。

そして、コンシェルジュさんにGoogle翻訳アプリで質問したりも。(最近、便利になりましたよね〜)


印象的だったのは、子どもが父親に「アッパー、アッパー、この本、買って〜」と甘えていたこと✨

私も好きだなあと思った絵本を、数冊買って帰りましたよ♪ 

書店内では、韓国の近現代の作家の絵の展覧会も開催されていて(2/28迄)、ゆっくり楽しめました。


Img_4818

1月14日雨の世宗大路

Img_4073

Img_4079

雨の世宗大路。光化門広場周辺を📸

忠武公李舜臣将軍象から、遠くに見えるのは世宗大王像。特徴的な建築様式の高宗即位40年称慶記念碑も撮影。

沿道には文化・行政施設がたくさん並んでいます。

光化門王の道も100年ぶりに復元されたとか。

1日2回ある守門将交代儀式、光化門把守儀式を見るようアドバイスを受けましたが、時間の関係で景福宮には行けませんでした。また次回の旅の楽しみに🙋‍♀️



«1月13日韓国ミュージカル『ドラキュラ』(シャルロッテシアター)シン・ソンロクさんに会いました!

無料ブログはココログ